Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

コンビネーションシステムがスペースを節約し、稼働時間を促進

高度な安全と分析を使用して、Aagard社は統合されたカートナ、ケースパッカー、 パレタイザシステムでエンド・オブ・ライン・オペレーションを最適化

과제

  • カートンを実行するためのコンパクトで柔軟で効率的なエンド・オブ・ライン・ソリューションを提供

솔루션

결과

  • カートナ、ケースパッカー、パレタイザ用の共通フレームでフロアスペースを節約
  • 生産性の向上 – 一般的なダウンタイムイベントの継続時間を数分から数秒に短縮
  • 複合アプリケーションをモニタするために1人のオペレータしか必要ない
  • 切換え時間を短縮
  • 機械性能の分析と予知保全を可能に

どこのプラントフロアでもスペースは貴重ですが、既存の施設を更新または再利用することになると、スペースの制約は製造メーカや機械メーカにとっても特に課題になる場合があります。

Aagard社のテクニカルセールス担当のバイスプレジデントであるジェイソン・ノーリエン氏は次のように述べています。「古い製造工場、特に密集した都会の環境では、自分が持っているスペースを利用しなければなりません。また、以前は手作業による二次包装プロセスに頼っていた企業は、自動機器用のスペースが非常に限られていることがよくあります。」

通常、カートナ(ボール箱製造機)、ケースパッカー(箱詰め機)、 パレタイザなどの作業には複数の機械が必要になるため、二次包装ラインの設置面積が大きくなる可能性があります。スペースの課題を対処するために、Aagard社は独自のアプローチをとり、1つの共通のマシンフレームに複数の機能を備えた統合コンビネーションシステムを提供します。

1997年に設立されたAagard社は、Fortune 500の食品会社から生産を立ち上げるスタートアップまで、多岐にわたるお客様に合った革新的なエンド・オブ・ライン・ソリューションを提供しています。同社は、ミネソタ州アレクサンドリアの施設でコンビネーションシステムとスタンドアロンの機器の両方を設計および製造しています。

省スペース設計

カートン用のコンパクトな高速ソリューショに対するの業界のニーズに対応して、Aagard社は最近Aspireラインのコンビネーションシステムに新しい製品を追加しました。新しいAspire CCPは、コンビネーションカートナ、ケースパッカー、およびデュアル・パレタイザ・システムです。

ノーリエン氏は次のように述べています。「最初に、この機械は自社工場内に約12の包装ラインをお持ちのお菓子メーカのお客様向けに開発されました。彼らは、各ラインの終わりで小さな箱のキャンディを処理するための高速インフィードを備えた柔軟なシステムをお求めでした。」

製品のカートンは上流の一次包装装置からコンベアを介して直接Aspire CCPシステムに入ります。高速スタッキングアセンブリを使用して、システムは小売用のカートンに適した梱包パターンを作成します。カートンは組み立てられ、充填され、そして密封されます。そして、ケースパッカーに向かう途中で品質検査ステーションを通過します。

ケースパッカーは梱包パターンを作成し、直立した段ボールケースを小売用の段ボール箱を入れます。ケースは密閉され、マシンの最終セクションに進みます。ここでは、デシュアル・サーボ・ガントリ・パレタイザがケース・バイ・ケースでパレットを作り、それらを排出します。

Aagard社のAspire CCPは、複数マシンを使用する従来のラインよりも50%以上小さな面積で、1分間で30個の小売用のカートンと10個のケースを梱包します。この速度を達成するために、マシンはインフィードで1分間に635個の製品のカートンを処理します。

最適なパフォーマンス 高度な安全

「私たちは小さな設置面積のマシンを製造していますが、それは優れた機能を備えた優れたパフォーマンスのシステムです」と、ノーリエン氏は語ります。

パフォーマンスを最適化するために、Aspire CCPはAllen-Bradley®のGuardLogix® 5580セーフティコントローラKinetix® 5700サーボドライブによって可能になる高度な安全機能を備えたRockwell Automation®の制御プラットフォーム上に構築されています。サーボドライブの安全モニタ機能のおかげで、停止するかわりに、パレタイザベイのドアを開いて障害物を取り除くと、機械は安全な速度状態になります。その結果、マシンは再起動手順のすべてを行なうことなく生産を再開することができます。

ノーリエン氏は次のように述べています。「さらに、私たちはマシンのさまざまな部分に安全ゾーンを設けました。そのため、ダウンタイムイベントの影響を直接受けないセクションでは重要なオペレーションをそのまま行なうことができます。」

高度な安全機能によって、パレット上の傾斜ケースの調整などの軽微なイベントにより発生するダウンタイムを、5分以上から約15秒にまで短縮することができます。

1人のオペレータによるモニタシステム

EtherNet/IP™ネットワーク上で統合されたこのマシンには、コンベアを動かすAllen-BradleyのPowerFlex® 525 ACドライブも含まれています。このコンビネーションマシンは、1台のAllen-BradleyのPanelView™ Plus 7グラフィックターミナルでモニタされています。ノーリエン氏は次のように述べています。「当社のすべてのお客様が、熟練した労働者を従事させるのは困難です。従業員の課題に対処するために、1人のオペレータが1台のHMIで3つのオペレーションすべてをモニタできるように機器を設計しました。」

また、1人のオペレータがレシピ駆動のインターフェイスから切換えを管理でき、ツールの変更やアセンブリの調整を処理できます。通常は、機器の切換えには10から15分かかります。

アプリケーションに応じて、Aagard社はオプションの自動化パッケージを提供しており、ボタンを押すだけで簡単に切換えることができます。

将来を見据えた分析

最後に、Aspire CCPは、エンドユーザに対する性能保証の文書を可能にするためにすぐに総合設備効率(OEE)をもたらすように設計された分析機能を備えています。

ノーリエン氏は次のように述べています。「ただし、高度な分析が実際にお約束できることは予知保全であり、これによって稼働時間をさらに延ばすことができます。この制御プラットフォームによって、私たちはその方向に前進することができます。」

ロックウェル・オートメーションが機械および装置メーカのパフォーマンスを向上させる方法をご覧ください。

 

Allen-Bradley, GuardLogix, Kinetix, Listen.Think.Solve., PanelView, PowerFlex, Rockwell Automation, およびRockwell Softwareは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。EtherNet/IPは、ODVA, Inc.の商標です。Aspireは、Aagard Groupの商標です。Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業に所有されています。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You