Loading

성공 사례

Recent ActivityRecent Activity

IIoT教育によりスマートマニュファクチャリングを促進

과제

  • 次世代のスマートマニュファクチャリングの人材を育成するために産学連携を構築すること

솔루션

  • スマートマニュファクチャリングの教育 - ロックウェル・オートメーション台湾と逢甲大学(FCU)は、スマートマニュファクチャリングを促進するためのIIoT教育を共同開発

결과

  • スマートマニュファクチャリングの人材 - 産業の課題に取り組むために適任な次世代のスマートマニュファクチャリングの人材を育成
  • 産業の移行 - 大学から産業界へのシームレスな移行

スマートマニュファクチャリングの人材のトレーニングは教育から始まります。包括的な産学パートナシップを実施することにより、次世代のスマートマニュファクチャリングの人材の育成を支援できます。

伝統的な製造技術のスキルと能力のある経験豊富な人材のおかげで、台湾は製造業界で強力な地位を築きました。この強力な基盤は、今日にいたるまで産業界での台湾の評判を確固たるものにしました。

しかし、伝統的な製造技術は頂点に達し、今や、次のレベルに到達するのにはどのようにしたら良いかと問われるようになってきています。インダストリ4.0と産業用モノのインターネット(IIoT)はグローバルに急速に進化し、世界のサプライチェーンのハブの中心として、台湾はスマートマニュファクチャリングでさらにいっそうの技術革新を必要としています。

企業と大学間のコラボレーションは、イノベーションエコノミーの極めて重要な原動力です。そのため、ロックウェル・オートメーション 台湾と逢甲大学は、次世代の学生にデジタルトランスフォーメーションについての学習を促すためのスマートマニュファクチャリング教育プログラムを共同開発しています。

逢甲大学(FCU)は、台中市にある私立の研究型大学です。FCUは産学連携で大きな成功をおさめ、多数の商用製品の研究と開発を成し遂げ、 積極的に教員と学生に独自のビジネスを追求することを奨励しています。

次世代のスマートマニュファクチャリング

スマートマニュファクチャリングと産業活動は、新たな次世代の動向を取り込んでいます。この新しい動向とは、常時モニタされ、最適化される高度に接続されたIIoT対応のデバイスとプロセスです。これには、分析ツールやモバイルから協調型機械に至るまでの新たな破壊的技術を使用することが必要となります。

これらのテクノロジは互いに交信し、内部および外部の状態に適応します。また、スマートオペレーションは、柔軟で効率的な、応答性が高くセキュアなオペレーションを構築するために、これらのテクノロジを最大限に活用する新たな戦略を必要とします。教育は、製造メーカがこれらの新しいテクノロジを取り込むことを支援する重要な実現要因です。

ロックウェル・オートメーション 台湾のゼネラルマネージャであるチャールズ・タムは、台湾の製造業には、今なお直面する外部的な数多くの課題があると説明し、次のように述べています。「特に、今でも従来の製造技術に縛られている多くの企業があります。また、コスト効率や価格競争のコンセプトに注意を集中する傾向があります。」

今後の課題は、次世代の台湾の製造業の人材が最新のスマートテクノロジを採用してこれらの問題を解決するのを支援することです。

スマートマシンを教室に持ち込む

FCUの革新的な環境は、台中市に存在する非常に多くの機械装置メーカ(OEM)と共に、次世代の学生がデジタルトランスフォーメーションについて容易に学ぶことができる最善の選択肢です。

逢甲大学の総長であるリー・ビンジーン氏は次のように述べています。「世界は急速に変化していて、産業界は新しいテクノロジへの移行を追及しています。これらのニーズに対応するために、FCUは学生を教育し、次の段階の産業のアップグレードと移行に参加できるようにします。当大学はロックウェル・オートメーションとスマートマニュファクチャリングの教育プログラムを共同開発し、革新的な人材を育成して、社会と産業のアップグレードと移行に参加できるようにします。」

理論を実践に

このイノベーションモデルは、最新の産業用オートメーション設備を使用して、学生が講義と実地訓練を組み合わせるチャンスを提供します。FCUは、以前はインダストリ4.0とスマートマニュファクチャリングの最新知識を欠いていましたが、今ではロックウェル・オートメーションが提供したリソースを活用できます。これにより、学生はキャンパスで学んだ後に、産業界にシームレスに移行して将来的に優れた人材として職場に加わることができます。

FCUは、さらに現実世界で経験を積んだ産業界からの人材を教師として雇い、学生が彼らの知識を学ぶことができるようにしています。PLCやロボットプログラミング、およびオペレーションやインダストリ4.0のさまざまな分野で利点があり、学生は多くの分野で学ぶことができます。

タムは次のように述べています。「実際、逢甲大学は当社にとって最初のステップです。当社のビジョンは、人間の可能性を広げるスマート・マニュファクチャリング・テクノロジのリーダになることなので、台湾のすべてにこのテクノロジを広めていきたいと考えています。当社はともに参加し、ともに働く学生を求めています。」

さらに、ロックウェル・オートメーションとFCUは、大学内にアプリケーション開発センターを共同設置したいと考えています。このセンターは、学校で学んだデジタルトランスフォーメーション知識をさまざまなアプリケーションや産業に適用する方法に焦点を置いています。究極の目標は、産業の課題に取組み、お客様がスマートマニュファクチャリングを実装するのを支援することです。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You