Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

ワイヤレスはコネクテッドマインを可能にしてパワフルにする

Main Image

鉱山事業者は彼ら独特の窮地に直面しています。彼らは、より優れたデータアクセス、リアルタイム分析、自律システムやサービスなどにより、接続された鉱山の価値を享受したいと考えていますが、その運用はおそらく世界で最も確実に接続することが困難です。

結局のところ、採掘作業は遠距離に及ぶだけでなく、通信インフラが最小限しか存在しないか、まったくない遠隔地(地下を含む)にあることがよくあります。

その上、絶え間なく掘ったり爆破したりすることで、通信を行なう必要があるように常に景観が姿を変えています。

安全と生産性の両方にとって重要な、オペレーションを接続するだけでなく、ネットワークの稼働時間をどのように維持するのでしょうか?

まず、適切な基盤が整っていることを確認する必要があります。これには、情報技術(IT)システムと運用技術(OT)システムを単一の統合ネットワークインフラに統合する必要があります。

これにより、情報のサイロが解消されるだけでなく、鉱業全体でシームレスな情報共有が可能になります。

統合されたネットワークインフラを導入すると、ワイヤレスメッシュ通信を実装して、人、場所、テクノロジを接続できます。ワイヤレスは、地上や地下のどこにでも到達できるため、トラックや電車から地下の作業者、分析ツールまで、業務のあらゆる側面を接続するのに特に理想的です。

しかし、ワイヤレスはコネクテッドマインを接続する以上のことを行なうことができます。また、鉱山の新機能をサポートして、効率の向上、安全の向上、コストの削減を支援できます。

離れた場所にいる人をつなぐ:ダウンタイムが発生した場合、問題を迅速に解決するために、従業員が即座に情報を利用できるサポートを受けることが不可欠です。採鉱作業における無線通信は、作業者を適切な人と、どこにでも接続でき、ダウンタイムが発生した場合のトラブルシューティングを迅速化するのに役立ちます。

自律輸送の導入:いくつかの鉱山会社がすでに自律型のトラックや列車を使用していて、効率的な輸送と安全の利点を提供していることは秘密ではありません。ワイヤレスを使用して自律輸送を導入することで、作業者の出張の数を減らし、生産目標に再び集中することができます。

緊急状態にある従業員の特定:リストバンドやヘルメットなどの地下採掘設備に組み込まれたセンサは、緊急時に従業員を迅速かつ正確に特定するのに役立つ多くの方法の1つです。このテクノロジはリスクの高い環境でも役立ち、爆風などの危険な作業の前にすべての従業員が安全な場所にいることを確認するのに役立ちます。

地下の換気設定の調整:オンデマンド換気(VoD)システムは、人や走行中の車両の存在を感知し、それに応じて設定を変更できます。これにより、現場の安全が向上するだけでなく、エネルギーコストの削減にも役立ちます。

鉱山の環境にワイヤレス通信を導入することは困難な場合がありますが、危機に瀕している価値や競争上の優位性を否定することはできません。コネクテッドマインを展開するための適切なコースを決定するために、オートメーションおよびIT

コネクテッドマインでワイヤレスを使用するための多くの利用可能な無料のリソースとベストプラクティスを確認することも価値があります。鉱業オートメーションソリューションについてご覧ください。


Paul McRoberts
Paul McRoberts
Regional Manager, Industry Mining, Metals and Cement , Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案