Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

イーライリリー社がロックウェル・オートメーションのFactoryTalk View HMIシステムで従業員の生産性を向上

HMIの移行により、医薬品生産者はリモートアクセスが可能になり、HMIワークステーションの復旧に要する時間が短縮

Main Image

課題

  • シッククラインアトHMIワークステーションは、従業員とクリーンエリア内の機器をつないでいる。
  • ダウンしたHMIワークステーションの復旧は4時間から8時間かかっていた。

ソリューション

  • FactoryTalk View SEソフトウェア - 従業員にHMIディスプレイへのリモートアクセスを提供。単一の生産エリアから分散仮想化ソリューションに拡大する。仮想化されたシンクライアントアーキテクチャにより、HMの復旧に要する時間が短縮される。
  • FactoryTalk Historianアプリケーション - データをローカルで収集し、サイト全体にフィードアップする。
  • 標準化された制御システム - ControlLogixプラットフォームは生産エリアの制御を提供する。

結果

  • リモートの可視性 - クリーンルーム外へのアクセスにより、ユーザのワークフローが改善された。
  • ライフサイクル管理 - HMIの復旧に要する時間が5分に短縮。2番目のスイートを最新化するための開発と導入時間が70%削減。
  • 堅牢なデータ収集 - ヒストリアンサーバへのリモートアクセスを取得

ライフサポート

生物製剤を医薬品に変換するプロセスは、最も洗練された厳しい製造プロセスの1つです。例えば、アスピリン分子には21個の原子が含まれています。バイオ医薬品分子は、2,000~25,000の原子で構成されます。

これらの複雑な化合物を発端のバイオリアクタから患者用パッケージまで一貫して再現するには、操作の精度と厳格な品質管理の両方が必要です。

イーライリリー・アンド・カンパニーは界有数のバイオ医薬品開発企業の1社であり、そのリリーブランチバーグ工場は主にがん治療用の高度な治療薬の製造に専念しています。また、臨床試験中のバイオ医薬品も製造しています。

これらの薬剤は、汚染を防ぐために作業者が防護服を着用しなければならない2つの「クリーンな」製造スイートで処理されます。これらのスイート内には、オペレータが各バッチのステータスを確認できるようにするヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)システムがあり、プロセスがスムーズかつ一貫して実行されていることを確認しています。

ビューの評価

リリーブランチバーグ工場は年中無休の24時間体制で稼働しています。この24時間体制のスケジュールでは、機器のアップグレードの機会がほとんどなく、最短のダウンタイムでさえ生産コストがかかります。

HMIのオペレーティングシステム(OS)が寿命に近づいたため、プラントマネージャはこの機会に、人々が製造プロセスとどのように相互作用したかを評価しました。既存のHMIを使用して生産プロセスを可視化したオペレータ、エンジニア、およびその他からのフィードバックの内容は一貫しており、HMIへのアクセスには多くの時間と労力が必要でした。

イーライリリー社のオートメーションおよび電気工学のディレクタである、ミハイル・シャー氏は次のように述べています。「HMIへのアクセスはクリーンエリアに限定されていたため、生産が停滞していました。あなたが生産の実行をチェックしている製造監督者であると想像してください。生産を確認したいときはいつでも、製造スイートに入り、防護服を着用する必要があります。」

これには時間がかかるだけでなく、トラブルシューティングも複雑でした。例えば、製造スイートの問題により、機器の再キャリブレーションが必要になる場合があります。オペレータは、誰がそれを修正できるかを知る前に、クリーンエリアに入って問題を特定する必要がありました。製薬業界では、HMIシステムのパラメータが機器に表示されていることを確認するために、機器も6カ月ごとに定期的にキャリブレーションを実行する必要があります。

スイートの1つにあるシッククライアントコンピュータの1つがダウンした場合、回復には4時間から8時間かかりました。MIシステムとのコネクションを再確立するには、作業員が生産エリアに着手し、必要なOSパッチを適用し、ウイルス対策ソフトウェアを確認し、通常の生産を中断するその他の手順を行なう必要がありました。

はるか遠くを見渡す先見の明

イーライリリー社がHMIシステムを最新化することを決定する際には、アップグレードの目標を設定し、最適なソリューションのためのテクノロジを選択する必要がありました。また、導入する場合は各スイートの生産スケジュールと異なるチームの可用性に適合する必要がありました。経営陣は、更新プログラムをそのスケジュールに最も適合させることができる3段階の導入計画を確立しました。

シャー氏は次のように述べています。「このプロジェクトには3つの主要な目標がありました。リモートの可視性、機器のライフサイクル管理の改善、堅牢なデータ収集の追加です。8カ月以内に宿題をやり終え、それらの目標を達成するために利用できるテクノロジを把握しました。」

イーライリリー社はロックウェル・オートメーションのFactoryTalk®ソフトウェアスイートを選択し、Allen-Bradley®のControlLogix®コントローラと組み合わせて視覚性とデータ管理ソリューションを提供します。シームレスなシステム全体のデータフローは統合された運用技術(OT)と情報技術(IT)で保護されました。

FactoryTalk View Site Edition (SE)ソフトウェアとVMware View®を共に使用することで、クリーンエリア外からでもHMIシステムにアクセス可能できるようになります。プロセスおよび企業の基幹ネットワークを使用するユーザは、これで生産パラメータを見て、どこからでもトラブルシューティングを実行することができるようになりました。

仮想化されたシンクライアントアーキテクチャは、特に将来のシステム更新およびHMIクライアントの復旧中に、機器のライフサイクル管理を改善します。各生産エリア専用のサーバスペースは、あるスイートを変更しても別のスイートに影響しないことを意味します。

シャー氏は次のように述べています。「仮想化されたHMIシステムは、復旧の痛みを取り除きました。何らかの理由でシンクライアントがダウンした場合、新しいクライアントはIPアドレスを使用してほぼ自動的に接続できます。サーバがダウンしても、冗長システムがあります。 すぐにセカンダリサーバがアクティブになります。」

FactoryTalk Historianアプリケーションはマシンレベルにある重要なデータの集まりを保護し、その後サイトレベルのサーバに送信します。機器がシステムに接続されている場合、このヒストリアンは一定のローリングウィンドウのデータをキャプチャします。イーライリリー社は、ネットワークやサーバに障害が発生した場合でも、この情報を常に保持しています。

確認中

作業者がワークステーションから解放されたことで、生産の小康状態が解消されました。

シャー氏は次のように述べています。「プラントが年中無休の24時間体制で稼働している場合、従業員の効率が不可欠です。スイートの外部に拡張されたアクセスにより、人々は他の責任に集中することができます。」

リリーブランチバーグ工場の生産性の向上には機器のキャリブレーションが容易になったことが含まれます。かつて2人を必要としていたことは、機器でモバイルHMIクライアントを持つ一人によって達成できるようになりました。現在、スーパーバイザはリモートで本番実行のステータスをチェックし、予定どおりかどうか、他のチームが必要な手順を開始しているかどうかを確認できます。

ヒストリアンの基盤へのリモートアクセスによって、生産データの分析を担当する製造技術グループが恩恵を受けています。現在のバッチを予想される標準と比較することは、プロセスが適切に実行されているかどうかを判断するのに役立ち、パラメータを変更してプロセスをテストできるようになりました。

HMIワークステーションの復旧には4~8時間かかっていましたが、 その時間は5分以下に短縮されました。

イーライリリー社は新しい視覚化とヒストリアンのアーキテクチャに精通しているため、2番目のスイートと共通ユーティリティエリアお最新化の際には、開発と導入の時間を70%短縮できると期待しています。

 

ここで紹介した成果は、イーライリリー社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Allen-Bradley, ControlLogix, およびFactoryTalkは、Rockwell Automation Inc.の商標です。
Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業に所有されています。

VMware Viewは、VMware Inc.の商標です。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案