最新のバッチシステムによって食品安全をアップグレード

最新のバッチシステムによって食品安全をアップグレード

毎年、約4800万人のアメリカ人が汚染された食品が原因で発病しています。食品のリスクの問題に対処するため、米国食品安全強化法(FSMA)などの世界的な食品飲料規制が食品媒介疾患の危険事象に対する新たな予防策を講じています。

よって、食品製造業者は、製品リコールや汚染につながる問題を前もって特定し、解決する必要があります。

したがって、多様な消費者の要求と競合の存在によって、食品飲料製造メーカの生産プロセスおよびサプライチェーンが複雑化した現在、さまざまな課題に直面しながら、特に食品安全に集中した責任ある生産工程を構築する方法はあるのでしょうか?

食品安全プログラム

すべてを1つのソリューションで解決することはできませんが、情報処理可能な技術およびオートメーションを含む企業レベルのアプローチによって、製造メーカはあらゆる工程で食品安全性を高めながら、生産性を高めることが可能です。以下に、それに関連した主要な5つのステップを示します。

  1. コネクトテッドエンタープライズの構築: 運用技術(OT)と情報技術(IT)システムを単独の一元化されたネットワークアーキテクチャに集約するためのコネクテッドエンタープライズへの移行によって、製造メーカは 安全および品質関連プロセスの可視性を向上することができ、企業全体で情報の閲覧および情報共有が容易になります。
  2. セキュアネットワーク: ネットワークのセキュリティは食品の安全性や品質に直接的な影響を与えます。「隠ぺいによるセキュリティ」はもはや意味をなしません。内部および外部のセキュリティ脅威に対応するために、多層防御(DiD)セキュリティアプローチなどの必要な対策を講じ、それが製造工程の自然な延長として機能する必要があります。
  3. リスクベースの予防的制御プログラムの実施: 速度が遅く、時代遅れの情報収集メソッドを置き換え、また、適切なテクノロジを使って製造工程のより深い洞察を得ることで、製造メーカは製造方法をより深く理解し、食品安全プログラムへのより予防的なアプローチを適用できます。それ以外にも、予防的なアプローチによって、規制への適合が容易になります。例えば、HAACP (ハサップ)プランのクリティカルな制御ポイントをリアルタイムでモニタした場合、データのトレンディングおよび統計的プロセスのコントロールは、先見的な対策の一部となります。是正措置ログを使用し、管理と検証を記録して、活用する取得した情報を活用してFSMAなどの規制の高速レスポンス要件を満たします。
  4. 製品トレーサビリティの実施: 世界的にトレーサビリティ要件が厳格化されているため、サプライチェーンのトラック&トレースシステムを実施すれば、製造メーカは新たな規制に適合すると同時に、製品を偽造や流用から守ることができます。また、より効率的な製品リコールやお客様をターゲットとしたマーケティングプログラムも可能になります。
  5. 運用効率の改善: 食品安全プログラムの実施は規格への準拠のみならず、製品の品質、資産活用、収益、エネルギー使用量の改善にもつながります。過酷な生産目標を達成するために資産活用を改善する最新のテクノロジを活用し、製造メーカは、高度な製品品質を維持しつつ機器の交換をサポートすることが可能になります。

以下がそのようなテクノロジの一例です。

製造インテリジェンス

製造インテリジェンスツールは測定アプリケーション、およびデータ量が豊富なダッシュボードによって総合設備効率の改善を支援するとともに、原材料やプロセスが変化してもより安定したバッチ実行を可能にします。

FactoryTalk® VantagePoint®およびHistorianを使用して、生産情報を収集、保管、累計、相関させ、オペレーションに示し、よって分散をより容易に特定しリアルタイムで修正できるため、クリティカルな制御ポイントのパフォーマンスの可視性を得ることができます。

そして、安全とセキュリティは常に最重要事項であるため、FactoryTalkセキュリティを使って、機械と重要な設定を保護でき、さらに、オペレータの不正な操作が原因の損失を削減するために、特定の機能をスーパーバイザがオーバーライドできる必要があります。

拡張性に富んだ最新のバッチソリューション

拡張性に富んだ最新のバッチソリューション、最適化された設備と材料利用を必要とするプロセスのポテンシャルを最大限に引き出します。

今日では、食品飲料製造メーカは、その設備をいつ、どのように最適に使用できるかの意志決定をインテリジェントに下すことができる最新のバッチシステムを必要としています。

例えば、原材料が必要な場合、先入れ先出し(FIFO)、プロセス特性に基づくか、または単に現場の都合で優先順位付けすることで、供給容器を選択できるシステムがあれば、作業が大幅に容易になります。

装置の要件をより詳細に理解することで、最新のシステムは動的表現を活用してバッチ管理システムにインテリジェンスを加えることができます。

適切なレシピのための最先端のバッチソフトウェア

それぞれの食品製造メーカは多様なバッチプロセスのニーズを有し、それぞれのニーズは柔軟で信頼性の高い手法を必要とします。

生産安全および運用上のセキュリティを確認し、維持することが必須であるため、ロックウェル・オートメーションは最近、バッチアプリケーションへの最新のアプローチを採用した新バージョンのFactoryTalk Batchソフトウェアをリリースしました。

これは、モビリティが装備されたことによって、改善され信頼性の高いユーザエクスペリエンスを提供しながら、バッチシステムのレスポンス、拡張性および生産性をさらに改善し自動化できるオールラウンドなソリューションです。

FactoryTalk Batch v13にはSequenceManager™ソリューションが統合されたため、バッチシーケンスはコントローラまたはサーバレベルで行なわれるようになりました。

これにより、機械メーカは完全なテスト済みのスキッドを開発し納入できるため、エンドユーザはバッチプロセスに最小限の妥当性確認と立上げの労力で統合できます。

さらに、小規模のコントローラベースのバッチシステムを使用している製造メーカが、より大規模のサーバベースのシステムに拡張したいと希望した場合、この最新バージョンを使えば、必要な変更を最小限に抑えることができます。

アップグレードされた統合システムは、クリティカルな制御ポイントをモニタし、効率と製品の品質を向上するために、それぞれの生産領域を掘り下げる能力で工場全体の洞察を提供します。

プラント要員に自分が担当する生産工程に対するより優れた洞察を提供し、新たなFSMA要件への準拠をサポートすることで、このシステムは食品飲料製造メーカの廃棄処分の削減をサポートし、厳格化するFSMA要件への準拠を容易にしました。

FactoryTalk Batch v13には、モビリティのためのFactoryTalk Batch Viewとの統合が含まれます。これにより、あらゆるモバイルデバイス(iPhoneおよびAndroidの両方)でFactoryTalk Batchソフトウェアにアクセスできます。

HMIエクスペリエンスはアップグレードされ、既存のFactoryTalk Batchワークステーションで活用でき、直感的なワークフローの作成、手順のステップの削減、および共同作業の増加をサポートします。

これで、作業者が固定されたステーションに束縛されることはなくなりました。そのかわり、認証を受けた上で、彼らはプラントのあらゆる場所からリアルタイム情報にアクセスし、プロセスとやりとりし、承認を確保することができます。

さらに、強化された管理ツールとして、FactoryTalk Batch v13は、データの整合性を安全に保護しながら、データを連続的な改善分析で利用できるようにします。この結果、これを規制および品質管理報告に活用できます。

バッチプロセスの管制塔

予測可能なバッチ処理機能を搭載したプロセス・オートメーション・システムは、プロセスの変動を低減するとともに、製品品質の安定化を実現します。

市場の変化する需要のため、ロックウェル・オートメーションは、当社のPlantPAx®プロセス・オートメーション・システム向けに、拡張性に富んだバッチおよびシーケンス管理ソリューションであるPlantPAx Logix BatchおよびSequenceManagerを提供します。

これは、アプリケーションサーバおよびソフトウェアから独立した柔軟なコントローラベースのバッチおよびシーケンスソリューションを提供し、システムインテグレータとプロセス機器メーカのエンジニアリング時間を大幅に削減し、エンドユーザには鍵となるコントローラベースのバッチ管理能力を提供します。

レシピ構成および整理をシンプルかつセキュアなものにするレシピ構築のための標準ユーザインターフェイスを使って、食品製造メーカは、より詳細な情報が必要な場合、またはサマリコントロールを既存のプロセス制御グラフィックに組み込む場合に詳細なビューを活用できます。

規格への準拠を強化するための可視性の向上

製造実行システム(MES)のアプリケーションパッケージが、食品飲料製造メーカの紙ベースのシステムから、組織全体でデータの収集、累積および送信を簡単に行なえる統合オートメーションインフラへの移行をサポートすることを考慮すると、食品製造メーカは最新のソリューションを活用して、品質、安全、コンプライアンスおよび市場到達速度を改善すべき時期に来ています。

コネクテッドエンタープライズの必須コンポーネントのひとつであるCPGSuite®ソリューションは、ライブラリベースのコンテンツと組み合わせて、従業員が短期間でかつ簡単に操作に慣れ、価値の実現を最適化できる個人化したソリューションをカスタムメイドすることができます。

CPGSuiteを使用することで、世界中のお客様が、ブランドリスクが軽減されただけでなく、生産コストが約18%削減され、初回通過品質が12%改善したと評価しています。

最高のツール、安全な食品、よりスマートなマニュファクチャリング

製品の安全を維持し、バッチ生産性を向上させるためには、食品飲料製造メーカには、パフォーマンスを強化し、競争力を維持し、事業を推進するための実行可能なソリューションが必要です。

最新の包括的アプローチを採用することで、お客様および規制機関の厳しい目を満足させながら、製品の安全および品質を確認し、食品飲料の規制への準拠を緩和し、ブランド品質を維持することができます。

今こそ、生産工程のあらゆる面で、人々、プロセスおよび設備が生産パフォーマンスと安全を十分にサポートしているか再検討するべきです。

適切な、目に見えない効率と脅威に対する投資が姿を現わします。適切で高度な技術は、より少ない資源でより多くを達成し、事業を推進し、需要を満たす上で役立ちます。

Automation Today

Automation Today Asia Pacificは、ロックウェル・オートメーションが発行する季刊誌で、最新の産業オートメーションと情報技術の動向、ケーススタディとアプリケーション記事、新製品と機能の情報をお届けします。