石炭火力発電

規制問題に先手を打つオートメーションと制御システム

負荷の増加目標を継続的に達成し、旧式の専有システムを更新することで高額な罰金を回避します。最新鋭の制御を使用して、問題が発生する前にオペレータに通知できます。

信頼性が高く一貫した安全な運用

稼働時間を最大限に高め、リアルタイムの視覚化を実現して、エンジニアリング時間を短縮

排出量とセキュリティに関連するNERC CIP準拠要件により、石炭火力発電プラントは不確かな将来に直面しています。フリートが老朽化するにつれ、その更新コストは増大し続けています。インフラが老朽化すれば、コストのかかる面倒なダウンタイムが頻繁に発生するようになります。ビジネスシステムとの接続性に制限があることで、パフォーマンスのモニタとレポートを手作業で行なう必要性が生じ、ミスも発生しやすくなります。これにより、効率性も低下し、コストが増大するという結果が生じます。

プラント全体の制御ソリューション

拡張性と収益性に優れた統合型ソリューション

当社は、お客様が既存の制御システムを更新または置き換える際に、最新の制御システムへ移行をサポートします。当社のPlantPAx®分散制御システム(DCS)は、プロセス、モータ、および安全の制御を統合して運用を効率化します。統合型ソリューションと組み合わせることで、運用の可用性と信頼性を高め、総所有コストを最小限に抑えることができます。当社のソリューションなら、お使いのシステムから最大限の価値を引き出すことができます。

PlantPAx DCSの詳細情報を表示する

インテリジェントモータ制御の詳細情報を表示する

状態モニタによりダウンタイムを低減

統合型の状態モニタ製品は、機器故障の可能性を検出し、生産的に操業できるようプラントフロアをしっかりをサポートします。

  • 機械を保護することでオートメーション制御システムを拡張
  • 企業内での情報フローを強化し、メンテナンスコストを削減

状態モニタの詳細情報を表示する


OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page industries/power_generation/segments_pow/ja/JP_det_coal-fired row-4

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。