Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

最高のインフラを使用して最高のデータを取得

それほど昔ではありませんが、ランニングに出かけた場合に、ラップタイムを計ったり、切りあげるタイミングを知るのに時計を使用していました。

数年前に進むと、時計は歩数を表示し、心拍数を測定することもできるようになりました。少し先に進むと、突然、GPSを使用した動的マップ、高度計、汚染指数、ランニング後のプロテインシェークを支払うためにNFC (Near Field Communication: 近距離無線通信規格)を持てるようになりました。これらはすべて、あなたが言及したいほぼすべてのソーシャル・メディア・チャンネルで、疲労、ルート、心拍数、運動写真を共有する新たな能力と結びついています。

この個人技術の進化は、産業界で起きていることのほぼ正確なコピーです。基本を見ると、単純に「はい」または「いいえ」の信号を提供するセンサを考えてみましょう。センサはより単純になり、単なるオン/オフデータ以上のものを共有しました。その後、このデータは量が増え、分析できるものに進化してから、ダッシュボードと共有されるため、誰もがセンサが見ているものを見ることができるようになります。

ここでは、データの収集、データの分析、データの共有が重要なポイントです。ただし、このデータは、他のユーザにとって意味のある形式で共有する価値のあるものでなければなりません。

ランニングルートからの素晴らしい眺めであろうと、少し汚れているかもしれないことを伝えるセンサであろうと、または過去50の製品が過去50の製品と比べてわずかに大きすぎたということを伝えるセンサであろうと、すべてのデータにはエンドポイントがあります。収集するデータに実際の価値を追加するのは、このエンドポイントで行なうことです。

しかし、まだあなたが何のために行くかについて少し慎重であることが必要です。誰もがスマートデバイスを作成しますが、お客様が伝える私たちが達成したことによると、これらをどのように組み合わせることができるか、そしてこれを行なうことができるシンプルさがあなたを際立たせます。

一般的に、オペレーショナルインテリジェンスとそれに続く分析は、実際には適切なソフトウェアに接続された適切なスマートデバイスを使用する場合にしか役立たない可能性があります。

初期のコンピュータの専門家が賞賛したように、ガーベジ・イン・ガーベジ・アウト(GIGO: 不正確なデータを入力すれば、不正確なデータが出力される)です。この目的は、適切な情報を取得し、補完的なソフトウェアを使用して分析し、その後、他の下流で役立つような形式で配信することです。

スマートマニュファクチャリングに対するこのアプローチは、複数の企業に働きかけるべきものではありません。そうではないと、複数のプラットフォーム、複数のプロトコル、複数の競合が発生します。

真の全体的なアプローチは、1つのネットワーク上で1つのプラットフォーム上にあり、1つの環境で設計、プログラム、および制御できます。

ご興味がございましたら、2018年11月27-29日にドイツのニュルンベルグで開催されるSPS IPC Drivesイベントにご参加ください。

そこでは、私が実際に議論したことの多くを見ることができます。私たちのブースでオペレーションをスマートにする方法についてのアイデアや行動計画をご覧になられただけでも、私たちの仕事の半分は完了しています。そして、私たちは残りの半分で確実にあなたを助けることができます

共著: ロックウェル・オートメーションのDACHパワーおよびコンポーネント、フィールド・ビジネス・リーダであるミヒャエル・ミュラー


Steve Pethick
Steve Pethick
Director Components and Power Control, Rockwell Automation
Steve Pethick
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You