Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

ワンダフルピスタチオ社は食料生産施設で世界的な需要に対応

世界はピスタチオに熱狂

Main Image

課題

  • ワンダフルピスタチオ社は、ピスタチオに対する国際的な需要の高まりに応えるために新しい生産施設を建設する必要があった。

ソリューション

  • PowerFlex 70およびPowerFlex 525ドライブと統合されたCENTERLINE 2100モータ・コントロール・センタは、プラント内の500台あるモータを正確に制御
  • 統合された制御システム
  • ControlLogixコントローラはシステム制御を管理
  • EtherNet/IPネットワークにより、リモートモニタとデータレポートが可能

結果

  • 予想生産量を15%超えた
  • 1日当たり560万ポンドのピスタチオを生産

1930年代には、この国にはピスタチオの木は存在しませんでした。今日、米国は世界第2位の生産国であり、世界的な需要は増え続けています。

かつて王族のものであったピスタチオは、世界規模のスナックになりました。そのユニークな風味とその自然な健康特性ゆえに、人々は緑のナッツを求めるようになりました。アーモンド、クルミ、その他のナッツ類と同様に、ピスタチオにはタンパク質、抗酸化物質、繊維が含まれています。

ワンダフルピスタチオ社は、この小さなごちそうの世界的な需要を満たすリーダです。同社はアメリカのピスタチ産業の中心であるカリフォルニア州中央のサンホアキンバレーに拠点を置いています。この木が繁茂するためには、涼しい冬と低湿度の長く暑い夏を必要とします。このため、ピスタチオの生産は主に地球上の3つの主要な場所、イラン、トルコ、カリフォルニアに限定されます。

今日、ワンダフルピスタチオ社だけで世界のピスタチオ市場の50%、国内売上の65%を占めています。成長を続けるために、ワンダフルピスタチオ社は、世界中の消費者が渇望するスナックに加工できる(より多くの生の果物をローストし、そして通常は塩で味付けする)新しい施設を必要としていました。

新しい施設の建設 – 高速

生産工程の最初のステージである外殻を取り除く作業は、時間に制約があります。木から収穫したナッツは保護外層に包まれており、保護外層は腐敗を防ぐために素早く取り除かなければなりません。そのため、ワンダフルピスタチオ社は、カリフォルニア州ファイアーボーのピスタチオ畑の近くに新しい施設を建設しました。

新しい施設の外殻を取り除くセクションでは、9月に始まり810週間続く収穫に間に合うよう準備する必要がありました。外殻を取り除いた後、ナッツは年間の選別、焙煎、塩漬け、包装のプロセスのために保存されます。同社のマネージャは、外殻を取り除くエリアが稼働し始めたら、後続のセクションを完了することを計画していました。

彼らは、収穫した日には、毎日480万ポンド以上のピスタチオの外殻を取り除くと予測しました。最終的に生産工程全体でこのような膨大な量を処理するには、30メガワットの送電変電所や数マイルの天然ガスパイプなどの主要なインフラ投資が必要でした。

その基礎を進めて、同社は外殻の取り除きと生産ラインの設計を計画し始めました。

プロセス全体を管理するために、ワンダフルピスタチオ社のチームは迅速に実装できる制御ソリューションを求めていましたが、後で低温殺菌や正確なローストなどの重要な段階を含むために拡張しました。

正確なプロセスのための正確な制御

制御ソリューションの共同作業者の選択は、プロジェクトチームにとって20年以上にわたってロックウェル・オートメーションと協力してきたため、簡単でした。ほぼ15年前、ワンダフルピスタチオ社はモータ・コントロール・センタ(MCC)を含むロックウェル・オートメーションの制御プラットフォームでの標準化を開始しました。

ワンダフルピスタチオ社の電気工学マネージャである、ドン・クロスター氏は次のように述べています。「私たちの業界では、プロジェクトの所要時間は非常に速いです。ロックウェル・オートメーションの制御プラットフォームによって、コントローラとMCCを注文して設置し、数週間で生産を開始できました。」

クロスター氏と彼のチームは、新しい施設のピスタチオ生産に使用される500台のモータを制御するために、プロセスを設計し、モータ制御のニーズを確認し、Allen-BradleyCENTERLINE® 2100 MCCをロックウェル・オートメーションに一括して注文しました。

Allen-BradleyPowerFlex® 70およびPowerFlex 525ドライブと統合されたスマートMCCによって、生産に柔軟な制御がもたらされました。MCCには、リアルタイムの生産および診断データ、トレンド、コンポーネント履歴、配線図、ユーザーズマニュアル、スペアパーツを収集する事前構成されたソフトウェアが含まれています。

MCCは、ワンダフルピスタチオ社の以前に社内に構築されたパネルと比較して、起動時間を大幅に節約できます。いつものように、MCCは到着前に完全に検査されているため、ワンダフルピスタチオ社のチームは簡単に設置することができました。

さらに、MCCの集中管理と直感的なアドオン命令により、ダウンタイムとトラブルシューティング時間を削減することにより、社内パネルに比べて総所有コストを削減することができます。チームは現場で簡単に変更を加え、必要に応じてMCCバケットを迅速かつ安全に移動できます。

MCCは、生産データと診断データをEtherNet/IP™ネットワークを介して、Allen-BradleyのControlLogix®プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)と通信します。

施設のオペレータは、コントローラからデータに直接アクセスでき、1時間以内に履歴生産レポートを取得できます。そのデータによって乾燥機の温度やロースター速度などの生産変数を迅速に決定し、必要に応じて調整できます。EtherNet/IPネットワークの接続により、ワンダフルピスタチオ社は離れた場所からでもすべてのシステムをモニタでき、問題に迅速に対応できます。

さらに、制御プラットフォームのオープンな性質とEtherNet/IPネットワークにより、ワンダフルピスタチオ社のチームは装置機械メーカ(OEM)が提供した機器を簡単に設置して接続できました。チームは、乾燥機、低温殺菌装置、および制御なしのその他の機器を購入し、それらをControlLogixプラットフォームに統合しました。

何百万という単位の生産

MCCの到着後、生産ラインは3週間以内に、秋の収穫期に間に合うように稼働する準備が整いました。 その後、翌年に前処理が開始され、推定量を15%超えました。

制御システムの信頼性とモニタ機能により、新しい施設は無駄なく稼働します。

ワンダフルピスタチオ社の投資計画のゼネラルマネージャであるポール・ヒューズ氏は次のように述べています。「2000年には、1日当たり150万ポンドを生産する施設を稼働するのに100人が必要でした。ファイアーボーの施設では、現場の10人が収穫期に1日当たり560万ポンドの生産を管理しています。」

2023年までに、施設には仕上げ処理機能が備わり、2025年までに建築全体が完了します。

上記の結果は、ワンダフルピスタチオ社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

 

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案