Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ACドライブの適応チューニングで共振に対するソリューションを提供

機械の共振は、プラントフロアにとっては恐ろしい瞬間です。機械が激しいきしみ音を発して振動し始め、壊れるのではないかと思います。

このインシデントは、モータに取付けられた負荷によって発生する機械的共振の結果として生じます。物理的サイズ、材料の選択、設置手順などの多くの設計上の要因が共振の原因となります。通常は作業員が制御調整を行なって生産を再開できますが、共振問題はお客様の機械とビジネスに長期に渡る悪影響をもたらします。

以前は、共振を解決するための標準的な調整でパフォーマンスが劣化したり、エネルギーが無駄に使われていました。

新しい適応チューニング機能付き低圧ACドライブにより、共振問題への取り組みが改善され、パフォーマンスの向上とコストの節約を実現できます。生産中に、ドライブが問題を特定して正しい解決法を適用します。その結果、さまざまな機械の性能が向上します。

この小さいドライブを番人だと思ってください。このドライブは、アプリケーションに望ましくない共振が生じないか、絶えず監視しています。何か不適切なものを見つけると、アラーム音を発生させたり、さらには、単独で問題に対処することもできます。共振との戦いを手助けすることで、ドライブはお客様のプラントの運転持続時間を延ばしながら、修理およびエネルギーコストを削減するお手伝いができます。

機械のポテンシャルを保護

共振は、設計者がモデル化できることもあればできないこともある、設計上の決定の結果として生じます。既知の設計上の決定要因は、負荷の形状、材料の選択、寸法、および物理的なサイズなどによります。未知の設計上の決定要因は、許容誤差、組立てプロセス、モータ特性などです。通常の機械は摩耗するため、共振は時間と共に変化します。これには、シャフト延長を使用するアプリケーションや、巻き取り機などの大きな負荷を使用するアプリケーションが含まれます。

共振を解決するための以前のアプローチは、レギュレータのゲインをデチューニングすることでした。この方法では機械のきしみや振動は止まりますが、機械のパフォーマンスも低下するおそれがあります。時間の経過と共に、スループットが減少し問題への応答時間が遅くなります。

適応チューニング機能を備えたACドライブは、高度な分析ツールを使用して常にさまざまなタイプの共振を探し、検出します。このドライブはオペレータにリアルタイムで問題を警告するため、オペレータが迅速に対処できます。より高度な構成では、ドライブは特殊なフィルタを使用して、コントローラをデチューニングするかわりに共振を軽減できます。

この問題を自動修正する機能により、お客様は期待する通りの高レベルのパフォーマンスを維持できます。適応チューニング機能を使用すると、負荷の特性に基づいて2倍から4倍のパフォーマンスの向上が見られます。

また、適応チューニング機能付きACドライブは、条件が保証されれば、時間に沿った共振の監視と修理のスケジューリングを可能にします。これにより、生産の途中で突然にではなく、定期的なメンテナンス期間中に事前に問題に対処することで、保守作業をよりスマートに行なうことができます。

適応チューニング機能を搭載したドライブについては、TotalFORCE®テクノロジを搭載した新しいPowerFlex® 755T ACドライブをご覧ください。


Brian Fast
Brian Fast
Senior Project Engineer, Rockwell Automation
Brian Fast
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You