醸造所の統合と標準化のための単一プラットフォーム

醸造所全体の標準化

単一システムによる醸造ソリューションが世界的な醸造所のビールの品質の均一性の確立をサポート

昨年、中国は米国の倍以上の量のビールを消費し、世界最大のビール市場となりました。この事実は、ビール業界をリードする企業のグローバル戦略にとって重要です。この企業は、世界で販売されているビールの3分の1を醸造しています。

市場での存在感を拡大するため、同社は中国に3軒の醸造所を新たに建設し、厳しい味質管理を維持するように努めました。

同社は、「あらゆる醸造所のあらゆるボトルのビールの味の均一性」を保証するため、単純で、一貫したオペレーションおよびメンテナンスが可能で、あらゆる機器とプロセスのあらゆるステップを精密かつシステマチックに制御するための成熟し、信頼性の高い多機能オートメーションプラットフォームを求めていました。それには標準化のサポートが必須の要因でした。

さらに、拡大する市場の需要に対応するために生産量を増加する上で、新設の醸造所は、同社の世界各地にある他の醸造所が生産するビールの味と品質と同じであることが必要でした。

これには、5年以上の安定した拡張性を備え、10~20年間、最先端であり続けた各種技術を統合するアプリケーションシステムが必要でした。

自動化された醸造ソフトウェアとソリューションは、機器やプロセスの管理に費やす時間を短縮するように設計されており、ビール醸造そのものに専念できるようになります。

醸造所全体の標準化

複数のシステムを比較した結果、同社は中国の3軒の新たな醸造所の基本制御システムとして、ロックウェル・オートメーションのPlantPAx®分散制御システム(DCS)をベースとした醸造ソリューションを選定しました。

それぞれの醸造所のコントローラレイヤには、アナログ、デジタル入力、ポンプおよびバルブ出力、およびループ制御を含むPlantPAxアドオンインターフェイス(AOI)ライブラリがインストールされました。また、コンピュータレイヤにはPlantPAxパネルライブラリも使用し、動的なディスプレイ、警告、イベントおよびトレンド管理のために標準化されたインターフェイスを実現しました。

ロジックおよびグラフィックオブジェクトの標準化された表示により、オペレータが受取る情報と操作の一貫性が実現し、トレーニングも簡単になります。これにより、機器の操作と従業員の規格化をサポートします。

PlantPAxの上位と下位デバイスを標準化する能力に加えて、ロックウェル・オートメーションのエンジニアリングチームによる標準化された実装も、同社の厳格な要件を満たしました。

PlantPAxのヒストリアンはデータ分析とストレージの単一のプラットフォームを提供し、SQLサーバをSCADAソフトウェアパッケージに統合し、単一のデータソースとして利用できるようにしました。

さらに、機器レベルの標準化された統合ソリューションは、異なる統合方式をベースにしてバスおよびスター型を含むさまざまなネットワークトポロジを提供します。このソリューションではStratix 8000™スイッチを情報および制御ネットワークのバックボーンとして、Stratix 6000シリーズStratix 2000シリーズスイッチを機器および生産ラインに使用しています。

成功を称える

1年間の建設期間を経て新たな醸造所の1軒が稼働しました。オープンなネットワークを使い、PlantPAxシステムは幅広いオートメーション技術との高レベルの互換性を提供しています。

EtherNet/IP™ネットワーク技術を活用することで、制御レイヤのネットワークは強力な拡張性を提供しI/Oの共有が可能となったため、構成が非常に便利になりました。優れた拡張性を誇るPlantPAxシステムは、将来の能力拡張の要件を余裕をもって満たしています。

レシピ管理機能と記録追跡機能によって、プロセス管理がさらに最適化され、モジュール化された機能拡張によってスペア部品とトレーニングの設計が簡易化され、効率向上と一貫した高品質に大きく貢献しながら、醸造所のメンテナンスおよび運用コストが削減されました。

ロックウェル・オートメーションの醸造ソリューションを使って、同社は、仕込み、糖化から発酵までの全醸造工程をわずか6時間24分で終えるという新記録を樹立しました。これは、以前の記録をほぼ1時間短縮するものです。

3軒の醸造所の効率に優れたオペレーションは、同社が中国の東部および南西部、さらにはミャンマーなどの国々に進出するための道筋を付けるとともに、同社の中国におけるマーケットシェアを大幅に拡大しました。

Automation Today

Automation Today Asia Pacificは、ロックウェル・オートメーションが発行する季刊誌で、最新の産業オートメーションと情報技術の動向、ケーススタディとアプリケーション記事、新製品と機能の情報をお届けします。