Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

スウェーデンのクラフトビール醸造所向けのシンプルで最適なソリューションを提供するためにオートメーションの複雑さを克服

使いやすいソフトウェア、最適なハードウェア、明確なメッセージ機能により、演算式から技術的なノウハウが不要に

Main Image

課題

  • スウェーデンのクラフトビール醸造所は、オートメーションが生産のハードルを解決できることを知ったが、その規模と技術的な能力の点で最適なソリューションが必要でした。

ソリューション

結果

  • 緊密に統合された小規模オートメーションソリューション
  • 所有コストとコンポーネントコストの低減
  • 生産情報と問題解決のためのおり大きく明確なHMI
  • 修正と更新のための使いやすいソフトウェア
  • 技術的な知識は効果的な運用の障壁ではない

過去数年間にわたって、マイクロブルワリーとクラフトビールのブランドの世界的な成長が爆発的に拡大し、特に北米とヨーロッパの多くの国で過去10年間で2桁の成長が見られました。

こだわりのあるビールを飲む人は大量生産された市販のブランドではなく、専門的なニッチな醸造酒を選ぶため、アルティザンビアの魅力がこの成長を後押ししました。この急速な成長をサポートしているのは、マイクロブルワリーやクラフトビール醸造所の設立と運営が比較的簡単であるという事実です。

大規模な醸造コングロマリットの一部は、この分野での足場を維持および拡大するために小規模な事業を急いでいるため、この上昇傾向も継続するように設定されています。しかし、多くのクラフトビール醸造所は独立したままでいることを望んでいます。彼らは決して大企業では引き受けることができないことを知っており、人気になった素晴らしいビールを提供することができます。

人気による「問題」は、成長が促されることです。そして、クラフトビール醸造所が品質に影響を与えることなく生産を拡大したり、効率を高めることができない限り、忠実なお客様を遠ざけてしまうリスクを抱える一方で、バッチと配送の問題による財政問題の可能性にも直面することになります。

効率が得られることに気付いたクラフトビール醸造所の1つは、スウェーデンのセーレンに本拠を置くSälens fjällbryggeri社でした。ヘッドブリュワーであるソフィア・ベルクヴィスト氏が、瓶詰め段階がプロセスの他のステップに比べて不均衡に長い時間がかかることを認識し、醸造所のサイズと生産量に対応するオートメーションソリューションを組み込むことを検討しました。

このプロジェクトでは、Sälens fjällbryggeri社はスウェーデンの企業であるPontum社に対応を依頼しました。スウェーデンのハンデンを拠点とする同社は、高品質の包装機器の開発で30年以上の経験を持っています。品質、シンプルさ、柔軟性に重点を置いたボトリングおよびラベリングマシン、フィードテーブル、洗浄機はすべて、クラフトビール醸造所と密接に協力して設計されました。

課題

クリーンな状態から始めると、多くの産業用アプリケーションよりも課題が少なくなりますが、この例では、対処する必要がある3つの問題がありました。まず、醸造所はそれほど大きくなかったため、新しい機械を既存の施設内に収める必要があり、既存のフローやアクセスを複雑にしたり妨げたりすることもなくす必要がありました。

また、マシンは使いやすいものでなければなりませんでした。ベルクヴィスト氏は次のように説明します。「私たちはエンジニアではないので、すべてを整理するのは私です。テクノロジが私を混乱させるのであれば、私は怒っている醸造家になるでしょう!

最後に、醸造は経験と知識に基づく芸術であり、生来の共感と成分とプロセスの理解に結びついています。そのため、自動化されたソリューションは、瓶詰めプロセスに先行する「魔法」にほとんど影響を与えないようにする必要があります。理想的には、より良く、より効率的になりますが、人的要因のプラスの影響を排除したり損なったりすることはありません。

ソリューション

Pontum社のオーナであるマグヌス・カールスバーグ氏によると、「私たちの機械を使いやすくする一方で、購入の背景にある元のビジネス目標を満たした技術が必要です。FK1ボトリングマシンはもともと別のサプライヤの制御システムを使用して設計されていましたが、このサプライヤから受けるサポートが十分ではなく、マシンの設計、開発、およびその後の供給が妨げられていたため、オートメーションソリューションの新しい供給元を検討しました。その結果、ロックウェル・オートメーションとの連携を開始しました。」

ロックウェル・オートメーションはより多くのコントローラを提供してくれたため、マシンのニーズにより近い最適なソリューションを得ることができました。

ロックウェル・オートメーションのエンジニアはAllen-Bradley®のコンポーネントに基づいて新しい部品表を開発し、コンポーネントの合計価格を下げると同時に、エンドユーザの総所有コストを削減することができました。よりスマートなドライブアプリケーションは、コンベアとキャップの選別機用に2台のAllen-BradleyのPowerFlex® 4Mドライブを採用して開発されました。また、カスタマイズされたシンボルライブラリを備えたHMIソリューションと同様に、より使いやすいユーザインターフェイスになりました。

カールスバーグ氏は次のように続けます。「ロックウェル・オートメーションがより広い範囲のコントローラを提供してくれたおかげで、マシンのニーズにより近い最適なソリューションを得ることができました。Allen-BradleyのMicro800™ PLCはより経済的であるだけでなく、必要とするスペースも少なく、補助カードも少なくて済みます。また、PLCから直接空気圧システムを制御することもできます。」

さらに続けます。「私たちのお客様はConnected Component Workbenchソフトウェアも利用できます。クライアントのいずれかが更新を必要とする場合、私は彼らにプログラムをメールで送るだけで、残りは自分で行なうことができます。コーヒーマシンを起動することさえできないクライアントがいましたが、このソフトウェアを使用してプログラムをダウンロードして展開できました!」

結果

カールスバーグ氏は次のように詳しく説明します。「私たちは、すべてのマシンをロックウェル・オートメーションの制御アーキテクチャに移行したいと考えています。より大型のAllen-BradleyのPanelView™ 800 HMIは、より直感的なディスプレイを開発できることを意味します。ディスプレイを大きく明確にすることで、アラームと修復活動の両方のメッセージを配信する余地が増え、生産上の問題を特定して解決するために必要な技術的知識の一部が必要なくなります。このタイプの可視性は、このテクノロジにとって非常に強力な側面となります。」

ベルクヴィスト氏がこれに付け加えます。「HMIは、上限を超えるなど、何か問題があるかどうかを示します。それが示す最も重要なデータは、マシン内およびボトル内の正確なCO2圧力です。この情報を使用して、フローバルブと充填レベルを制御し、画面からの情報に基づいて、他の小さいながらも役立つ調整を行なうことができます。すべてのビールは異なり、独自の個性を持っています。テクノロジの助けを借りて、瓶詰めしているビールに基づいて、他の方法ではなく機械を調整できます。」

「これはこの若い醸造所で最初のボトリングマシンであるため、私たちにとって非常に重要です。しかし、別の自動化されていない機械で作業して気づいたのは、この醸造所では廃ビール、つまり専門用語では「スタッフィ」と呼ばれているものがあまり見られないということです。」

彼女は次のように結論付けました。「私には技術的な問題を理解する時間と忍耐はありません。テクノロジに関する私の経験は非常に限られています。一般的な泥臭い構造や、よくあるアラウンドザハウスタイプの修正を実施することもできましたが、Pontum社が提供してくれたプログラムはそれがまったくばかげた行為であることを示してくれました。私はそれを学ぶことに何の問題もありませんでした。」

上記の結果は、Sälens fjällbryggeri社とPontum社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

Allen-Bradley, Micro800, PanelView, PowerFlex, およびRockwell Automationは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業が所有しています。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案