Loading

ControlLogixモジュール

Bulletin 1756 ControlLogix®シャーシ・ベース・モジュールには、アプリケーションのニーズを満たすデジタル、診断デジタル、アナログ、モーションコントロール、特殊I/O、演算モジュールが幅広く備えられています。ControlLogixコントローラのローカルシャーシ内、またはControlNet™ネットワークやEtherNet/IP™ネットワーク上のControlLogixコントローラにリンクされているシャーシ内にあるものならどれでも使用できます。

一般的なリソース/クイックリンク
ControlLogix Computeモジュールのプロダクトプロファイル ControlLogix HART I/Oモジュールのプロダクトプロファイル ControlLogix絶縁アナログI/Oのプロダクトプロファイル

概要

  • ControlLogix®シャーシに取付け可能
  • 現場サイドの配線をすべて接続するために脱着式端子台(RTB)またはBulletin 1492配線インターフェイスモジュール(IFM)が必要
  • シーケンス・オブ・イベント(SOE)アプリケーション用のタイムスタンプ機能を搭載
  • EtherNet/IP通信を提供(CIP Securityや冗長機能を含む)
  • 総合的なI/O診断により、システムおよび現場サイドの両方の障害を検出可能
  • 電源投入状態での取り外しおよび挿入(RIUP)機能により容易にメンテナンス可能
  • 電子キーイングにより交換時の誤りを防止可能
  • Studio 5000 Logix Designer®アプリケーションのI/Oウィザードにより、素早く簡単にモジュールを構成可能

1756 ControlLogix CIP Safety I/0モジュール

  • Compact GuardLogix® 5380またはGuardLogix 5580コントローラに対応
  • SIL3およびPLeまでの機能安全規格に対応可能
  • CIP safetyブリッジおよびルーティング機能に対応
  • 5580 GuardLogixコントローラを備えたローカルI/Oまたは分散型I/Oとして使用
  • 応答時間の短縮を実現
  • Logix Designerソフトウェアのバージョン32を使用
  • デジタル入力モジュールを装備:IB16S – 16チャネル(それぞれSIL 3に対応)
  • デジタル出力モジュールを装備:IB16S – 8チャネル(それぞれSIL 3に対応)
  • 以下のコンプライアンスマークを含む:TÜV、UL、IECEx、ATEX、CE、Marine、FM

ControlLogixデジタルI/Oモジュール

  • さまざまな電圧を提供
  • モジュール当たり8~32点を提供
  • 絶縁および非絶縁のモジュールタイプ
  • ポイントレベルの出力障害状態
  • 直接接続またはラック最適化通信を選択可能
  • 現場サイドでの特定モジュールの診断が可能

1756 ControlLogixアナログI/Oモジュール

  • 入力、出力、組合せの各モジュール
  • 熱電対およびRTD用のモジュールをサポート
  • オンボードのデータアラームを搭載
  • 工学単位へのスケーリングが可能
  • リアルタイム・チャネル・サンプリング
  • ソフトウェア構成可能な電子モジュールキーイングを搭載
  • 機械式RTBキーイング(ユーザ定義)をサポート
  • 2線式トランスミッタ電流ソースによるチャネルごとの電圧/電流構成に対応
  • チャネルごとのRTD/熱電対構成が可能
  • 2017年3月31日をもって、ControlLogix 1756絶縁アナログI/O 6チャネルモジュールの製造を中止し販売を終了しております。これに伴い、6チャネルから8チャネル1756アナログモジュールへの移行ガイドを使用して1756絶縁アナログI/O 8チャネルモジュールに移行いただくようお願いいたします。

1756 ControlLogix特殊I/Oモジュール

  • 構成可能なフロー・メータ・モジュール
  • ハイスピード・カウンタ・モジュールを搭載
  • プログラマブル・リミット・スイッチ・モジュールを搭載

1756 ControlLogix脱着式端子台 (RTB)

  • 工場配線とI/Oモジュールとの間を柔軟に相互接続可能
  • ねじクランプ式またはスプリングクランプ式終端に対応
  • I/Oモジュールは同梱されないため、別途注文が必要

1756 HARTアナログ絶縁I/Oモジュール

  • チャネル間絶縁機能を提供
  • チャネルごとにHARTモデムを割当てることでHARTデータをより迅速に更新
  • アドオンプロファイルを使用する基本的なフィールドデバイス構成を提供
  • 絶縁モジュール使用時のフィールド絶縁バリアの必要性を排除
  • 8チャネルまたは16チャネルの高密度モジュールを提供

1756拡張アナログI/Oモジュール

  • 正確性および再現性、安定性、精度を向上
  • 動作温度範囲全体で安定性を実現する8チャネルの絶縁モジュールと、12および16チャネルの非絶縁モジュールを搭載
  • 現場でのキャリブレーションが不要
  • 24ビット設計の利用により高い精度を実現
  • チャネルごとのステータス通知とLED障害通知
  • SIL 1、決定論的能力2 (SC2)、ControlLogix SIL 2アーキテクチャでの使用に関する許可を取得
  • 6チャネルアプリケーションからの移行をサポートするエミュレーションモード

1756通信モジュール

  • 1756シャーシにユーザ、デバイス、ネットワークを対象としたネットワークベースのアクセス制御を搭載
  • 冗長機能を提供
  • セキュリティモジュールによりコントローラとサーバの間で共有される重要情報を暗号化して改ざんを防止

1756演算モジュール

  • バックプレーンにControlLogixコントローラへの高速アクセスを装備
  • 高解像度5100産業用モニタに直接接続できる一体型DisplayPort™
  • ControlLogixシャーシ内に演算機能を搭載
補足情報
  • ControlLogixスタータキットControlLogixスタータキットはハードウェアとソフトウェアをバンドルにし特別価格で提供するもので、必要なもの一式が含まれています。コンポーネントを選択し、お客様の環境に適したキットを構築してください。
  • ロックウェル・オートメーションのIntegrated Architecture (統合アーキテクチャ)ソリューションは、プラント全体の最適化を効果的かつ効率的に行なうための基盤を提供し、経済状況や消費者ニーズの変化に対しても競争力に優れた対応を可能にします。
  • PartnerNetwork™では、Encompass製品参照プログラムを通じて1756 ControlLogix I/Oモジュール1756 ControlLogixアドオンプロファイル用の製品ソリューションを無料で提供しています。地域の最も優れたサプライヤが提供する製品の並べ替えや絞り込みを行ない、Rockwell Automation®のアーキテクチャに接続する製品や、当社の製品と併用する製品を選択できます。

製品の選択


仕様

認証
  • ATEX
  • C-Tick
  • CEマーク取得
  • CSA認定
  • cULusマーク
  • FM認定
  • TÜV
補足情報をお探しですか?

CAD図面ファイルや3Dモデルなどの製品情報をさらに検索するには、製品カタログを使用してください。


ソフトウェア


資料

Resource Publication Number Language
ControlLogix Computeモジュールのプロダクトプロファイル 1756-PP028
ControlLogix HART I/Oモジュールのプロダクトプロファイル 1756-PP016
ControlLogix絶縁アナログI/Oのプロダクトプロファイル 1756-PP020
ControlLogixピア・ツー・ピアI/Oのプロダクトプロファイル 1756-PP018
コンフォーマルコーティングのプロダクトプロファイル IA-PP001
ControlLogixシステムの選択ガイド 1756-SG001
ControlLogixスタータキット 1756-SP401
6チャネルから8チャネル1756アナログモジュールへの移行ガイド 1756-RM011
ControlLogix I/Oモジュールのテクニカルデータ 1756-TD002
ControlLogixデジタルI/Oモジュールのユーザーズマニュアル 1756-UM058
ControlLogixアナログI/Oモジュールのユーザーズマニュアル 1756-UM009
Literature LibraryLiterature Library
文書ライブラリ

技術資料や販促資料をさらに多くの言語で検索する場合は、文書ライブラリをご覧ください。

 

文書ライブラリの検索

KnowledgebaseKnowledgebase Support Center
ナレッジベース

当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。

 

サポートの入手