Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

スマートマニュファクチャリングの追求:インテリジェンスで業務革新を推進

スマートデバイスとインテリジェントな機械のお陰で、世の管理者たちは品質エラーや機器の停止、生産の遅延、過剰なエネルギー消費などの問題を常に把握し、俊敏に対応できるようになりました。

しかし、問題が起きてから解決に臨むよりは、発生前にこれを予防した方が圧倒的に有利です。製造メーカの皆様が真の競争力を獲得するには、スマート化を進め、データを活用して問題を発生前に排除し、業務プロセスや作業の革新を継続的に行なう必要があります。

そのためには、機器をプラント制御およびビジネスシステムと統合して、プラントフロアのデータから洞察を得なければなりません。

生産機械が分析ソフトウェアと直接リンクされていれば、総合設備効率(OEE)やその他の業務指標(エネルギー使用量、環境コンプライアンス、安全性のばらつきなど)に関する洞察が手に入ります。

管理者の方々はこのような洞察を活用して業務上の問題の根本原因を解明し、それを取除きながら革新を進めることができます。

例えば機器の性能低下の陰では、原料の調達やその組成、機械の運転時間、商品のシーケンシングなど、生産ライン上のさまざまな問題が複雑に絡み合っている可能性があります。

機械データをはじめ、生産に関するすべての可変要素を詳細に分析することにより、全体的なプロセスの革新に取り組んで、機器の機能向上、ひいてはライン全体のパフォーマンス向上を促進できます。

洞察をいかしたこのような革新は、長期的に見て、メンテナンスコストの削減や生産上の(時間およびリソース、在庫の)無駄の根絶、機器の信頼性向上、そして収益性の向上につながります。

また、スマートマニュファクチャリングを追求することで、いわば生産ラインおよび機器の「点検」をリアルタイムで行なうことになるため、予想外の問題を防止できます。例えば機械に埋め込まれたインテリジェンスと統合セキュリティを併せて活用することにより、機器や技術、事業に関するデータへのアクセス認証が可能です。これなら、セキュリティ侵害も未然に防止できます。

御社の生産ラインは十分なスマート化を果たせていますか。あるいは、データに基づく業務革新を通じ、スマートな製造企業として成長を遂げ、収益性を高める余地がまだあるでしょうか。


Beth Parkinson
Beth Parkinson
Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
Beth Parkinson
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You