産業用モノのインターネット(IIoT)の安全

コネクテッドエンタープライズが安全にもたらす効果

作業環境の安全確保は多面的な問題であり、作業員の保護や生産中断の回避、オペレーショナルエクセレンスの実現に際して極めて重要です。産業用モノのインターネット(IIoT)は企業レベルの情報技術(IT)とプラントレベルの運用技術(OT)両システムを融合し、企業はこれによって、生産および品質、安全、その他のデータへのアクセスを獲得します。

安全分野の専門家は、こうして構築されたコネクテッドエンタープライズを活用し、安全と生産性、収益性の向上を図ることができます。これらのデータは、安全システムの可視性の向上や安全リスクの認識、安全に関連したダウンタイムの低減、安全システムの使用・誤用の評価、コンプライアンスの改善に役立ちます。

IIoTの時代における安全とリスク管理

これまで、安全機能は産業活動におけるコンプライアンス監視機能としての色合いが強く、作業環境の安全は生産性を犠牲にしなければ得られないものと考えられてきました。しかし現在では、EHSと安全管理は、オペレーショナルエクセレンスと業績の達成に不可欠な要素であるとの見方が主流となっています。この白書では、オートメーション分析の大手企業であるLNS Research社が、安全とリスク管理に関する見解を詳しく説明しています。

コネクテッドエンタープライズによる安全の再考

産業用モノのインターネット(IIoT)で安全と生産性を両立

IIoTは、作業員の行動や機械のコンプライアンス、安全停止の原因、安全に関する異常や傾向についての洞察をリアルタイムで提供し、安全に関連するコンプライアンスとパフォーマンスを大幅に向上させます。

コネクテッドエンタープライズを通じてスマートマニュファクチャリングを実現するには

安全とセキュリティ

安全とセキュリティは表裏一体

産業活動のさまざまな要素がますます高度に接続されつつある昨今、セキュリティリスクが安全面に及ぼす影響を見過ごすわけにはいきません。実際、作業員や機器、環境を保護する安全システムは、頻繁に攻撃の対象となっています。

安全確保と変化するグローバルワークフォース

世界的な労働力の構図は、常に変化し続けています。その中で企業は、年齢やスキルレベルを問わずすべての作業員のパフォーマンスを最大限に引き出し、彼らの安全と生産性を確保する必要があります。そのために実行すべきステップをご覧ください。

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page capabilities/safety/safety_maturity/ja/JP_det_safety-in-tce row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。