Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

オートメーションにより250エーカーの石油タンクファームの運用を合理化

マーベリック・テクノロジーズ社は仮想化されたPlantPAxソリューションを実装し、リスク管理を改善

과제

  • 米国の液体石油販売業者は新しく取得した主要石油貯蔵施設の自動化を必要としていた。

솔루션

  • 生産インテリジェンスを備えた仮想化されたPlantPAxシステム - 事前テストおよびトレーニング用のシミュレーションソフトウェアと統合する直感的な最新のDCSプラットフォーム
  • 統合が容易な構成済みのオブジェクトおよびフェイスプレート
  • システムは、プラント全体のデータを収集して報告することにより生産インテリジェンスを提供
  • ロックウェル・オートメーションの1社であるマーベリック・テクノロジーズ社が、システムを設計して実装

결과

  • 実装コストの削減 - PlantPAx DCSおよびロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリにより実装が容易になり、コストを半分に削減
  • 迅速なオペレータのトレーニング - 直観的なシステムプラットフォームとシミュレーションソフトウェアにより、オペレータのトレーニングを1日に短縮
  • トラブルシューティングが簡単 - 統合された生産インテリジェンスにより、リアルタイムデータへの洞察を提供し、トラブルシューティング時間を短縮

戦略的な場所

米国最大の独立液体石油販売業者の1つが、東海岸の250エーカーを占める海洋石油ターミナルを運営しています。2012年には、忙しいターミナルを買収して事業を拡大しました。買収したターミナルのタンクは、400万バレル以上の石油製品を収容でき、戦略的に水路、パイプライン、鉄道、トラックを経由して容易に輸送できるように米国の主要港に配置されています。

特にターミナルから伸びるパイプのネットワークを通る油のスムーズな流れは、保管中の油やその他の製品の正確な制御にかかっています。

新しく取得した施設の更新

多くのタンクファームと同様に、ターミナルは取得時に手動で操作されていました。そのため、オペレータは施設全体を運転または歩いて回り、バルブを手作業で開閉し、メータやその他の計測機器をチェックしていました。

手動プロセスは、施設全体で複数の運用上の矛盾を引き起こす可能性がありました。何百ものバルブとメータを正確に追跡する方法がないと、バルブが間違ったタイミングで開いたり閉じたりする可能性があります。これはプラントの混乱を引き起こすだけでなく、下流のパイプラインに影響を与え、最終的にパイプラインのシャットダウンを引き起こす可能性があります。

施設を取得した後、石油販売業者は、ターミナル全体での運用と運用および保守が容易な標準を実装することを決定しました。また、データが簡単に追跡および追跡できるようにして、障害が発生した場合のオペレータのトラブルシューティングを容易にする方法も求めていました。

さらに、施設のサーバとその他の情報技術(IT)は最近の発生したハリケーンで損害を受けました。将来的に同様の損害を防ぐために、新しい自動化システムに冗長性を組み込む必要がありました。

新しい標準の設定

石油販売業者はロックウェル・オートメーションの1社であるマーベリック・テクノロジーズ社と協力して、ロックウェル・オートメーションの仮想化されたPlantPAx®分散制御システム(DCS)を設計し実装しました。ターミナルのオペレータが自動化にあまり慣れていないことを念頭に置いて、エンジニアはその使いやすさと直感的なプラットフォームのためにPlantPAxシステムを選択しました。

ロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリ(コントローラコード、表示要素、フェイスプレートの事前定義済みライブラリ)を活用して、マーベリック・テクノロジーズ社はシステムのプログラミングと実装を容易にしました。ベンダーによって開発およびサポートされている標準のPlantPAxシステムコードにより、統合チームによる迅速な構成が可能になりました。

マーベリック・テクノロジーズ社のシニアエンジニアであるデビッド・コルティーボ氏は次のように述べています。「PlantPAxシステムは取得した石油ターミナルでの新しい標準の明らかな選択肢でした。最新のDCSソリューションのあらゆる要素は事前にテストされており、大幅なカスタマイズや改造は必要ありません。」

オペレータのオンボーディングとトレーニングを容易にするために、マーベリック・テクノロジーズ社はPlantPAxシステムのプロセスのシミュレーションおよびI/Oシミュレーションを使用しました。施設のマネージャは、ソフトウェアを使用して、完全な実装の前に制御システムとアラームを事前テストし、プラントの現実的なシミュレーションを通じてオペレータをトレーニングできます。

「シミュレーション技術は石油販売業者に保険を提供しただけでなく、トレーニングはオペレータにとって貴重であり、アラームテストはメンテナンスチームにとって非常に貴重なツールでした」と、コルティーボ氏は述べています。

統合されたヒストリアンと生産インテリジェンスソフトウェアにより、オペレータがシステム・パフォーマンス・データを見ることができるようになります。ヒストリアンソフトウェアは、プロセスの流れや統計バルブ情報などの貴重なデータを収集し、レポートやトラブルシューティングのためにデータをアーカイブします。生産インテリジェンスソフトウェアは、データを解釈して包括的なトレンドを示し、リアルタイムの電子レポートを作成します。

このソフトウェアは、安全なリモートシステムのアクセスとモニタを可能にする堅牢なセキュリティモデルも提供します。年中無休24時間体制のサービス契約を通じて、マーベリック・テクノロジーズ社は遠隔地から異常またはアラーム通知についてシステムをモニタできます。この分離型セキュリティモデルは、すべての販売代理店企業のクライアントに、施設に保存されている自社製品を取り巻くデータへの個別のリモートアクセスも提供します。

最後に、マーベリック・テクノロジーズ社のエンジニアリングチームは、VMware®仮想化アーキテクチャに完全に冗長化されたPlantPAx サーバを実装しました。現地のサーバは、リモートマシンで完全にバックアップされています。

「仮想化は、ハリケーンのような将来の壊滅的なイベントに対するリスク管理を提供します。これはソリューション全体の重要なコンポーネントです」と、コルティーボ氏は述べています。

オペレータの洞察の向上

新しいシステムにより、海洋石油ターミナルでの統合が容易になりました。プロセスオブジェクトの構成済みのライブラリは、システムの設計および実装プロセス中にマーベリック・テクノロジーズ社を支援しました。

コルティーボ氏は次のように述べています。「従来のDCSは複雑で実装に費用がかかります。PlantPAx DCSの構成済みツールを使用して、実装時間を短縮し、新しいシステムの実装に関連するコストを半分に削減することができました。」

システムの直感的なプラットフォームと内蔵されたシミュレーションソフトウェアにより、オペレータのトレーニングプロセスが容易になりました。従来のDCSは、操作するための深いシステム知識とデバイスを構成するための高度なスキルセットを必要としますが、PlantPAxシステムは使いやすいです。「ターミナルのすべてのオペレータは手動操作の経験を持っていましたが、わずか1日のトレーニングだけで制御システムを理解できるようになりました」と、コルティーボ氏は述べています。

新しいシステムは、バルブを自動的に制御することができ、オペレータが1日を通して手動で各バルブを開閉するのに費やす時間をなくしました。さらに、オペレータはリアルタイムの動作データを直接考察して、開いているバルブ、開いた時間、開いている時間などを簡単に追跡できるようになりました。オペレータは、すべてのデータを追跡できるようになり、プラントの混乱の時期と方法を確認でき、トラブルシューティングの貴重な時間を短縮できました。

上記の結果は、この企業での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

PlantPaxRockwell Automation Inc.の商標です。

VMwareはVMware Inc.の商標です。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You