Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

IIoTの価値は何ですか? 鉱夫はなぜそれを受け入れるべきなのでしょうか?

Main Image

次の産業革命はここにあります。新しいテクノロジとオートメーションソリューションは、採掘業務を進化させる触媒であり、よりつながりやすく、効率的で生産性の高いものになります。

鉱山のパフォーマンスを最適化するために、鉱夫は最初に変化を受け入れる意思がなければなりません。モノのインターネット(IoT)を受け入れます。

IoTとは何ですか?

従来、IoTはインターネットに接続されたあらゆるものを包含するために使用されていました。しかし、今日では、データを収集、交換、転送できる接続された「モノ」の配列を定義するためにますます使用されています。これには、スマートセンサ、インテリジェントデバイス、採掘操作を制御する完全な統合システムおよび機器が含まれます。

IoTのサブカテゴリである産業用IoT (IIoT)は、鉱業などの産業用アプリケーションの要件により厳密にフォーカスしています。

私は鉱夫です。IIoTにはどのようなメリットがありますか?

特定の技術の採用に飛び込む前に、鉱業会社はまずビジネス戦略にフォーカスしなければなりません。あなたはどのような課題を解決しようとしていますか? どのプロセスを改善しようとしていますか?課題、期待される結果、ビジネス目標は、適切なIIoTプラットフォームまたはテクノロジを特定するのに役立ちます。

これらの問題に対処するために、採掘作業の課題とそれに対応する「クイックウィン」プロジェクトの3つの仮説例を取り上げます。

1. ディーゼルは鉱山の主要な運用費用として特定されましたが、運用チームは、各設備資産によるタンクレベルと消費量の全体像を把握していませんでした。その結果、チームは潜在的な貯蓄の機会を特定できませんでした。
ソリューション: ディーゼルおよび潤滑油消費量の可視性とトレーサビリティを向上させるための情報ベースのレポートソリューション

2. また、気象、ほこり、騒音などに関するリアルタイムの情報、アラート、および履歴トレンドもありませんでした。したがって、環境モニタシステムが有効なソリューションであると判断します。

3. さらに、同じ年に一次破砕機が3回故障しました。そのため、障害が発生する前に予測できるように、破砕機用の基本的な状態モニタソリューションの実装を検討します。

理論的には、この鉱業会社はこれらの課題を解決し、上記のソリューションを実装するためにスマートセンサに頼ることができます。

しかし、それほど簡単ではありません。

  • センサからデータを収集して使用するには、何らかのソフトウェアまたはアプリケーションが必要です。
  • 最新のIIoTのセンサは多くの言語またはプロトコルを使用するため、選択するアプリケーションは多くのプロトコルからデータを収集および分析できる必要があります。1つだけに制限されたくありません。
  • 3つのプロジェクトは関連していないように見えますが、それぞれに異なるセンサを実装すると、3つの異なるシステムに脱線する可能性があります。孤立したシステムを作成するのではなく、鉱山の運用に統合され統合された可視性を持たせる計画をたてます。
  • 最終的に、各システムは非常にカスタマイズされているため、アドオンや改善は不可能です。

しかし、3つの異なるプロジェクトすべてに同じアプローチ(単一のプラットフォーム)を使用できるとしたらどうでしょうか。IIoTプラットフォームを検討する必要があります。

IIoTプラットフォームとは何ですか?

IIoTプラットフォームは、以下の2つの基本概念でまとめることができます。

  • 鉱山全体のさまざまなセンサ、デバイス、ネットワークおよびその他のソフトウェアから情報を収集および管理できる統合ソフトウェアです。また、視覚化および分析ツールにより、情報を目的にあったアプリケーションで使用できるようにします。
  • いくつかの既製のアプリケーションを備えたプラットフォームですが、最も重要なことは、ユーザまたはサードパーティの企業によるアプリケーションの迅速な開発を可能にすることです。
    例: 拡張現実アプリケーション、複数のソースからの情報を集約するマッシュアップダッシュボード、または機械学習アプリケーション

IIoTプラットフォームではないものは何ですか?

  • 特定のサプライヤのデバイスとハードウェアを統合するために使用される独自のソフトウェア。したがって、他のセンサとの接続または他のサードパーティの企業によるアプリケーションの開発を許可しません。
  • アーキテクチャ: 同じサプライヤからのいくつかの製品とソフトウェアが互いに対話するソリューションスタック
  • インテリジェントデバイスからデータを収集して使用する機能を備えたソフトウェア

勤勉に

IIoTプラットフォームには、鉱山全体の接続性からデータの可視性の向上まで、鉱夫にとってメリットがあることが明らかです。しかし、IIoTパートナを選択する際は、実装前に鉱業会社が勤勉でなければなりません。

ドイツの調査会社であるIoT Analytics社は、現在のグローバルIoTプラットフォームプロバイダのリストをリリースしました。現在、完全なリストには、IoTプラットフォームのプロバイダであると自認している450以上の企業が含まれています。

これらのプラットフォームの多くは特定のアプリケーションに適していない可能性が高く、一部のプラットフォームはIoTプロバイダとして認識されますが、IoTまたはIIoTの機能をまったく備えていない可能性があるため、採掘作業に最適なIoTプロバイダを選択する際には、勤勉かつ選択的であってください。


Fabio Mielli
Fabio Mielli
Market Development Manager: Mining, Metals & Cement, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案