Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

人材活用、および新時代の機械装置メーカ(OEM)の価値

装置および機械メーカは、お客様の人材の課題に対処するために、設計、機械知能、機械装置メーカ(OEM)の提供するサービス内容を再検討しつつあります。その結果として、多くの企業は新たな収益源を生み出しています。

現在の産業は、熟練労働者の不足と高い離職率から接続性とIoTの発達へと急速に変化しつつあります。技術革新は、直感的なテクノロジとパートナサポートを使用して社内での経験と組織に蓄積される知識を増強するように駆り立てます。

結果として、機械メーカは拡張した役割を演じることを要求されます。そこでは、機械メーカは装置の全ライフサクルにわたるお客様のオペレーションをサポートします。お客様の人材の課題を解決しょうとすればするほど、装置やパートナシップはますます将来を見据えたものにならざるをえません。

必要が技術革新を駆動

大量生産メーカは、短期化する生産とより煩雑な生産の切換えに直面しています。消費者向け製品や工業製品はますますカスタマイズされています。天然資源は獲得するのが一層難しくなり、しかも処理するのに一層時間がかかります。こうしたことすべてが、製造メーカが雇用する各従業員の生産性を最大化するための新しい方法を発見するニーズを作り出します。

装置メーカや機械メーカとして、機械装置メーカ(OEM)はオートメーションの拡大および機械設計の改良を手伝うことができます。多様な人材のために安全、効率、適応性を最大化するための方法を見つけることは、企業の長期の存続のために極めて重要となります。例えば、これまで機械装置メーカは以下のようなことを成し遂げるのを支援してきました。

  • オートメーション化の推進により、怪我に結び付く手作業や反復作業を削減する。
  • ボタンひとつで迅速かつ正確なセットアップでき、生産の切換えができるテクノロジを活用する。
  • 新技術をサポートし、もっと充実した、より高価値の、より高度な任務を引き受けることができるようにオペレータや技術者の技能を向上させる。

スマートマニュファクチャリングをよりスマートに

製造メーカは接続性を最終目標ではなくて出発点としてとらえているため、スマートマシンとスマート機器は以前よりも一層大きな役割を果たしています。これは、人材の課題に対応するための情報にアクセスし、その情報に従って行動するかつてないチャンスを作り出します。

  • リアルタイムの生産データは収集され、各従業員に状況に関連して提供され、経験の浅い労働者のために複雑さを軽減します。
  • 組み込まれた知的財産のテクノロジは、オペレータが操作する装置から、オペレータを指導する装置へとパラダイムをシフトできます。
  • 拡張現実はワークフローをデジタル化し、装置をサポート、保守、操作し、最も経験の浅い労働者でさえも作業できるようになります。

従来の領域外を見る

最近の「The JOURNAL Magazine」の記事は新たなサービスの提供により収益と顧客価値を上げることを期待している機械装置メーカの話を取り上げていました。このメーカはお客様の課題から始めました。人材の維持と拡大が課題でした。リモート検査サービスの開発によって、機械装置メーカは、社内で人員を調達できないお客様のニーズを満たすことができました。機械装置メーカは、まず重要なスキルギャップを見つけることから始め、改善したマシンパフォーマンスによりROI (投資利益率)の向上を証明しました。その結果、お客様はプログラムの継続と拡大を決定しました。

この例のようなリモートサポートとモニタサービスは、重要工程、24時間体制の生産、およびリモートオペレーションにとって特に重要です。これまで紹介したような機械装置メーカによるいくつかのサービスの提供は成果を上げており、その中には以下のような例が挙げられます。

  • 現場のメンテナンスチームを継続的な機械のモニタ、ダウンタイムの防止、および年中無休24時間体制のサポートで補完する。
  • リモート操作で、危険な望ましくない場所に立ち入らせないようにし、従業員の安全を守ることができる。
  • トラブルシューティングの際に、トラブルシューティング用に拡張現実(AR)を使用して、経験の浅い労働者を離れた場所にいる専門家に接続する。

機械装置メーカのサービスは片手間の仕事ではない

こうしたサービスを大規模に展開するには、これを戦略的なビジネスモデルの一部にする必要があるでしょう。片手間にできることではありません。

事業として実行する場合、サービス内容合意書に適合し、お客様の期待を満足させるために、上層部からの確約が必要で、人材とテクノロジに対する投資が必要でしょう。ここが、月極のサービス契約と、信頼できる収益源の出番です。

幸運なことに、リモート接続とサイバーセキュリティの進歩により、この新たな収益減が多くの機械メーカとって可能になります。このビジネスに対する確信が大きくなり、インフラの土台と接続性が構築されるにつれて、機械装置メーカのサービスが付加価値を追加するチャンスが同様に大きくなります。

こうしたことのどれもが、設備の構築や、今あるお客様のビジネスを成功に導いたものを止めるべきだということを意味しません。とはいえ、将来価値は継続的な差別化を必要としています。今が、お客様のニーズに注意深く耳を傾け、ニーズに合わせ、ニーズを先取りする時期です。事業の手を広げ、差別化し、人材の課題を解決する機能に投資しましょう。そして、この将来のビジネスモデルの実現を支援できる信頼できるパートナを見つけましょう。

2021225日~33日に開催予定のinterpackにて、インタラクティブな新しい世界とまったく新しい次元の包装と処理を体験してください。


Sherman Joshua
Sherman Joshua
Global Competency Business Director, Rockwell Automation
Sherman Joshua
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You