Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

接続された品質管理でコンプライアンスを簡素化

製造コンプライアンスは「事後」の命題ではありません。すべての製造オペレーションシステムからの情報を収集、管理、追跡し、製造プロセス全体を通じて適切な担当者に表示して、効率の悪い領域や品質の低下した領域を特定し、すぐに修正アクションを実行できるようにする必要があります。

他の製造アプリケーションと統合された品質管理が、適切な品質チェックが適切なタイミングで行なわれていることを確認するのにどのように役立つかを見てみましょう。規制と監査の負担を軽減するのに役立つ適切な是正措置により、接続された品質管理がレビュー時間を短縮する方法も見てみましょう。

イベント駆動型のデータ収集

コンプライアンスを確保するには、承認された品質計画に従ってデータをシステムから自動的に収集する必要があります。最新の品質システムは、複数の異なるソースからのデータ収集を自動化し、紙ベースのシステムでデータを収集する古い手動プロセスを置き換えます。

より速く、より正確なデータ収集は、規制目的で広範な記録管理が必要な製薬業界や、時間のかかるデータ収集が高速操作に負担をかける自動車などの業界で特に有益です。イベント駆動型の自動データ収集により、製品の品質低下や製品のリコールにつながる可能性のある人為的な文書化のエラーの可能性も減少します。

データ駆動型の決定

自動化されたデータ収集とレポートにより、より多くの情報に基づいた意思決定とより深い洞察が可能になり、品質コンプライアンスが容易になります。システム分析は、エスカレーション計画を自動的に生成し、是正措置のために他の部門に通知を送信できます。

運用全体で異なるシステムから収集されたデータをダッシュボードまたはレポートで表示できるため、製品の品質を製造条件と比較し、完成品の品質を個々のサプライヤの原材料と比較できます。品質管理システムを使用すると、さまざまな関係者に品質レポートを簡単に配信でき、各人の役割に応じた情報が提供されます。また、不適合製品とスクラップの追跡を改善し、再加工コストをよりよく理解します。

トレーサビリティの向上

コンプライアンス固有の指示をオペレータに配信し、必要なサインオフなどの特定のプロセスと手順を、製造プロセスのさまざまなポイントで実施できます。品質および安全管理者は、ダッシュボードスタイルのレポートでコンプライアンス結果にアクセスし、生産上の異常を素早く検索して、すぐに是正措置を実行することもできます。

生産中の品質管理

他の製造アプリケーションと統合された品質管理システムにより、生産管理機能が強化され、運用全体の主要な品質特性をより適切に管理できるようになります。製品品質テストを利用して、品質の低い製品のリリースを防止し、保持して隔離する機能を利用して、お客様の手元ではなく、施設内に非準拠製品を保管できます。

新しい規制への準備

これらのシステムはシリアライゼーションおよびトラック&トレースシステムをサポートしており、製品の安全や潜在的に危険な偽造品に関する新たな規制に対応できるため、将来の準備に役立ちます。また、製品のリコールをより効率的に行ない、封じ込めの対応を短縮し、マーケティング活動を強化するのにも役立ちます。

シンプルさと生産性の向上のために、大規模な品質管理計画の一環としてコンプライアンス戦略を策定します。

ペーパーレスな運用や実施可能なワークフローなど、品質管理について詳しく知るには、当社の電子ブック「つながる品質管理」をご覧ください。


Kelly Macaulay
Kelly Macaulay
Marketing Manager, Information Solutions, Rockwell Automation
Kelly Macaulay
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You