Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

統一機械設計により、次世代の標準が可能に

Main Image

機械の柔軟性とデジタル化を再構築すると、予測不可能な要求にも対応できるようになります。

SKU数の爆発。eコマースの時代。標準としての一括カスタマイズ。この10年間、機械メーカと生産者は、市場の要求を満たすため、アジリティ(機敏性)、効率、バランスを業務に求めてきました。

現在は世界的なパンデミックの真最中です。歴史的に見ると、このような規模の危機によって恒久的な変化が生じますが、今回も例外ではありません。消費者は新しい生活様式に慣れていきます。産業活動は変わっていきます。機械の製造では新しいことが期待されます。

複雑なことを達成するには、単純にする必要がある

これまでは、機械やラインでさらに多くを達成するために、機器を追加するか再構成していました。これでは、不要なエンジニアリング時間追加されて床面積がさらに必要になり、メンテナンスが複雑になって市場投入までの時間が長引いてしまいます。今日では、これまでには成しえなかった方法で技術をつなげることにより、柔軟性のニーズに対応しています。

かつては、ロボット工学、独立型カートテクノロジ(ICT)、サーボ・モーション・コントロール、デジタル化を別々の物として話題にしていました。今日では、メカトロニクスの進展のおかげで、これらはほとんど区別できなくなっています。インテリジェントコンベアをロボットと組み合わせると、事実上どのような機械でも置き換えることができるのです。しかも、テストのエミュレーションや意思決定のための分析のように最新のものをIIoTで階層化すると、製造メーカのために新しい価値を創造できます。

これが、統一機械設計、つまり機械的にも電子的にもプログラム的にも複数のプロセスを1つにまとめるというコンセプトです。これにより、ラインシャフトで動く機械をプログラミングしていた日々から離れて、簡単で安全、セキュアで柔軟なソリューションを構成し、設計、コラボレーション、最適化を有効にすることに移行します。しかも、次のようなことも可能になります。

  • 機械メーカがサポートするソリューションを1つのみにする。
  • オペレータが習得するインターフェイスを1つのみにする。
  • 作業者がメンテナンスするシステムを1つのみにする。
  •  このすべてを最小の資本コストと労力で行なう。

可能なことを再考する

実装で最も高いハードルは違った考え方をすることで、さらに高いハードルは、プロセス全体を考慮することです。新しい機器構成では、目前のニーズを満たすことはできますが、お客様を今後も満足させることはできず、今日で最高のソリューションさえできません。機械装置メーカ(OEM)としては、最初にプロジェクトの要求ではなく、ビジネスの課題を調べる必要があります。

この新しい物の見方により、多くの産業が進展しています。1ロットの眼鏡とコンタクトレンズ、両手を自由に使える血液検査とバイオテックサンプリング、完全に自動化したCPGマルチパックの組立などでは、複雑なものを単純にすることにより、柔軟性とスピードが実現可能になっています。以下に、その他の例をご紹介します。

  • 包装機械メーカのCAMAグループ社は、カートンの成形、梱包、密閉を1つのコンパクトなフレームワークに組み込みました。3台のロボットとICTのみを使用して、速度と柔軟性を高めて切換えを速めるという要求を満たしています。
  • 創薬研究所では、医学的な研究というよりは航空交通管制のような方法で自動化を行なっています。イーライリリー社のLilly Life Sciences Studioでは、2~3週間のプロセスをたったの2~3日のプロセスに短縮し、現在ではロボットがサンプルに移動するのではなく、サンプルがICTによってロボットに移動しています。
  • 当社では、コンタクタ生産ラインを統一機械設計で構築しました。最大6,000のSKUを1台の機械で処理でき、要求に応じて小ロットサイズのオーダーを作り、自動スケジュールによって供給します。

機器とチームを統一する

切換えや大量のSKUに取り組んだり、ERPシステムから次に何がもたらされるのか把握できなかったりしている企業には、代替案として無限の柔軟性と業務の簡素化を提案すると歓迎されます。このように変化を容易にするには、機械を統一するアプローチが必要になります。不可能と思われるこのような要求の担当者はこれに注目します。

しかし、プロセスについて違った考え方をする必要があるのは、製造メーカだけではありません。ロボット、情報、ICTが1つになって動作するためには、エンジニアリング、セールス、サプライヤ、エンドユーザも1つになる必要があります。最高の結果は、次のようなコラボレーションによるアプローチからもたらされます。

  • 機械装置メーカ(OEM)は、製品処理と機械エンジニアリングに関する専門知識をもたらします。
  • エンドユーザはビジネス上の課題を明示し、ビジョンを支持します。
  • ロックウェル・オートメーションのような技術コンサルタントは、モーション、コントロール、その他の高度な技術を統一してビジョンを実現します。

確実なことは1つです。目的に合わせて構築する機械の場合は、市場の変化が速すぎて、必要なROIを実現できません。しかし、目的に柔軟に対応する機械の可能性は始まったばかりです。当社にご連絡ください。次の標準のソリューションを一緒に探しましょう。


Mike Wagner
Mike Wagner
Global OEM Business Manager, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ