Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

機械メーカは、統合アーキテクチャによって自動車のエンドユーザが変化する市場の需要を満たすことを支援

シンヒョン・エンジニアリング社は、制御システムとRFIDの単一サプライヤでエンジニアリングの手間やコストを削減し、時間を短縮

과제

  • 変化する市場の需要により、機械メーカは柔軟でスケーラブルな機械を作るように圧力をかけられている。

솔루션

결과

  • スペアへのアクセスがより速く、より簡単に
  • 立上げ時間が25%短縮
  • マシン当たりのコストを2%削減

製造メーカは絶えず変化する消費者の需要を満たす必要があります。そして、それは機械装置メーカ(OEM)が、市場の変化に迅速に対応できるように十分に柔軟でなければならないことを意味します。

新製品やプロセスには、柔軟な制御アーキテクチャを備えたスケーラブルな機械設計が必要です。機械メーカは、エンドユーザの進化する要求に対応するために、強力で統合されたスケーラブルなソリューションを提供できるオートメーションサプライヤを選択する必要があります。また、これらのオートメーションソリューションはホストマシンと同様の寿命を提供する必要があります。

1994年に設立された機械メーカであるシンヒョン・エンジニアリング社は、韓国における自動車用シートのアセンブリオートメーションのリーダであり、これらの課題に直面していました。品質、コスト削減、生産性向上への集中的な投資、そして地域の安全規制や国際的な安全基準を満たす機械を製造する能力のおかげで、同社の韓国でのシートのアセンブリオートメーションにおける市場シェアは70%を超えました。

課題

納期の短縮とコストの削減にフォーカスすることに加えて、Lear Companyのためのこのプロジェクトには特別な要件がありました。マシン固有の性質により、新しい通信ネットワーク、既存のインフラ内のネットワークの接続性、およびRFID (無線自動識別)の使用に最適なレイアウトが求められました。

RFIDは、製造プロセス内を移動する際に製品を追跡および文書化するための堅牢で信頼性の高い方法です。既存のインフラでは、サードパーティのRFIDがPCを介してネットワークに接続された後、PLCに接続されていました。これは、オペレータにとっては不便であり、ダウンタイムが発生した場合には過度の危険性をもたらし、ハードウェアを損傷する可能性があるセットアップでした。

もう1つの課題は、マシンに対する一貫したサポートでした。設計を検討する際に、シンヒョン社は、コントローラとシステムに必要な産業用コンポーネントをすべてを提供でき、製品を素早く提供し、スペアやテクニカルサポートへのアクセスが簡単な単一のサプライを見つけることに注力しました。

ソリューション

これらの課題に対処するため、シンヒョン社は、Allen-Bradley®のControlLogix®プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)を含む、組立ラインのアップグレードにロックウェル・オートメーションのIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)制御ソリューションを選択しました。

シンヒョン社は、サードパーティのRFIDで制御されているライン全体の置き換えを望んでいました。類似したあまり要求の厳しくないアプリケーションで使用されているバーコードシステムとは異なり、Allen-Bradleyの56RF高周波数RFIDシステムは苛酷な環境に耐えられるように設計されています。ISO 15693オープン規格の高周波用に設計されたシステムタグ、トランシーバ、およびインターフェイスを備えています。さらに、再利用可能な読取り/書き込みタグにより、情報とアプリケーションの柔軟性が向上します。

アイテムごとに付けられたRFIDタグが製品データを識別するため、オペレータは製造ラインで製品を追跡できます。EtherNet/IPインターフェイス使用することで、RFIDは企業および最も重要な組立機器へのシームレスな通信も提供します。

EtherNetバックボーンと統合されたハードウェアを使用することで、シンヒョン社はコネクテッドエンタープライズの利点を活用し、リアルタイムでデータを共有して、情報に基づいたタイムリーな決定を下すことができます。ControlLogixとの統合と、制御室からアドオン命令(AOI)などのコア機能の利用により、設置が間単になり、立上げ時間が短縮します。

結果

PLC、コンポーネント、およびRFID用に単一のサプライヤを使用することで、シンヒョン社は接続機器のコストを削減しました。AOIやRFIDとのシームレスな統合など、ControlLogixのハイエンドテクノロジは、最終的に次のようなトータルソリューションを提供しました。

  • 立上げ時間を約25%短縮
  • マシン当たりのコストを2%削減

このプロジェクトを通じて得られた経験とスキルは、将来の機会とスマートファクトリの創設を強化するために採用されます。

 

ここで紹介した成果は、シンヒョン・エンジニアリング社がロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Allen-Bradley, ControlLogix, およびIntegrated Architectureは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You