Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

プロセスオートメーションを備えた新しいAgターミナルが、中西部の農民協同組合に新しい市場を開く

PlantPAx分散制御システムは生産の洞察と集中管理された制御を提供

과제

  • 顧客ベースを拡大するための鉄道アクセスを備えた完全に自動化されたグリーンフィールドAgターミナルを構築する。

솔루션

  • PlantPAx分散制御システム - PlantPAx DCSは迅速な設計と立上げと、詳細なプロセスモニタを可能にする。
  • 視覚化により、オペレータは端末のすべての領域を制御可能
  • EtherNet/IPネットワークは、マシンをインバウンドからアウトバウンドに統合することを支援
  • システム設計および配備 - ロックウェル・オートメーションのPartnerNetwork™プログラムのソリューションパートナであるWachter社がソリューションを設計して配備

결과

  • 顧客ベースの拡大 - 米国中西部以外の地域への鉄道アクセスでより多くの顧客にリーチ
  • 生産の洞察の向上 - 集中管理された完全自動化ターミナルの設計と提供
  • メンテナンス費用の削減 - 接続されたシステムによってリモートモニタと予測メンテナンスが可能

適切な場所を見つける

何十年も稼働した後、中西部農民協同組合(MFC)は、グローバル市場に拡大するには機会が限られているという問題に直面しました。穀物のほとんどの輸送はトラックで行なわれているため、協同組合は成長するための最良の方法は新しい鉄道ターミナルを建設することであると判断しました。ターミナルは、インバウンドトラックの鉄道サービスと高速道路へのアクセスが必要であり、MFCの現在の運用施設に関して戦略的に配置する必要があります。

MFCは、これらの要件を満たす場所を見つけると、システムインテグレータであるWachter Inc.社と協力してロックウェル・オートメーションのPlantPAx®分散制御システム(DCS)に基づいた自動化された設備を設計しました。ターミナルが稼働し始めると、MFCがトウモロコシやその他の穀物を新しい市場に持ち込むのに役立ちます。

鉄道輸送の必要性

フルサービスの協同組合であるMFCは、ネブラスカ州の4,100人の農家のパトロンを集めて、グループとしてより高い価格を交渉し、そうでなければすぐにアクセスできないお客様にリーチします。協同組合はネブラスカで28の施設を運営しており、農家は穀物をトラックで運び、購入して輸送するまで乾燥、調整、保管します。ただし、穀物を市場に運ぶために列車にアクセスできる端末はわずかでした。つまり、トラックが輸送の主要な手段でした。この事実により、協同組合の顧客ベースは中西部で営業している企業に限定されました。

端末のほとんどが自動化されていないため、協同組合の効率も制限されていました。オペレータは、プロセスを手作業で進める必要がありました。

MFCは、グリーンフィールド施設がビジネスの成長に不可欠であり、顧客に大きな顧客市場を提供し、運用コストを低く抑えることを知っていました。彼らは、米国の両方の主要鉄道線にアクセスできる、完全に自動化された中央ハブターミナルを建設することを決定しました。

成功のための制御の一元管理

協同組合の経営陣は、ネブラスカ州南東部のシラキュースに、鉄道アクセスの要件を満たす場所を見つけました。協同組合は土地を確保し、計画を進めました。

MFCは、新しいAgターミナルを設計および自動化するためにWachter社と提携することを決定しました。Wachter社は、ロックウェル・オートメーションのソリューションパートナが必要な自動化された制御ソリューションを提供できることを知っていました。

完全自動化されたターミナルの基盤を築くために、Wachter社とMFCは集中管理型のスケーラブルなPlantPAx DCSを導入することを決定しました。Wachter社のオートメーション・ソフトウェア・システム・コンサルタントでプロジェクトのリーダであるダニエル・アルバレス氏が次のように述べています。「MFCがターミナルに集中管理型のDCSを導入したのはこれが初めてでした。PlantPAx最新式のDCSは、設計と配備が簡単で、端末をより早く動作させることができると知っていました。」

制御システムの設計時に、Wachter社プロセスオブジェクトのロックウェル・オートメーションのライブラリを活用しました。事前に構築、事前に設計、テストされたプロセスオブジェクトにより、Wachter社はシステムを迅速に設計および配備できました。Rockwell Software®Studio 5000® Logix Emulateソフトウェアアプリケーションを使用することでWachter社のチームはハードウェアなしでコードを検証、テスト、および最適化することができました。これによって設計時間が約25%短縮し、チームはMFC関係者から賛同を得て、オペレータを訓練することができました。

EtherNet/IPバックボーンを備えた最新式のDCSは、コンベアや乾燥機システムなどのプラントの新しいマシンとスムーズに統合し、インバウンドからアウトバウンドまでのターミナルを効率的にモニタおよび視覚化します。この包括的なビューにより、オペレータは、受取り、計量、および積み出しにある3つのワークステーションのみを介してターミナルのすべてのエリアを制御できます。通常、古い端末ではプロセスを手作業で管理しているために複数人のオペレータが必要になります。

また、この新しいシステムは、エンタープライズレベルのモニタ、データストレージ、およびアラームをスムーズに管理します。エンタープライズレベルのモニタへのシステムの接続も、リモートアクセスも可能になります。問題が発生した場合、Wachter社はメンテナンスとトラブルシューティングのために制御システムにリモートアクセスでき、両方のコストと時間を削減できます。

オートメーションにより高いマージンを実現

グリーンフィールドのターミナルは、これまで大きなダウンタイムを起こさずに稼働しています。鉄道へのアクセスにより、MFCはトウモロコシや他の穀物をより高い利益率でカリフォルニアやメキシコから東海岸まで、より多くの国内および世界市場に届けることができます。

さらに、MFCは最初の集中管理型DCSおよび完全自動化されたターミナルから全面的に利益を得ています。生産は古い端末と比較してより迅速かつ効率的に移動し、リモートモニタはダウンタイムを削減し、MFCをメンテナンスの問題で何千ドルも節約します。

MFCの最大のメリットは何でしょうか? 迅速なプロジェクト開発と迅速な立上げです。MFC201512月にターミナルの構築を開始しました。Wachter社は20163月に先行技術と設計の設計を開始しました。10月末までに、システムは配備され、2週間以内にプロセスの検証を開始できました。

MFCシラキュースターミナルのマネージャであるエリック・ワース氏は次のように述べています。「当社の運用、管理、およびリーダシップチームは、ほとんどまたはまったくないものから、完全に自動化された施設まで、さまざまなレベルの自動化経験を持っています。PlantPAxシステムによって、Wachter社は、1年以内に同じ場所で設計から運用に移行するのに役立ちました。これは、顧客が予想よりも早くより大きな顧客ベースに到達するのに役立ちました。」

しいターミナルの容量は275万ブッシェルで、保証されれば2倍以上になる可能性があります。受取り側には、2分ごとに1,000ブッシェルを受入れる能力があり、1日当たり平均300台のトラックを受取ります。

MFCは、協同組合が将来のターミナルを構築し、既存のターミナルをアップグレードするため、施設全体でPlantPAxシステムの標準化を計画しています。

上記の結果は、中西部農業協同組合での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Logix Emulate, PartnerNetwork, PlantPAx, Rockwell Software, およびStudio 5000は、Rockwell Automation Inc.の商標です。
EtherNet/IP
ODVA Inc. の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You