Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

エネルギーを固定費として考えるのをやめる

クリーンエネルギー部門への世界的な投資はほぼ5倍に増加し、2004年の540億ドルから2012年には世界で2,690億ドルに増加しました。

業界全体でのエネルギー効率の向上は、プロセスで消費されるエネルギーを感知して報告できるエネルギー認識制御システムなどの高度な製造技術です。まだ手遅れにはなっていません。米国で使用されるエネルギーの30%は産業用途に使用され、使用の大半は電気モータに使用されます。この分野が効率向上を始めるのに最適な場所です。

高度な製造により、企業はエネルギーコストを原材料コストまたは部品表(BOM)に追加できます。製品の製造に使用されるエネルギーの量は、それらの製品で使用される原材料(銅、板金、ナットとボルト、プラスチック、化学物質)と同じくらい重要であるため、賢明な戦略です。

10年前には、これは不可能でした。製造業におけるコミュニケーションは、テーブルに集まった全員が異なる言語を話す国連によく似ていました。共通のコミュニケーション方法を見つけるまで何もしません。同じことが製造にも当てはまります。制御システムとマシンは、より速く、よりスマートに、より効率的に動作するために、情報を通信および共有する必要があります。

それがコネクテッドエンタープライズの背後にある概念であり、オートメーションが企業の他の部分と統合されています。統合とは、サプライチェーンデータ、顧客データ、そしてもちろんエネルギー情報など、すべてを意味します。

BOMでエネルギーを管理するというコンセプト全体が可能になったのは、テクノロジがこれまでに進歩したため、新しい電力メータを追加せずにエネルギー消費に関する詳細な情報を収集できるようになったためです。あなた自身の家の観点からこの進歩を考えてください。現在では、家の電気代は総計として受取っており、洗濯機や冷蔵庫がどれだけのエネルギーを使っているかわかっていません。すべてが1つの大きな請求書の一部であり、毎月その請求書を支払っています。

多くの工場が同じことをしていますが、規模ははるかに大きくなっています。高度な製造と新技術により革新と標準化を行なっているため、機械とデバイスのレベルでエネルギーを測定できるため、各機械が使用しているエネルギー量を把握できます。

さて、その情報をどうしたらいいのでしょうか? データを非常に正確かつリアルタイムで収集することにより、スマートグリッドとの交渉を開始できます。iPadまたはスマートデバイスから直接エネルギー使用量を把握できるため、今後24時間のエネルギー料金を把握し、ピーク時のエネルギー使用量を最小限に抑えるための稼働をスケジュールできるようになります。

大きなエネルギー消費者であり、適切な情報を持っているのであれば、これらの変動を有利に管理することで、年末までに数百万ドルを節約できます。米国だけで、エネルギーの10%削減は60億ドルの節約に相当します。これらは、より良い技術、絶え間ない革新、更新された規格、そしてコネクテッドエンタープライズによって可能になったスマートマニュファクチャリングでできることです。

結論: 多くの製造メーカは、エネルギーをビジネスを行なうためのコストと見なしています。BOMの要素のように見れば、エネルギーは純粋なコストではありません。企業は常に原材料のコストを交渉しています。高度な製造ソリューションとアクティブなエネルギー管理により、エネルギー消費を動的に最適化し、固定コストとして扱うのではなくそのコストを削減できるようになりました。

節約したすべてのお金とエネルギーで何ができるか想像してみてください。

コネクテッドエンタープライズについてご覧ください。


Mary Burgoon
Mary Burgoon
Market Development Manager, CPG Industry, Rockwell Automation
Mary Burgoon
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You