Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

2020年の労働者の安全と生産性に関する10のヒント

新しい年であり、新しい10(10年が0年で始まるか1年で始まるかによって異なる)が始まりました。製造における安全の課題は、デジタルトランスフォーメーション、労働者の減少、グローバル化、および安全とセキュリティのリスクを管理する方法の間で拡大し続けています。

私たちは、技術が急速に安全の概念を変えている時代に生きています。かつてないほど多くの情報にアクセスできますが、その情報を取得することは新たなリスクをもたらします。そして、この新しい情報を使用して安全シャットダウンが発生する理由と場所を理解し、安全と生産性を向上させる方法は、運用方法を大きく変えることになります。

労働力が若くて経験の浅い労働者へと変わると、多くの場合、リスクの見方が異なり、情報の使い方が異なり、以前の世代とは異なる職場環境への期待があり、発見、訓練、保持するための新たな課題をもたらすことになります。

2020年に向けて、これらの課題に対応し、安全と生産性を即座に改善するための10のヒントのリストをまとめました。

安全成熟度の向上に注力

安全成熟度は、文化(行動)、コンプライアンス(ポリシーと手順)、および資本の使用(テクノロジ)を組み合わせたものです。繰返し行なわれた調査によると、製造メーカの上位20%がOEE (総合設備効率)を5~7%高く、予定外のダウンタイムを2~4%短縮し、平均的なパフォーマの傷害率を半分以下に抑えています。そして、トップパフォーマはリードをさらに伸ばしています。

クラス最高のパフォーマは、安全をオペレーショナルエクセレンス(運用上の優秀性)を追求するための重要な要素と考えています。そして、彼らはそれを達成するために最新の安全方法論を使用しています。例えば、LNSリサーチの調査では、産業企業の75%が高度な安全技術の使用により運用上の改善が見られたと答えています。これは、これらの企業が、より接続された、よりスマートで安全なマシンに対しても喜んで支払うと述べている理由を説明しています。

安全成熟度は、革命以上の進化です。より高い生産性と安全を達成するために、安全文化、手順とプロセス、テクノロジの使用を改善することで進歩しています。安全と生産性は相互に排他的ではなく、補完的であることを認識し、両方を改善する措置を講じています。

それでは、安全成熟度をどのように改善するのでしょうか? 自身の安全成熟度を評価することから始めて、目標を改善するために改善が必要な箇所を見つけます。安全を最適化するには、安全遂行レベル(PL)と改善する領域を理解することが重要です。

セキュリティリスクは安全リスクです

多くの場合、セキュリティは「ITの問題」と考えられていますが、そうではありません。

産業活動がより接続されるようになるにつれて、攻撃対象は本質的に増加していきます。ハッカーは産業用制御システムをターゲットにしているため、システムにアクセスできる不満を抱いている従業員がシステムの破壊に及ぶ可能性があります。

過剰に圧力がかけられたパイプライン、調整不良のバルブ、または予期せず動作を変更する機械は、人、環境、および評判に安全上のリスクをもたらします。

システムは、包括的なリスク管理プログラムの一環として、安全とセキュリティの両方の評価を受ける必要があります。安全の専門家(EHSおよびエンジニアリング)は、ITと協力して、物理的資産のリスクを軽減し、産業用制御システムに存在する労働者、機器、および知的財産を保護する必要があります。残念ながら、セキュリティリスクに固有の安全上の影響は見過ごされがちです。

コラボレーションの向上

安全に関する重要なビジネス上の問題の多くで大事なことは、安全に対して共同アプローチをとることです。

EHS (Environmental, Safety and Health:環境・労働安全衛生)は、労働者の安全に最も責任を負っていますが、重要性はあるもののあまり効果のない機械安全の手段(認識、トレーニング、手順、個人用保護具)を直接制御するだけです。エンジニアリングは技術的な規格に重点を置いていますが、最も効果的な機械安全の手段(危険源の設計、防護・保護、アクセスのモニタ、およびインターロック)を制御します。多くの場合、これら2つの部門はお互いを疑いの目で見ているため、安全と生産性が低下しています。

上記の安全成熟度の重要な要素は、運用と2つのコラボレーションです。実際、最近のLNSリサーチの調査では、これら3つの機能が連携している組織では、インシデント発生率の中央値が15%低くなっています。

設計プロセスの初期段階でリスクアセスメントを実施

設計プロセスは、安全と生産性を最適化する機械にとって重要です。具体的には、これらの目標にとっては、機械を構築して、それをより安全にしようとするのではなく、機械の設計でリスクを排除することが不可欠です。

ほとんどの企業はある時点でリスクアセスメントを行ないますが、その評価を実施するタイミングが重要です。リスクを排除するように設計できるのは設計プロセスの初期ですか? それとも、機械が設計、構築され、出荷準備が整った後でしょうか?

コンプライアンス、安全、生産性の検証を支援するために、設計プロセスの早い段階でリスクアセスメントを実施し、マシンが稼働場所に配置された後に再度リスクアセスメントを行なうことが重要です。調査によると、安全インシデントの6070%は、通常の動作モード以外(メンテナンス、修理中など)で発生しています。

人間工学に基づいた機械の設計

産業界の人材の変化により、安全に関する考慮事項が新しく作り出されています。若くて経験の浅い労働者は、急性傷害のリスクが高くなります。高齢の労働者の場合は、筋骨格および反復ストレス傷害のリスクが高く、これはしばしば慢性的になったりキャリアの終結の原因となる可能性があります。人材の多様性は、機械がさまざまな労働者に適応可能でなければならないことにつながります。

すべての労働者を最大限に活用するためには、より広範な労働者向けの機械を構築する必要があります。これは、両手利きの機能を含めること、および反復運動、持ち上げること、および無理な体勢や姿勢をとらせることを減らすことを意味します。

世界的な人材の進化に伴い、リスクを軽減するだけでなく、労働者の生産性を高めるために、最新の安全システムと機械設計技術を考慮する必要があります。

代替手段を使用してLOTOを削減し、生産性を向上

安全は生産性を犠牲にする必要はありません。現代の機械設計では、手順が日常的で反復的であり、機器の使用に不可欠な場合、ロックアウト/タグアウト(LOTO)に対する軽度のサービス例外が許可されています。 これは、安全と生産性の両方を最適化するために重要です。

代替手段を正しく使用すると、コンプライアンスを維持しながらLOTO関連のダウンタイムを削減して生産性を向上させることができます。場合によっては、代替手段は単なるコンプライアンスとオペレーショナルエクセレンスの違いになります。

コネクテッドエンタープライズに安全をもたらす

産業用モノのインターネット(IIoT)のパワーを活用することで、安全コンプライアンスとパフォーマンスを大幅に向上できます。

デジタルトランスフォーメーションにより、安全の専門家が労働者の行動、機械の規格への準拠、安全シャットダウンまたは停止の原因、および安全の異常と傾向をリアルタイムで理解できるようになります。また、従業員を雇用、訓練、および維持する能力の向上にも役立ちます。

安全を制御システムに統合

制御システムには、リスクを軽減し、生産性を向上させ、主要な利害関係者に情報を提供するために、安全定格の入力、ロジック、および出力デバイスを含める必要があります。

効果的で生産性を高める安全システムの設計は困難な場合がありますが、安全設計ツールを使用すれば、開発を合理化し、簡単に規格に準拠していることを確認したり文書化できます。

例えば、RASWinソフトウェアは安全ライフサイクルの管理と一貫した文書化に役立ち、Safety Automation Builder®ソフトウェアは安全システムの設計を支援します。

安全機能の文書は、機械の安全機能の実装にも役立ち、安全性能の計算、配線、プログラミング、検証、および妥当性確認が含まれます。

Safety Automation Builderソフトウェアツールはリスク・アセスメント・ソフトウェアであるRASWinと統合され、1つの環境内で機械安全ライフサイクルの手順をエンジニアに指示して、国際規格への準拠を示す文書を提供できるようになりました。

スマート・セーフティ・システムの実装

新しいスマートセーフティ設計とデバイスは、配線、設計コスト、および予定外のダウンタイムを削減できます。例えば、スマートデバイスの相互作用をキャプチャして、予知保全のフィードバックやその他の情報を作成できます。

スマートシステムには、独自のメンテナンスを予測するスマート検知、安全、モータ制御デバイスから、安全を最適化する柔軟な制御システムまでのすべての層が含まれおり、それらは知的財産の保護、運用の改善、リーダが意思決定を下して組織に適切なコースを計画するのに役立つ洞察を提供する分析システムへの情報提供を支援します。

スマートシステムは、認定され訓練された人員への機械のアクセスを制御し、生産性、安全、およびセキュリティを向上させるのに役立ちます。

スマートシステムには、すべての層が含まれます。

安全の専門知識を構築

現在の安全規格の専門知識、安全システムの構築における実績、および生産性を向上させる安全システムの設計プロセスと技術に関する知識を持つエンジニア、システムインテグレータ、および機械メーカが必要です。

この専門知識が社内に存在しない場合は、パートナに相談してください。ロックウェル・オートメーションは、TÜVラインランド認定の安全専門家のほぼ半数を雇用しています。

当社のアライアンスメンバーには、安全の専門知識を持った認定システムインテグレータとソリューションパートナが含まれています。これらの組織は、当社のPartnerNetwork™プログラムのメンバーになるための厳格な数か月にわたる評価と教育プロセスを含む厳しい要件を満たしています。詳細は、Rockwell Automation®の安全システム・インテグレータ・プログラムをご覧ください。


Steve Ludwig
Steve Ludwig
Commercial Programs Manager, Safety, Rockwell Automation
Steve Ludwig
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You