Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

スマートな製鉄製造向けのスマートデバイス

今日のスマートな意思決定

과제

  • 個々の部門のデジタルトランスフォーメーション戦略を開発し、それらを単一の企業戦略に統合する。

솔루션

  • コネクテッドエンタープライズのフレームワークを利用し、デバイスデータの新規および既存のソースを活用して運用機能を拡張し、部門レベルと企業レベルの両方で新しい洞察を生成することにより、ビジネス上のメリットの機会を特定

결과

  • 労働生産性を8%向上
  • 工具費を10%削減
  • スクラップを13%削減
  • ダウンタイムを12%削減

スマートマニュファクチャリングはデジタルトランスフォーメーションへの入り口です。接続されたスマートデバイスは、プロセスを可視化する新しいウィンドウを開きます。データと分析により、より適切で迅速な意思決定が可能になります。シームレスな接続により、新しいコラボレーションが促進されます。

これらのメリットを認識している企業は、長期的に成功するための地位を築いています。今日、ネクテッドエンタープライズにスマートな投資を行なうことにより、企業はプラントレベルと企業の基幹ネットワークを統合し、人、プロセス、テクノロジをセキュアに接続しています。

そのような会社の1つは金属メーカです。複数の部門で構成されているこの生産者は、原材料の供給者であると同時に、さまざまな消費者および産業用途向けの完成部品の製造者でもあります。彼らは鋼を溶かし、圧延し、加工しますが、この顧客を中核として、お客様の製品に付加価値を与える人と技術への投資を約束するサービスビジネスです。

個々の部門はすべて金属業界にサービスを提供していますが、各部門には独自の運用要件とお客様の要求があります。このような生産者は、最新のテクノロジに追いつくことの重要性と、データ主導の運用に関連する機会を理解していました。デジタルトランスフォーメーションとは、事業の部門を超えて使用されている従来の方法から脱却することでしたが、潜在的な機会費用は多すぎて進めることができませんでした。課題は、独自の部門間で共有でき、しかも明確な結果を提供できるソリューションを特定することです。

土台を築く

金属メーカは、デジタルトランスフォーメーションの目標を追求するベンダーとして、ロックウェル・オートメーションを選択しました。デジタルトランスフォーメーションへの投資のメリットは計り知れませんが、それに関連する潜在的なリスクが存在するため、多くの製造会社は注意深く進めています。ビッグデータプロジェクトの85%は、いくつかの要因により失敗します。上位3つは運営のための許可であり、現在の人材の不確実な将来と全社的な賛同の欠如です。これらの課題などを予測して、金属メーカはロックウェル・オートメーションを選択しました。それは、業界での評判とデジタルトランスフォーメーションへの専門家のアプローチが理由です。

実装可能なソリューションを慎重に提供するために、さまざまな部門内での戦略的な違いを可能にする単一の戦略をお客様に提供する計画を開発することが重要でした。戦略的ロードマップを作成するために、主要な利害関係者チームとの運用評価が行なわれました。経営幹部、財務、運用、エンジニアリング、ITの各チームに相談し、部門を超えて透明性のある類似点と相違点を提供し、企業や個人のニーズに合わせたソリューションを提供しました。また、これらの主要な利害関係者がデジタルトランスフォーメーションのメリットを理解し、長期的な成功を収めるために全面的に協力することも重要でした。

アプローチ

ロックウェル・オートメーションの確立されたコネクテッドエンタープライズのフレームワークを活用することにより、企業全体で評価が行なわれ、推奨事項の作成、ビジネスケースの形成、ロードマップの確立が行なわれました。これを実現するために、いくつかの手順が実施されました。

  • 評価: 組織の既存の戦略とインフラが調査されました。IT/OT、情報、ネットワークを現在の状態のまま分析するために、詳細な分析が行なわれました。会社の部門ごとにデジタル投資の段階が異なることがわかりました。
  • アセスメント: 多様なクライアントの利害関係者による複数の部門訪問とワークショップが行なわれ、デジタルトランスフォーメーションの成功を妨げる可能性のある潜在的なギャップと障害を評価しました。部門ごとに、各部門がどの段階にあるか、成功するために何が必要かについて理解が図られました。
  • 識別: ビジネス上の利点と部門を超えたデバイス接続性の向上の機会が定量化され、デジタルトランスフォーメーションでこれらの目標領域に対処するための計画が実施されました。これらの目標は、各エンティティが個別に立っている場所を考慮しながら、企業全体の目標を達成するように設定されました。

組織の目標に基づいて作成された明確な計画が策定されました。識別されたデジタルトランスフォーメーションの各部分は、識別されたビジネス上の課題を解決する能力のために選択されました。それはそれをサポートする明確なビジネスケースを持っていました。また、組織全体にスケールアップする機能も優先されました。各部門には独自の要件と目的がありましたが、特定されたソリューションは金属メーカのより大きな目標に適合しなければなりませんでした。

特定されたソリューション

個々の部門を超えた評価の結果により、デジタルトランスフォーメーションによる具体的な節約のセットが特定されました。労働生産性が8%向上し、スクラップを13%削減しながら、工具費を10%削減しました。さらに12%のダウンタイムの削減により、最も頻繁に失われる時間と費用を節約できます。

デジタルソリューションには、プラント全体の最新のオートメーション部品の最新化が含まれており、データアクセスと機械全体の接続を可能にします。エッジ分析ソフトウェアは、リアルタイムの異常検出のためにストリーミングプロセスデータをモニタおよび分析するニーズを満たすために提案されました。さらに、さまざまなプロセスの改善が確認されました。これらには、モバイルデータにアクセスしてオペレータのパフォーマンスを向上させる拡張現実(AR)、異常を警告してリアルタイムのデバイスステータスを提供するデバイス分析、溶融プロセスとエネルギー使用を最適化するモデル予測制御が含まれます。企業側からは、部門が互いにデジタル結果を共有し、継続的な適応と成功のためのバックボーンを提供するためのセンター・オブ・エクセレンス(中核的研究拠点)が提案されました。

いくつかの部門では、ロックウェル・オートメーションとそのパートナと共に、これらの新しいソリューションの中核を実装するために進んでいます。これらの更新により、金属製造業者は長期的な成功のために自らを位置づけ、実装とデジタル更新の次のフェーズに備えることができます。ロックウェル・オートメーションとの連携により、お客様はすでに生産の最適化、ダウンタイムの削減、コストの節約につながる大幅な改善を目にしています。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You