Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

ペットフードの生産は、新しいレベルの自動化テクノロジを採用

最新の特許技術を使用して、オーストラリアのペットフード原料を世界に供給

Main Image

課題

  • より効率的なペットフード生産のためにプレート冷凍プロセスを自動化する。

ソリューション

  • Allen-Bradley®のGuardLogix® - 統合された制御と安全を提供
  • PowerFlex® 527ドライブ - イーサネット上の安全を備えたPowerFlex® 527ドライブを使用してエンジニアリング時間を短縮
  • Kinetix®サーボドライブ - 高度なモーションコントロール機能を提供
  • Cool Off社とVK Logic社が共に、自動プレート冷凍プロセスを設計し、手作業の必要性をなくす。

結果

  • スループットの向上 - 自動プレート冷凍システムにより、プレート冷凍容量が120%増加
  • 安全と効率が向上 - 冷凍プレートの手動操作の必要性がなくなったことにより、安全と効率パラメータが改善された。

ペットの飼い主は、毛皮で覆われた友人を養うために利用可能な多くの食品の選択肢を常に評価しています。ペットフードはますます人気のある選択肢になりつつあり、栄養要件を満たしながら幅広い種類の食品とフレーバーを提供しています。

オーストラリアのペットフード産業は、安全で一貫した栄養価の高いペットフードを提供するという評判が高まっており、オーストラリア市場と輸出市場の両方で成長する機会があり、その内容は約16億ドルと評価されています。

Cool Off社はオーストラリアの家族経営企業であるストートングループ(Staughton Group)のペットフード原料の製造部門で、クイーンズランド州のウォルゲット、ニューサウスウェールズ州のセントジョージに製造施設を持ち、NSW南部のハウロングに本社と主要製造工場があります。

ストートングループは、ペットフード業界向けのバルク原料の製造と、国内および輸出向けの小売ペットフードおよびサプリメントを監督しています。ストートングループは、最近買収されたWild Game Resources Australiaを通じてジビエのタンパク質を調達および処理しています。

ペットフード製造のためにオーストラリアの原材料へのユニークなアクセスを提供するCool Off社は、子羊肉の機械的脱骨肉(MDM)、プレート冷凍内臓、ブティック肉のミール、自然乾燥のおやつを含む高品質の製品を提供し、オーストラリア全土の30を超える食肉処理場から赤肉内臓原料を調達し、1日に150トン以上の原料を処理しています。

市場機会が拡大し続けるにつれて、Cool Offは、この増加する消費者の需要を満たすために革新的な新技術を設計しました。

プレート冷凍の自動化

Cool Off社は、テクノロジとイノベーションの最前線にある企業です。高品質の製品を維持するために、同社は、屠殺場の現場でカスタマイズされた収集および冷凍ユニットの設置を含む、独自の内臓収集プロセスを開発しました。これによって、Cool Off社は品質のあらゆる側面を最初から制御できるようになり、ペットフード製品の品質に専念し、食肉処理場の労働投入を最小限に抑えることができます。このシステムは現在、30を超えるオーストラリアの食肉処理場に設置されています。

内臓が処理されると、2000kgの製品を保持できる容量の大型プレート冷凍庫にポンプで送られ、-20℃で冷凍されます。その後、製品は荷降ろしされ、ペットフード製造業者に配送するためにパレットに載せられます。過去には、これは労働集約的なプロセスであり、オペレータによる手動処理が必要でした。スループットを向上させ、手動操作の要件を制限するために、Cool Off社はVK Logic社と共に新しい自動プレート凍結システムを設計しました。VK Logic社はCool Offと長年の関係を持っているため、プレート冷凍プロセスを詳細に理解できます。VK Logic社のマネージングダイレクタであるジャスティン・ファン・クラフェレン氏は、顧客の供給契約の増加に対応するために、Cool Off社が工場と新しい冷凍室を含む工場でいくつかの拡張工事を実施したと説明しました。

ジャスティン氏は次のように述べています。「大型プレート冷凍庫の単純な自動アンロードプロセスはなかったため、私たちはCool Off社と共に空気圧で作動するパネルを配置し、既存のインフラを利用して各ブロックを1つずつ共通のコンベアベルトにリリースするプレート冷凍装置を構築し、手動操作の必要性をなくしました。」

さらに、ジャスティン氏は次のように付け加えています。「ペットフードのマージンが人間の消費のマージンに近くないことを考えると、自動化の機会はますます重要になります。」

高性能アーキテクチャ

統合された制御と安全を組み合わせたAllen-Bradley®のGuardLogix®は、アプリケーションに最も適切な選択肢として選択されました。ロックウェル・オートメーションのイーサネット上の安全を備えたPowerFlex® 527ドライブを含むIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムは、迅速で簡単なインストールと構成をサポートするための革新的なモジュール式の設計を提供します。これらのコンパクトドライブは、内蔵されたEtherNet/IP™通信と標準的な安全機能も提供します。

Allen-BradleyのKinetix®サーボドライブは、システムの高度なモーションコントロールと、立上げ、構成、起動を容易にするために単一の通信ネットワークで標準化する機能を提供します。プラントのモニタと制御にはFactoryTalk® View SEヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を使用しました。リモートアシスタンスとメンテナンスを支援するために、VK Logic社はサイトへのVPNアクセスを持っています。

ジャスティン氏は次のように説明します。「イーサネット上の安全を備えた単一のプラットフォームという点で、 好機を見いだしました。PowerFlexドライブは、モーション、ドライブ、安全のすべてを1つの制御プラットフォームに統合したソリューションを提供しました。これにより、エンジニアリング時間が短縮し、継続的なメンテナンス要件が削減されました。」

ロックウェル・オートメーションの認定代理店であるNHP Electrical Engineering (NHP)は、アプリケーションの要件を満たす最適な識別することにより、このプロジェクトをサポートしました。NHPのオートメーションのビジネス開発部門のジェイソン・キャンベル氏によると、「この新しい特許取得済みのシステムに匹敵する技術はありません。このソリューションにより、Cool Off社はスループットを向上させ、ダウンタイムを削減し、手作業を行なっていたオペレータを移動することができました。」

消費者の需要を満たすための特許取得済みのイノベーション

Cool Off社の特許取得済みのプレート冷凍技術はインテリジェントエンジニアリングと問題解決の産物であり、プレート冷凍容量が120%増加しました。プレートフリーザの設計に関する技術と革新はVK Logic社と共に開発されました。これは、大小のプロジェクトを問わず「箱から出して」思考することで評判が高まっているビジネスです。

プラントは、製品に対する大きな需要があるため、24時間年中無休で稼働しています。消費者の需要が増加し続ける中、最近、Cool Off社には工場の能力を2倍にする政府の助成金を授与されました。

Cool Off社とストートングループのマネージングダイレクタであるエドワード・ストートン氏は、同社の技術により、国内外の競合他社と比較して同社が享受する重要な利点を強調しています。「食肉処理場から集められ、ハウロングのCool Off社に毎日配送されてくる赤身肉の内臓製品の品質と鮮度は、食肉処理場に設置された独自の冷凍システムによって保証されています。この特許取得済みのシステムはCool Off社とVK Logic社によって開発され、東オーストラリア中にある食肉処理場から20年以上の内臓収集の経験を使用しています。このシステムにより、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州および南オーストラリア州の食肉処理場からのすべての製品が、どの季節であっても長距離で配達され、鮮度が維持されるようになります。」

エドワード・ストートン氏はヨーロッパとアメリカ全体で多くのプレート冷凍システムを検査し、以下のようにコメントしています。「当社の特許取得済みの自動プレート冷凍システムの開発は、屠殺場冷凍システムと組み合わせて、Cool Off社の生産チームに品質と処理効率において大きな国際競争上の優位性を与えました。3人のスタッフが、50トン(パレット)の製品を8時間シフトで充填、冷凍、パレタイズ、倉庫することができ、2時間半の冷凍時間と合わせて、すべての製品の鮮度を最大限に高めます。プレートフリーザは完全にCIP (定位置洗浄)であるため、洗浄時間は最小限に抑えることができます。このシステムに匹敵するものは世界中見渡しても見たことがありません。」

ストートン氏は次のように締めくくりました。「Cool Off社は、VK Logic社とロックウェル・オートメーションが、国際的な競合他社にはない技術の開発を可能にし、現在は「ベッドダウン」操作を可能にしていることを高く評価しています。Cool Off社はこれらの革新的で進歩的な企業と協力して、現在企業のパイプラインにあるさらなるR&Dプロジェクトを展開することを楽しみにしています。」

 

Allen-Bradley, FactoryTalk, GuardLogix, Kinetix, PowerFlex, およびRockwell Softwareは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案