Automation Today 61: ニュース&イベント

ニュース&イベント

ロンザ社が医薬品事業のデジタルトランスフォーメーションのためにロックウェル・オートメーションを選択

ロンザ社はPharmaSuite MESソフトウェアとFactoryTalk InnovationSuiteを併用し、最先端カプセルのペーパーレス化された年中無休24時間体制の生産を促進

ロンザ社は、薬剤カプセルを製造する旧カプスゲル社の9施設にデジタルファクトリを導入する戦略的ビジョン実現のためにロックウェル・オートメーションを選択しました。本社をスイスに置くロンザ社は、1897年に設立され約15,500名の従業員を擁します。同社は、ロックウェル・オートメーションによるPharmaSuite製造実行システム(MES)ソフトウェアを選択し、製造環境のオペレーションをデジタル化しています。特に、このソリューションはオンデマンド生産方式のジャストインタイムの注文ピーク時に障害が発生することを防止するように設計され、稼働効率の新時代をもたらします。

ロックウェル・オートメーションは、ライフサイエンスの世界トップ10社すべてにサービスを提供し、スケーラブルなデジタルトランスフォーメーション、産業用分析ツール、およびIoTソリューションによる完全に自動化された高速製造環境を実現するための専門知識を提供しています。また、この9施設への導入により、世界中の1,500名の従業員に新しい運用テクノロジ集約ツールを提供し、効率および品質レベルを次の段階へと引き上げます。

ロックウェル・オートメーションの企業会計およびソフトウェア担当上級副社長であるジョン・ジェノページは、次のように述べています。「デジタルトランスフォーメーションは、世界中の医薬品会社にかつてないレベルの稼働効率、品質、プロセスオートメーション、および従業員の生産性をもたらします。私たちはロンザ社と連携し、ロックウェル・オートメーションのソフトウェアソリューションの使用を通じて同社が製品やオペレーション、労働力を最大限に発揮できるよう進化を続けることを誇りに思います。」

ロンザ社は、PharmaSuite MESソフトウェアとFactoryTalk InnovationSuiteソフトウェアを併用し、個々のカプセルカートンにいたるまでの製品追跡を改善し、パフォーマンスと生産に関する洞察を得ることができます。SAPとPharmaSuite MESの分離は、ワークフローを強化し必要な情報を収集することにより、グローバル企業の資源計画ERPのシャットダウンまたは必要なメンテナンスの際の中断も防止します。

ロックウェル・オートメーションのソフトウェアソリューションは、デジタル時代に向けて組織が継続的にオペレーションを最適化することに役立ちます。当社は現在、ロンザ社と協力して医薬品製造の最先端で事業を継続するための革新的プログラムの開発を続けています。

Industry 4.0に対するインドの製造メーカの従業員のスキルギャップを埋めることを支援

インドでのTechEd 2019の最終日に、ロックウェル・オートメーションは、Eラーニングやインストラクタ主導による講座、認定プログラム、トレーニングワークステーションの提供によって、インドの製造メーカがIndustry 4.0のスキルギャップを埋めるための支援計画を発表しました。

ロックウェル・オートメーション インドの業務執行取締役であるディリップ・サハニは、TechEdの講演で次のように述べています。「インドの実業界では、生産性を向上させ、品質を改善し、コストを最適化して企業の競争力を維持するために設計されたスマートファクトリの工場現場へのシフトが進行中です。しかしながら、同時に、Industry 4.0テクノロジの操作について、わが国の労働力に存在する大きなスキルギャップも目の当たりにしています。インドのデジタルトランスフォーメーションを促進し、2024年までに5兆ドル経済を達成するという国家的ビジョンを実現するためには、この問題について企業および政府方針レベルの両面から対策を講じる必要があります。」

ロックウェル・オートメーションのTechEdは、製造業分野での主要な技術教育およびユーザカンファレンスとして開催されてきました。啓蒙的な基調講演、専門家主導の技術セッション、対話型ハンズオンラボ、最新の技術およびテクノロジを紹介し、生産データを最適化し、セキュアなネットワークを構築してビジネスを変革するための実演を含む、70以上のセッションが開催される2日間のこのユニークな学習および交流体験には、300名を超える出席者が参加しました。

このイベントは、ロックウェル・オートメーションの企業会計およびソフトウェアセールス担当副社長であるジョー・バルトロメオによる示唆に富む基調講演で開幕しました。この基調講演では、世界規模での競争力を維持するにはスマートマニュファクチャリングおよび生産への投資の重要性が強調されました。ジョー・バルトロメオは、より多くの選択肢を求める消費者市場の増大につれて、製造メーカは変化を続ける要件に対応する新技術の導入が必要であることを説明しました。産業用モノのインターネット(IIoT)は、2025年までに4.6兆ドルの経済効果があると推定されています。これは、分析ツールやモビリティ、アプリプラットフォームおよびクラウドを含む新技術が、プラント情報を企業システムにセキュアに接続することを支援するためです。

「適切な技術およびシステムへの投資に加え、企業は明日の労働力を構築するため今すぐ人に投資する必要があります。Industry 4.0によるコネクテッドエンタープライズを実現するには、熟練した問題解決者、構築者、作成者、革新者のパイプラインを初めに作成する必要があります。この目標を達成するために、ロックウェル・オートメーションはインド国内および地域全域の産業界および教育分野の組織とのパートナシップを継続します」と、ロックウェル・オートメーションのマーケティングディレクタであるジョン・ワッツは述べています。

エンドユーザやシステムインテグレータ、販売代理店、パートナおよび機械メーカを対象にしたTechEd 2019 Indiaは、参加者が業界の専門家から学び、同じ立場の人々がどのように製造や生産現場の課題を解決しているかを聞く機会を提供しました。各セッションでは、産業用データの取得によってスマートマニュファクチャリングを実現するため、データ分析やIT/OTの統合に焦点を当てています。またこのイベントでは、モビリティや仮想化、情報管理、分析、および安全とセキュリティに関する最新の技術革新も出席者に提供されます。

ロックウェル・オートメーションのTechEdは、最新のテクノロジや最先端のソリューションに焦点を当て、生産性の向上、競争力およびサステナビリティを実現するためデジタルトランスフォーメーションを通じてスマートマニュファクチャリングに向けてお客様が改革に着手するお手伝いをします。

ロックウェル・オートメーション 中国とレノボ社が戦略的パートナシップを締結

このパートナシップにより、当社は中国の製造メーカにスマートソリューションの提供が可能に

ロックウェル・オートメーション 中国は、このたび、コネクテッドエンタープライズを実現するための次の節目に到達しました。当社は、レノボ・データ・インテリジェンス・ビジネス・グループとの戦略的パートナシップ契約を締結し、テクノロジ、製品、ビジネスおよびマーケットアクセスなどの分野で連携します。この契約によって、情報技術(IT)と運用技術(OT)を接続する統合デジタルソリューションをユーザに提供することが可能になり、中国の製造業の変革を支援します。

このパートナシップは、コンサルティングサービス内容の提供から製品やソリューションにいたるデジタルソリューションの導入に向けた「ワンストップ」アプローチをとることにより、両社の市場でのギャップを埋めることを可能にします。

レノボ - ロックウェル・オートメーション配送センターの設立

当社は、レノボ社のデジタル事業/デジタル技術コンサルティングサービスと当社の情報技術が実現するオートメーション製品スイート/コネクテッド・エンタープライズ・ソリューションを統合することを計画しています。また、当社は、スマートな水道事業や3C製造業、醸造業のニーズに対応する産業用ソリューションを開発します。

ロックウェル・オートメーションのグレーターチャイナ(大中華圏)地域副社長イーアン・シンは、次のように述べています。「レノボ・データ・インテリジェンス・ビジネス・グループは、中国におけるデータ製品およびインテリジェンスプラットフォームの大手プロバイダであり、自動車や石油化学、金属、エレクトロニクス製造業などの幅広い分野でお客様のクラスタリング効果をもたらしています。レノボ社との提携を通じて、ロックウェル・オートメーションは、最先端の包括的な産業用インテリジェンスソリューションによる中国製造業のデジタルトランスフォーメーションの促進を目指しています。

製造業支援がさらにスマートに

ロックウェル・オートメーションは、企業がデジタル化の実現に向けた課題に容易に対処できるように、レノボ社にFactoryTalk InnovationSuiteやFTPC製造実行システム、統合アーキテクチャシステム、インテリジェントモータ制御プラットフォームなどのOT分野の製品スイートを提供します。

Eラーニングによるスキルのアップグレード

ロックウェル・オートメーションのEラーニングコースは、各自が最もそのトレーニングを必要とする時と場所で自身のペースで自主的にトレーニングコースが受けられる柔軟性と利便性を提供します。このEラーニングは基本的トピックと製品固有のトピックで構成され、世界クラスのオンライン・トレーニング・ソリューションをお客様のプラントフロアまたは最も必要とするあらゆる場所で利用することができます。

Eラーニングの各コースには、学習コンセプトの強化に役立つ作業やソフトウェアシミュレーション、およびデモビデオが含まれています。これらのモジュールは、Chrome、Safari、IE、Edge、またはFirefoxを使用する任意のタブレットまたはPC上で利用でき、すべてのコンテンツにはナレーションと字幕が付いています。

詳細なEラーニングコースの説明は、このサイトをご覧ください。

お客様向けイベントカレンダー

Process Solutions User Group, 米国イリノイ州シカゴ(11月18-19日)

Automation Fair, 米国イリノイ州シカゴ(11月20-21日)

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。