Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

ガンチア・バブリーはPlantPAx DCSのおかげで寿命が延びる

スパークリングのプロセス制御プラントの完全な最新化により、フラテッリ・ガンチアがコネクテッドエンタープライズに向けて一歩踏み出す

Main Image

課題

  • ガンチアは、スパークリングワインのプロセス制御システムを合理化された使いやすくスケーラブルなソリューションで更新し、スパークリング・ワイン・セラーを会社の全体的なモニタシステムに統合したいと考えていた。

ソリューション

結果

  • 合理化と使いやすさの要件を満たす制御ソリューション
  • 年中無休24時間体制で稼働している設備が故障した場合に、外部からタイムリーに介入する可能性
  • 予測不能なマシンのダウンタイムによる非生産性によるビジネス利益の損失を削減
  • 予防保全活動のスケジューリングの可能性
  • コネクテッドエンタープライズ機能

背景

世界的に有名なイタリアのブランドであるガンチアは、イタリアのワイン醸造の歴史における真のマイルストーンを表しています。フラテッリ・ガンチア・ワイナリーは、実験と革新に重点を置いて1850年に設立されました。 今日でも会社を区別する価値観。 創業者のカルロ・ガンチア氏は、最初の「クラシックメソッド」スパークリングワインを発売しました。1865年、息子のカミーロ氏がアスティのバリエーションを追加しました。これは、世界中で認められているスパークリングワインを体現しています。

フラテッリ・ガンチアは現在80カ国に出荷されており、毎年2500万本のボトルを生産していますが、その生産サイクルをサポートし、最初に普及した品質と卓越性の基準の一貫性を保証するための技術革新の波を開始しました。

新しいアップグレードプロセス制御システムの必要性は、このアップグレードイニシアチブの一部でした。ガンチアは、このプロジェクトの制御および自動化システムのサプライヤとしてロックウェル・オートメーションを選択し、食品業界に特化した企業であるプロジェクタ社によって実装しました。

ロックウェル・オートメーションはプロジェクタ社と協力することにより、顧客志向の最先端のソリューションを提供することができました。プロジェクタ社は、制御およびオートメーションソリューションの設置について25年にわたる専門知識を誇り、ロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータとして名を連ねる数少ないイタリア企業の1社です。

認定システムインテグレータは、ロックウェル・オートメーションのテクノロジと共にリードする最高の技術ソリューションと顧客サービスを提供することをお約束します。これらのインテグレータは、ロックウェル・オートメーションの販売または協力している代理店と相互に協力関係にあります。

課題

ガンチアの中心的な産業の焦点は、生産施設の80%を占めるスパークリングのプロセスです。この戦略に基づいてガンチアは、テストと生産の最終段階の両方でエラーとリスクマージンを最小限に抑えるために、技術的に高度なソリューションへのアップグレードを試みました。アプリケーションは、使いやすく保守しやすいという基準を満たす必要があり、他のシステムと連動する必要がありました。同社は、完全な可視性と制御、状況に沿った説明に変えられた生産データを使用してリアルタイムの意思決定を行なう能力、および意思決定プロセスの改善を必要としていました。

この画期的なアーキテクチャは、次のブドウの収穫に間に合うように15日以内に設置する必要がありました。

ソリューション

ガンチアでは、マストが保管および加工されるベースワイン、伝統的な方法、ベルモット、およびマルティノッティまたは産業用のスパークリング・ワイン・セラーの、4つの異なるセラーがワイン醸造プロセスに使用されています。ここでは、毎年約2,000万本のスパークリングワインとモスカートが生産されています。これを管理するために、ロックウェル・オートメーションは、EtherNet/IP™ネットワークアーキテクチャに実装されたPlantPAx®分散制御システム(DCS)を提案しました。

スパークリングのプロセスは、圧力や温度などの重要なパラメータをすべて厳密に制御して、さまざまなオートクレーブで一連の段階とステップを実行するため、重要です。アスティ・スパークリング・ワインの「泡の捕獲」には10日かかりますが、モスカートには5日しかかかりません。

処理段階にもよりますが、この期間中にワインはオートクレーブに保管されます。オートクレーブは少なくとも20分の洗浄サイクルにさらされています。ワインは流入し、オートクレーブに入れて酵母を加えて発酵させ、スパークリングワインのアルコール度数が約7.20/7.30%、モスカートの5%、タンク内の5バールの圧力に達するまで発酵させます。最適なレベルに達すると、ワインはクロスろ過プロセスを受けます。インラインで冷却され、0℃の制御された温度の容器に保存され、安定化段階で酒石酸が加えられます。その後、マイクロフィルタでろ過され、ドラフトタンクに入れられてから瓶詰めされます。

PlantPAxxはシステムのコアとして実装されました。古い標準の制御システムにかわる制御プラットフォームであり、ガンチアが損傷した場合にスペア部品を入手する必要がある場合、やがて問題を引き起こす可能性があります。

フラテッリ・ガンチアのテクニカルマネジメントであるアンドレア・カヴァリ氏が次のように説明します。「それは複雑で拡張されたアプリケーションですが、600の容量を持つ79のオートクレーブ、移送および洗浄サイクル用の約1,000のバルブ、および制御されるデバイスのセットです。ロックウェル・オートメーションが提供しプロジェクタ社が実装したシステムは、使いやすさに関して競合他社のソリューションよりも優れています。」

EtherNet/IPプロトコルに基づく通信インフラは、優れた柔軟性と俊敏性を提供します。プロジェクタ社のテクニカルマネジメントであるニコラ・ナダ氏が次のように述べています。「有線アーキテクチャから分散ネットワークへの移行により、I/Oモジュールが取付けられているメインまたはリモートのスイッチボードを交換することなく、既存の制御システムを変更できました。イーサネットを使用してすべての単一ポイントに接続し、スケーラビリティを提供しました。追加のI/Oを使用するだけでこれを増やすことができます。」

電力制御のために専用の配電盤が実装され、バルブ制御システムは単一の主電源とネットワークケーブルを介して管理されます。これにより、トレイ内のケーブルの数を減らすことができ、スパークリング・ワイン・セラーのさらなる開発の際に必要になる可能性のある追加のケーブルのために、クリーニングが容易になり、スペースが解放されます。

今日、ガンチアはプロセス全体の全体的な可視性を改善しました。既存のLEDシノプティックを置き換えるために2つの50インチモニタが並んで設置されており、最高仕様のオペレータワークステーション(OWS)を使用して、設置全体を一目で完全にモニタできます。

結果

アンドレア・カヴァリ氏が次のように続けます。「PlantPAx散制御システムは、私たちの期待を完全に満たしています。第一に、最新技術を採用して、ビジネスの戦略的部分である産業スパークリングのプロセスの合理化と可視性の向上に関して最高の効果を達成するという、私たちの主な目標を達成することができました。第二に、リアルタイムアラートの設定によって提供されるタイムリーな介入の診断機能を強化しました。この作業は、以前はセラーマンに任されていました。セラーマンは問題を特定し、観察された不規則性に対するトラブルシューティングを実行できる唯一の人物でした。」

ガンチアはイタリアの最初のワイナリーの1つであり、重要なパラメータを年中無休24時間体制でモニタできる監視システムを備えています。コネクテッドエンタープライズのアプローチを導入することにより、以前は独立したエリアであったスパークリング・ワイン・セラーが、全体的な制御システムに統合されました。プラントを接続するこの企業全体の戦略により、運用の可視性が向上し、パフォーマンス測定が改善され、議論の余地のないリアルタイムデータを使用した意思決定が改善されます。

EtherNet/IP通信プロトコルは、メンテナンススタッフにタイムリーな介入機能を提供し、モバイルデバイスを介してアラートを受信するだけで、モバイルを介してリモートでシステムにアクセスし、迅速な障害箇所の特定とトラブルシューティングを行なうことができます。これにより、年中無休24時間体制で監督者やプラントマネージャを配置する必要性が減り、前例のないマシンダウンタイムのリスクも低減します。システムは、予防保守操作をスケジュールする機能も提供します。

「運用システムと情報システムの融合、運用データの可用性、およびパラメータのトレーサビリティとトレンド定義の機能は、意思決定のための新しいサポートツールを提供しながら、真のコネクテッドエンタープライズであるという当社の目標を確実に満たします」と、アンドレア・カヴァリ氏が締めくくります。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案