乳製品企業は適切なソリューションを使用して大きく改善

乳製品企業は適切なソリューションを使用して大きく改善

乳製品製造メーカ3社が継続的最適化と改善の可能性を拓くことに成功

乳製品業界では生産は動的で、農産品主導です。大きな需要に対応するため、企業はどの新たなスキルが必要であるかに加え、どのようなプロセスと技術を使用するかについて思考方法を変革する必要があります。

課題と機会は企業の数と同じだけあり、しかも異なります。ある企業はプロセスのボトルネックを発見しそれをマシン制御の強化で解決します。他の企業では、メンテナンスの予測とダウンタイムの低減が最大のメリットになります。

可能性は無限ですが、すべては基本的なステップから始める必要があります。つまり、コネクトテッドエンタープライズの構築です。

コネクテッドエンタープライズで実現する高度なソリューションとスマートマシンによって、製造メーカは機器の接続性を獲得し、オペレーションの洞察を得ることができるようなり、その結果として、リアルタイム制御のオートメーションが可能となります。

運用の改善

ミルク・スペシャリティーズ・グローバル社は、大きな需要に対応するための助けを必要としていました。そのため、同社は生産プロセスの改善を推進するため、製造インテリジェンスに投資し、リアルタイム分析を可能とし、運用についての洞察を得られるようにしました。

同社は米国の3つの主要生乳施設すべてに、ロックウェル・オートメーションのFactoryTalk® VantagePoint®エンタープライズ製造インテリジェンス(EMI)ソフトウェアを導入しました。オペレーション内で、EMIソフトウェアはリアルタイムプロセス、事業およびラボデータを収集し、相関させ、表示します。

これにより一貫した一連の事実を生成する「記録システム」が確立し、これに基づいて意思決定を下すことができます。これは、同社が増大する市場需要に対応し続けるのに欠くことのできない運用の変更と投資の理由となりました。

前向きな変革の結果、システムはスループット7%増という大幅な生産量増加を実現しました。

その他、製造インテリジェンスシステムの新たな分析結果も、水の使用量の管理にも役立ちました。必要な削減量を達成するため、作業員は排出流量と使用量の急増の監視、水の使用量の記録、および漏れなどの問題への対応が可能になりました。

継続的な改善

アグロプール社が、カナダのドンミルズの施設が継続してオペレーションを改善するのに必要なシームレスなデータを生成しなくなったことを発見したとき、施設を最新化するためにロックウェル・オートメーションの高度なソリューションを導入しました。

このソリューションには、Allen-Bradley®のControlLogix®コントローラPowerFlex®ドライブPanelView™ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)ハードウェアをセットとして含んでいました。それぞれのHMIは、仮想化サーバでFactoryTalk® View Site Editionソフトウェアの実行に使用し、すべての追加のソフトウェアの標準を確立しました。これにより、大量のデータをすぐに使用できる情報に変換する基盤ができました。

アグロプール社は、オートメーション資産管理とバージョン管理、および文書を最新状態に保つために、FactoryTalk AssetCentreソフトウェアもインストールしました。

さらに、FactoryTalk VantagePoint EMIによって、施設全体の異種システムから、すべてのデータへかつてないレベルでアクセスできるようになりました。これは、このソフトウェアによって、継続的な改善を担当する作業員がプラントフロアで発生していることを把握できたためです。

制御機能と情報の統合ソリューションは、施設運営者がオペレーションについて情報に基づく意思決定を下すために必要なデータを提供します。最新のシステムで、従来手作業で行なっていたデータ収集にかかっていた年間2,500時間を短縮できました。

プロセス改善

ミラカ社がプロセスの最適化に着手することを決定したとき、同社はニュージーランドにある粉ミルク製造工場を最適化するために、ロックウェル・オートメーションとチームを組んでシステムを導入しました。

同社は、工場にPavilion8®モデル予測制御(MPC)ソフトウェアプラットフォームを導入しました。これには情報とプロセスを制御、モニタ、視覚化、統合し、プロセスの改善を特定し、生産を最大化するためのモジュールが含まれています。

さらに、機器の最適化によって、ピーク生産時期に粉ミルク1トン当たり推定1%以上のエネルギー節約を達成しました。

高度な技術の導入と末端でのデータ収集に機器を対応させることにより、企業は自社のスマートマシンの最大限の能力を引き出す方法についての洞察を得ることができ、また、障害が発生する前に予測することができるようになります。

スマートファクトリの最適化済みの接続されたプロセスは、高品質の製品を製造し、俊敏性を改善し、収益を高め、スマートな製造メーカに競争上の優位性を提供します。

Automation Today

Automation Today Asia Pacificは、ロックウェル・オートメーションが発行する季刊誌で、最新の産業オートメーションと情報技術の動向、ケーススタディとアプリケーション記事、新製品と機能の情報をお届けします。