Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

ケルンのフォード工場で部品を動かし続ける

과제

  • 現地のSIは、新しい制御ソリューションの導入を含め、ケルンのフォードに移すコンベアシステムの試運転を支援するために、ロックウェル・オートメーションに依頼

솔루션

결과

  • 4日半後、SIのエンジニアは引き継ぐことができ、1週間の週末に自動モードで設置を実行することができた。
  • ラインは現在完全に動作しており、すでに延長されている。
  • ロックウェル・オートメーションは、フォードボディショップの標準制御サプライヤです。そのため、MCP標準と相まって、技術と知識は世界的に移転可能です。

背景

ロックウェル・オートメーションと現地システムインテグレータ(SI)は、最近、ケルンのフォードが100を超えるコンベアを備えたコンベア駆動の保管エリアを、古い施設から稼働中の環境への再配置と再稼働を支援するために協力しました。

移動の物流要素に加えて、両社は、冗長でサポートされていない現職の制御インフラを変更し、Allen-Bradley® Logixベースのアーキテクチャで実行される自動車業界のモジュール式制御プログラム(MCP)標準を含む最新のソリューションに置き換えるために協力する必要がありました。

課題

ロックウェル・オートメーションとSIは、このアプリケーションで多くの課題に直面しましたが、主要な問題は時間です。

自動車業界のすべての無駄のない生産環境と同様に、脆弱なリンクやボトルネックは存在せず、このコンベアソリューションが提供しようとしていたラインは、フル生産に近づいていました。

これは、再配置とそれに続く試運転が生産ラインの運用にとって重要であり、遅延が許容されないことを意味しました。

時間の問題を悪化させたのは、新しい制御インフラの開発であり、新しい標準ベースのソリューションに置き換える必要があったことです。

このため、フォードの提供エンジニアからの推奨に基づいてSIがロックウェル・オートメーションのエンジニアを関与させたのは、フォードが要求したMCP標準の知識だけでなく、Logixアーキテクチャの詳細な知識も含まれていたためです。

ソリューション

MCPは、ロックウェル・オートメーションが自動車産業向けに共同開発した規格ですが、製薬産業など、コンベアを設置する他のアプリケーションにも可能性があります。

これは、特定のアプリケーションに合わせて変更および調整できるモジュール式のプログラミングおよび制御ソリューションであり、現在、世界中の多くのアプリケーションに展開されています。

施設によっては、施設管理や最終組立を含む完全な自動車工場を運営しています。

オープンでモジュール式のアーキテクチャにより、既存の旧式の通信バスを使用するだけでなく、他のシステムと簡単にインターフェイスできます。

Logixソリューションのオープンアーキテクチャのおかげで、プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC) もデータに依存しないため、多数のサードパーティのデバイスやネットワークとインターフェイスできます。

MCPにはStudio 5000®ベースのPACバージョン16以降が必要で、FactoryTalk® View環境に組み込まれています。

この場合、新しい設置は、EtherNet/IP™を介してさまざまなAllen-BradleyのPOINT I/O™モジュールに接続されたAllen-BradleyのControlLogix® PAC上で実行されます。Allen-BradleyのPanelView™ Plusグラフィックターミナルはフィードバックとオペレータの対話を提供します。

プロジェクトに関与した2人のロックウェル・オートメーションのエンジニアがわずか3日半でゼロから新しい設備の最初の一連のコンベアをプログラムし、基本的な操作と機能的なHMIでそれらを強化します。

4日半後、SIのエンジニアが引き継ぎ、1週間の週末に設置を自動モードで動作させ、完全に立上げることができました。

ロックウェル・オートメーション ドイツのグローバル・テクニカル・コンサルタント自動車産業およびチームリーダであるホルガー・アダムによると、「ロックウェル・オートメーションと現地SIはこのソリューションで非常に効果的に連携して、2つのエンジニアチームがタイムクリティカルなプロジェクトでどのように協力し、お客様が要求したすべてを提供する柔軟で将来性のある設置を実現できるかを強調しました。

彼は次のように続けます。「数年前にフォード工場で概念実証を行ないました。これはフォードのニーズに正確に合わせたものでした。この設置から得た知識と私たちが得た敬意が大きな違いをもたらしました。」

実際、ケルンのフォードの提供エンジニアであるデビッド・グリーン氏は、この概念実証を知っていたため、SIを私たちに付けました。

チームの業界での経験も大きなプラスになりました。

これでラインが稼働し、その後延長されました。また、将来のプロジェクトのためにコードライブラリを完成させ、洗練し、まとめ、テンプレートとトレーニングプログラムを開発しています。

結果

SIのプロジェクトリーダによると、「私たちはロックウェル・オートメーションから多大な支援を受けています。

彼らのエンジニアは、私たちが提示する課題の解決策を常に探しています。

製品の観点からは、価格性能比が重要であり、この場合、Allen-Bradleyの製品に基づいた優れたソリューションがあることがわかります。」

彼はホルガー氏のチーム倫理に同意します。「ロックウェル・オートメーションのエンジニアと一緒に作業することは非常に快適です。

サポートは非常に優れており、このプロジェクトはチームとして成功裏に行なわれたと感じました。これは素晴らしいと思います。」

フォードのVOMEボディ製造担当の制御および標準のスーパーバイザであるデビッド・グリーン氏は次のように説明しています。「ロックウェル・オートメーションは、1990年代半ばからフォードボディショップの標準PLCサプライヤです。信頼性、使いやすさ、技術サポートが特に気に入っています。」

グリーン氏は、MCP標準について議論し、次のように付け加えます。

「これは、従業員を交代させながら、出席している人なら誰でも同じレベルの専門知識を保持できることを意味します。

さらに、標準があるということは、システムをはるかに短い期間で実装し、要件に合わせて設置するという知識があることを意味します。」

さらに続けます。「私たちは、コンベアシステムを通じて1日当たり1,800台以上のユニットを生産しているため、ダウンタイムや他のシステムとのインターフェイスは非常に重要です。」

ロックウェル・オートメーションの製品は、当社のプラントおよびインテグレータに理解されているため、このプロジェクトの開発ははるかに簡単です。

SIには非常に厳しいタイムラインが与えられたため、その計画とエンジニアリングが最も重要でした。

支援を活用し、ロックウェル・オートメーションの方法を知ることがこれらのタイムスケールに対処する最も効果的な手段であることを知っていたため、ロックウェル・オートメーションはためらうことなく目標に到達し、チームとして目標を達成しました。

グリーン氏は次のように結論付けます。「MCPはフォード全体の標準であるため。ロックウェル・オートメーションは、当社のプラントおよび機械メーカに対象に関する高度なトレーニングを提供するための設備が整っており、関係するすべての人員が問題なく機器を操作または設置およびプログラムできるレベルであることを確認するのに役立ちます。」

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You