Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

サウスウエストベーキング社は人材の高齢化の課題に備える

プログラムは、ベーカリが人材の引退に対して備え、ますます複雑化するプラント技術のスキル習得を支援

Main Image

課題

  • シニア保守技術者の退職に備えて人材を準備する。

ソリューション

  • 産業用トレーニングプログラム - サウスウエストベーキング社は、マルチクラフトカリキュラムを備えた12週間のロックウェル・オートメーションの集中トレーニングプログラムに登録することにより、最も若い従業員の将来に投資した。

結果

  • 人材の育成 - 従業員はプログラムを完了し、トレーニングのわずか1年後に、知識のある上級技術者として仕事を処理するためのスキルセットを取得した。

サウスウエストベーキング社は、アリゾナ州トーレソンにある40,000平方フィートの生産施設で、毎年200万ケースを超えるパンを生産するためにパン生地を作っています。サンドイッチパンからブレッドスティックに至るまでのレストランの主食を、1時間当たり最大11,000ポンドの生地速度の生産ラインで生産しています。

ベーカリ(製パン)プロセスは、施設の原材料受取りエリアから始まります。小麦粉、酵母、塩などの成分は、バッチ処理システムがそれらを産業用ミキサに移すまで保持ビンに保管され、そこで混合されます。次に、混合物は製造に移行し、そこでパン製品が形成および冷凍されてから、梱包され、積荷されて配送センターに出荷されます。

これらのプロセスは124時間、ほぼ毎日実行され、世界最大のレストランブランドの需要を満たすために必要です。サウスウエストベーキング社は、従業員のスキルセットを構築するために継続的に投資することで、需要に対応し、常に先を行くことをお約束します。

しかし、高品質のパン製品を高速で製造するために必要なすべての材料、設備、精度には、熟練労働者というもう1つの要素も必要です。サウスウエストベーキング社が対処する必要があることに気付いたのは、レシピのこの重要な部分です。人材の主要メンバーは間もなく退職し、積極的な生産目標を達成するために必要な高度に熟練した労働者が不足することになります。

迫り来る退職、迫り来る人材の課題

サウスウエストベーキング社は、熟練労働者の高齢化が迫っているという多くの製造メーカや工業生産者にとって馴染みの深いジレンマに直面しています。

Deloitte and the Manufacturing Instituteのレポートによると、米国の製造業の約350万人は次の10年間で雇用される必要があり、これらの仕事の推定270万人は既存の労働者の退職によるものです。残念ながら、熟練労働者が不足すると、350万人の仕事のうち200万人が埋められなくなります。

人材と可用性の問題は、個々の製造メーカだけでなく、経済成長が40%削減されることになるなど、世界の生産性にも大きな影響を及ぼします。

しかし、サウスウエストベーキング社でより差し迫った問題は、ベーカリ業務のために熟練した人材を保持することでした。

同社の最も知識の豊富なメンテナンス技術者は退職の危機に瀕しており、技術者が辞任したとき、その会社にはその役割を担う人がいませんでした。さらに、同社は最近、生地ミキサに使用されている古いカスタム・バッチ・システムを、柔軟なバッチレシピ管理システムに置き換えました。これには、アップグレードされたシステムをサポートし、その将来の成長に役割を果たすことができる保守技術者が必要でした。

サウスウエストベーキング社のプラントエンジニアであるロバート・ロブレウスキー氏は次のように述べています。「私たちは、手術で若い血が必要であることを知っています。現在、定年を迎えていませんが、今後数年で退職する方もいらっしゃいます。そして、マシンテクノロジがますます速く成長していることを知っているので、これらのシステムを将来サポートできる技術者が必要です。」

トレーニングの推進: 成功のためのレシピ

実際、同社の従業員には、最も若い部下の1人がいました。クリス・ベルズンセ氏[22]は、高校に通っている間、ほとんどが非常勤で、研修生としてサウスウエストベーキング社で4年間働いていました。

ベルズンセ氏はまだ大学を卒業していませんでした。製造プロセスと産業オートメーション制御システムに関する彼の唯一の知識は、会社での彼の限られたパートタイムの勤務経験に基づいていました。

サウスウエストベーキング社の経営陣は将来をベルズンセ氏に投資したいと考えていて、すぐに保守技術者が必要であることを知っていたため、同社は彼をロックウェル・オートメーションのアクセラレーテッド・スキル・アカデミー(ASA)トレーニングプログラムに登録することにしました。

ASAプログラムは、サウスウエストベーキング社が経験していた人材の可用性の課題に正確に対処するために作成されました。ASAは、マルチクラフトカリキュラムを備えた集中トレーニングプログラムであり、3か月でスキルと知識を人材に提供することを目的としています。

ベルズンセ氏は、フェニックスエリアで開催された最初のASAプログラムに参加しました。プログラムには2つの主要なフェーズが含まれていました。最初のフェーズである5週間は、電気的、機械的、および安全の概念を扱い、AC/DCの概念、機械的な印刷物の読取りから安全基準、電気的トラブルシューティングまですべてをカバーしました。第2フェーズ、7週間は、イーサネットの設計とトラブルシューティング、コントローラの基礎、メンテナンスとトラブルシューティングを含む、統合アーキテクチャのスキルと知識に焦点を当てました。

準社員から能力を備えた人材へ

ベルズンセ氏はプログラムを完了し、新しい労働者としてサウスウエストベーキング社に戻りました。

ロブレウスキー氏は次のように述べています。「1年前なら、彼は工場で一人にされていなかったでしょう。今では、彼はあらゆる仕事を処理するための知識とスキルセットを持っています。」

プログラムを完了するとすぐに、ベルズンセ氏は新しく複雑なプロジェクトに割当てられ、新しい方法で貢献し始めました。例えば、彼の最初のプロジェクトの1つでは、故障したヒューマン・マシン・インターフェイス・システムの修復を支援しました。彼はまた、製造者と協力して、会社の新しいGS1ラベル作成作業の一環として、新しいマシンを設計および構築しました。

ロブレウスキー氏は次のように述べています。「私は彼を、彼の年の観点からではなく、彼の知識の観点から、能力を備えた人物であると考えます。彼は私が今必要とするあらゆる仕事をする知識を持っています。彼の仕事にはとても自信があり、工場全体で彼を信頼しています。1年前はそうではありませんでしたが、今では彼がその仕事を処理するスキルを持っていることがわかりました。」

ASAプログラムは、ベルズンセ氏に新しい仕事に就くために必要なスキルと知識を与えるだけでなく、彼に製造分野への新たなレベルの敬意を与え、北アリゾナ大学でエンジニアリングの学位の取得を始めるときにそれをキャリアパスとして見ることができるようにしました。

ベルズンセ氏は次のように述べています。「高校を出たとき、子供が生計を立てるために何をしようとしているのか、子供にはわからないと思います。私は今まで知りませんでした。このプログラムは自分のやりたいことに目を向けさせてくれました。今、私はマシンのすべての部分を制御したいと思っています。」

上記の結果は、サウスウエストベーキング社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案