Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

コネクテッドマイン: 成功のための戦略

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Dictumst vestibulum rhoncus est pellentesque elit ullamcorper. Aliquet risus feugiat in ante metus dictum at tempor. Urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor id aliquet. Nisi quis eleifend quam adipiscing vitae proin sagittis nisl. Nunc sed augue lacus viverra vitae congue eu consequat ac. Elit pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et. Egestas integer eget aliquet nibh praesent. Tristique sollicitudin nibh sit amet. Sed adipiscing diam donec adipiscing tristique risus nec feugiat in. Lobortis scelerisque fermentum dui faucibus in ornare quam viverra. Lacinia at quis risus sed vulputate odio. Ante in nibh mauris cursus mattis molestie a iaculis at. Non consectetur a erat nam at. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus. In cursus turpis massa tincidunt dui ut ornare lectus. Fringilla ut morbi tincidunt augue interdum velit euismod.

Id aliquet risus feugiat in. In aliquam sem fringilla ut morbi tincidunt augue. Volutpat lacus laoreet non curabitur. Eget magna fermentum iaculis eu non diam phasellus. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed velit. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et. Blandit volutpat maecenas volutpat blandit aliquam. Tellus integer feugiat scelerisque varius morbi. Sit amet purus gravida quis blandit turpis cursus. Viverra orci sagittis eu volutpat odio facilisis. Rhoncus est pellentesque elit ullamcorper dignissim cras tincidunt lobortis. Mi sit amet mauris commodo. Adipiscing at in tellus integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Amet nisl purus in mollis nunc sed. Eget dolor morbi non arcu risus quis varius quam. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et. Lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non.

At auctor urna nunc id cursus metus aliquam eleifend. Ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing. Congue mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque. Nunc mi ipsum faucibus vitae aliquet nec. Venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Scelerisque fermentum dui faucibus in. Vel fringilla est ullamcorper eget nulla facilisi etiam dignissim diam. Est velit egestas dui id ornare arcu. Vel pretium lectus quam id leo in vitae turpis massa. Eu tincidunt tortor aliquam nulla. Hendrerit dolor magna eget est lorem ipsum.

Et pharetra pharetra massa massa ultricies. Tellus at urna condimentum mattis pellentesque id nibh tortor. Non diam phasellus vestibulum lorem sed risus ultricies tristique. Vel pretium lectus quam id leo. Mi sit amet mauris commodo. Id ornare arcu odio ut sem nulla pharetra. Pharetra sit amet aliquam id diam maecenas ultricies. Pharetra diam sit amet nisl suscipit. Vitae nunc sed velit dignissim sodales ut eu. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim nunc. Egestas purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Sit amet nulla facilisi morbi tempus iaculis.

Nunc aliquet bibendum enim facilisis gravida neque convallis. Sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam ut. Elementum facilisis leo vel fringilla est ullamcorper. Orci ac auctor augue mauris augue neque gravida in. Scelerisque viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Tincidunt vitae semper quis lectus nulla at volutpat diam ut. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus a pellentesque sit. Orci porta non pulvinar neque laoreet suspendisse interdum consectetur libero. Nisi porta lorem mollis aliquam ut porttitor leo a diam. Pulvinar etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum posuere lorem. Risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in est ante. Commodo sed egestas egestas fringilla phasellus faucibus. Aenean et tortor at risus viverra adipiscing at in tellus. Quis imperdiet massa tincidunt nunc pulvinar. Diam ut venenatis tellus in metus vulputate eu scelerisque. Enim blandit volutpat maecenas volutpat. Lectus arcu bibendum at varius vel.


Jeff Botsch
Jeff Botsch
Consulting Services Manager: Mining, Metals & Cement, Rockwell Automation
Jeff Botsch

ある大手鉱山会社がデジタルトランスフォーメーションを経験したとき、それはほとんどの鉱山の羨望の的である結果を達成しました。生産は約15%増加しました。換気需要が半分に削減された後、エネルギーコストは減少しました。そして、安全は、潜在的に危険なエリアから労働者を遠ざける自律訓練によって強化されました。

しかし、このような印象的な結果があったとしても、コネクテッドマインはほとんどの鉱山運営者にとってとらえどころのないままです。

私たちの調査によると、少なくとも1つのデジタル実装を完了したと言っているのは、鉱山経営者の10人に1人しかいません。そして、約3人に1人は、まだデジタルを導入するための初期の調査と事実発見の段階にあると言っています。

鉱業でデジタルイニシアチブの進行が遅いのはなぜでしょうか。その大きな理由の1つは、企業がコネクテッドマインのビジョンを実現するのに役立つ戦略がないことです。

戦略的成功のための6つのステップ

鉱山稼働のデジタルトランスフォーメーションは旅であり、1回限りのイベントではありません。その旅は、デジタルテクノロジだけでなく、ビジネスニーズやビジネスチャンスの分析、計画、理解を含む戦略から始める必要があります。

良いニュースは、シンプルでありながら強力な一連のステップが、デジタルトランスフォーメーションのビジョンを実現するのに役立つことです。これらの手順は次の通りです。

  1. 運用評価: 今日の運用状況を最初に理解しなければ、デジタルイニシアチブで最終結果を達成することはできません。採掘作業を評価し、現在のステータスと望ましい結果の間に存在するギャップを特定することから始める必要があるのはこのためです。
  2. コーポレートアライメント: デジタルイニシアチブは企業戦略に沿ったものであり、できれば企業戦略の一部である必要があります。これは、努力が新しいテクノロジではなく、より良い業績に集中し続けることを確実にするのに役立ちます。
  3. ビジネスケース: 各デジタルイニシアチブには、ROI、迅速な成功の機会、理想的には回避のコストを特定するビジネスケースが必要です。例えば、新しいテクノロジは、エネルギーを節約し、ダウンタイムを減らし、メンテナンスを改善することで見返りをもたらすでしょうか?
  4. ビジネスアーキテクチャ: デジタルイニシアチブの導入を開始する前に、ガバナンス、人材、プロセス、テクノロジ、パートナシップ、戦略的目標と機能の観点から企業を定義する必要があります。この評価は、組織が今日どのように機能しているかを示し、デジタルイニシアチブの結果としてどのように変化するかについての参照ポイントとして機能します。
  5. 技術アーキテクチャ: こそ、デジタルイニシアチブの技術要件と製品を定義できます。重要な決定は、自社開発のソリューションを使用するか、市場ベースのソリューションを使用するかによって決まります。自社製のソリューションは、時間の経過とともにスケールアップとサポートが困難になる場合があります。一方、実績のある市場ベースのソリューションは、事業全体に拡張でき、複数のイニシアチブをサポートできます。
  6. デジタルロードマップ: ロードマップは、各デジタルイニシアチブをいつ、どこに実装し、どのようにそれらを維持し、長期にわたる成功に基づいて構築するかを概説する必要があります。驚異的な取り組みを検討してください。これは、次のイニシアチブに進む前に、それぞれの成功と価値を証明するのに役立ちます。

過程を簡略化

これは、コネクテッドマインのビジョンを実現するための簡単なガイドにすぎません。各ステップでは、サイバーセキュリティ、リーダシップの賛同、データの標準化などの分野で重要な決定を行なう必要があります。

これが、適切なパートナが適切な戦略と同様に不可欠である理由です。

当社のエンジニア、コンサルタント、営業担当者の専任チームが、デジタルイニシアチブを運用する際のあらゆる段階でお客様を支援します。また、新しいデジタル・パートナ・プログラムは、アクセンチュア、MicrosoftPTCANSYSEPLANなどの市場をリードするデジタル専門知識とソリューションに繋がることで、デジタルトランスフォーメーションを簡素化するのに役立ちます。

Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You