Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

成功への道を開く

より多くの種類の製品に対する需要は、特に消費財(CPG)業界でかつてないほど高まっています。今日の製造メーカは、サービングサイズや必要栄養量から新しい味のプロフィールまで、増え続ける嗜好を満たすように設計された製品に従う必要があります。

実際、最新のPMMI  (米国包装機械製造業者協会)レポートによると、調査対象企業の5社のうち4社で製品のSKUが100を超えており、半分以上の企業がその数は増え続けると予測しています。

製品の急増は、間違いなく、迅速かつ効率的に生産ラインを切換えることができる柔軟な製造環境のニーズを推し進めることになります。また多くの場合、柔軟なプラント・フロア・システムを作成する責任の大部分は、プロセス装置を提供して制御システム全体と統合する必要がある機械装置メーカ(OEM)にのしかかります。

統合の際の障害: 原因と結果

製造メーカは、その最善の努力にもかかわらず、製造の俊敏性を最大限に高めるために必要な製造情報のレベルを達成する機械装置メーカのスキッド要件およびシステムの統合に苦労する場合があります。

それはなぜでしょうか?

統合の障害の原因は、多くの場合、プロジェクトの定義および設計段階で明確性が欠如していることにあります。プロジェクトの成功は、その範囲を規定する記述書の具体性のレベルによって決まり、そこに多くの統合の問題の原因があります。

漠然とした目標。あいまいな仕様。統一されていない用語。これらの特性がプロジェクトのRFP/RFQ (提案依頼書/見積依頼書)に適用されると、機械装置メーカは対応が難しくなります。一般に、プロジェクトの仕様に装置の「形状と機能」は含まれていますが、その多くにはプロセスオートメーション戦略全体へのサブシステムの「適合」または統合は含まれていません。

残念なことに、多くの場合、プロセススキッドはプラント・オートメーション・ソリューションに不可欠な要素ではなく、ブラックボックスとして扱われます。そしてその結果がスキッドの統合の課題であり、ローカルのスキッドシステムとプラントレベルのシステム間で共有する情報の忠実度が低下する可能性があります。

機械装置メーカにできること

統合が機械装置メーカの供給範囲に含まれていない場合、機械装置メーカはお客様の入札または統合計画を変更できません。ただし、機械装置メーカとして情報へのアクセスを改善し、スキッド装置の統合方法を簡素化し、最終的にシステムの製造の柔軟性を高めるために事前対策手段を講じることができます。

実際には、当初のRFQに統合戦略の概要が記載されていなくても、前もって適切な質問をすることによってプロセスを明確にし、成功への道を開くことができます。

プロセススキッドの統合を合理化する方法をご覧ください。


Damon Sepe
Damon Sepe
Business Development Manager, Rockwell Automation
Damon Sepe
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You