Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

スケーラブルな分析が生産インテリジェンスへの価値とアクセスを提供

分析は、ユビキタスな言葉の1つになり、個人ごとに独自の重要性と意味を持っています。

業界アナリスト企業は、ハイレベルで分析の4つの分類と、意思決定、プロセスの変更、または結果の改善に必要な人間の努力の範囲を特長付けるシンプルなフレームワークを作成するという素晴らしい仕事をしました。

最も低いレベルから最も高いレベルの複雑さまで、これらの4つの分類は以下のようになります。

  • 説明(何が起こったか)
  • 診断(なぜ発生したか)
  • 予測(何が起こるか)
  • 規範的(私は何をすべきか)

残っている課題は、実際の問題を解決するために分析を現実世界のどこにどのように適用できるかについての実用的なソリューションを容易にするレベルでこのフレームワークを適用することです。

図#1 スケーラブルな分析ソリューション

私たちは、スケーラブルな分析ソリューション(1を参照)を提供することでこの課題に取り組み、オートメーションコントローラでリアルタイムのクローズドループ分析、クラウドでのエンタープライズ分析、およびその間のあらゆる場所を区別できるようにします。

これはスケーラブルな分析であり、ハノーバーメッセで製造メーカと共有する分析機能の範囲と、対応可能なお客様の幅広い課題を表しています。

同様に重要なのは、製造業務環境における私たちの遺産により、このスペクトルに沿った無数の使用例に表されている課題と機会を深く理解していることです。

私たちは必要なデータの起源、データを抽出してそのコンテキストを作成する方法を知っており、特定の問題を解決するために適切な分析エンジン(選択できるものはたくさんあります)を実行します。

同様に重要なのは、スケーラブルで認可された安全な環境でこれを行なう必要があることです。エッジ(オートメーションコントローラ、シャーシ、コントロールパネル)であるかクラウド(パブリック、ハイブリッド)であるか、1つの機器のポイントソリューションであるか製造企業全体にわたるポイントソリューションであるか、さらに、生産関連のサプライチェーンの問題を最適化するのは、クローズドループ制御アルゴリズムなのかAIなのか。

私たちは、Microsoftブース(ホール7、スタンドC40)で、ロックウェル・オートメーションのスケーラブルな分析について展示いたしました。

そこで、パートナであるMicrosoftと共に、OTITの両方が認可およびスケールアウトしてサポートできる分析のビジョンをお客様にご紹介しました。


John Dyck
John Dyck
Director, Software Business Development, Rockwell Automation
John Dyck
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You