Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

エッジコンピューティングでスマートマシンの可能性を再発見

データ、接続性、IoTテクノロジの無限に近い可能性のおかげで、今日のスマートマシンで何でもできるように感じることができます。しかし、1つの事柄が依然としてそれらを妨げている可能性があります。それらのコンピューティング資産です。

PCであろうとサーバであろうと、これらの資産にはエンドユーザの施設における重要な物流上の考慮事項が伴います。マシンへの有線または無線接続はありますか? これらはどのように保護されていますか? また、これらの考慮事項に対処しようとすると、スマートマシンの設計と配備の方法が制限されます。

しかし、今では、マシンとコンピューティングアセットの間のコード(またはワイヤレス接続)を切断することで、マシンを自由に設定できます。

エッジコンピューティングは、マシンの制御とコンピューティングハードウェアを1つのプラットフォームに結合します。これには、組み込みコンピュータを備えたコントローラ、またはコントローラと同じラックにあるコンピューティングモジュールが使用されます。

この1つで2つの機能を持ったアプローチにより、カスタムコード、コントローラのHMIアプリケーション、サードパーティのソフトウェアプログラムなど、マシンのすべてのデジタルコンテンツを、コントローラが別の場所ではなく、どこにあるかに直接置くことができます。

これにより、スペースの節約やソースでのデータへのアクセスなど、エンドユーザに固有のメリットが生まれます。しかし、それはまた、本番アプリケーション向けのまったく新しいソリューションを構築するための新しい機会を生み出します。

革新のための空白のキャンバス

マシンの制御コンポーネントとコンピューティングコンポーネントを1か所にまとめることで、マシンを再考し、マシンがお客様の課題をどのように解決するかを支援できます。

エッジコンピューティングが、よりスマートで、よりセキュアで、より自律的なマシンの作成にどのように役立つかについて、いくつかの例を検討してください。

よりスマート: エッジコンピューティングは、マシンをプロトコルトランスレータに変えることができます。例えば、石油&ガスなどの業界では、より多くの企業がMQTT (Message Queuing Telemetry Transport)プロトコルを使用してオペレーションにデータを配信しています。

コントローラ内のコンピュータは、イーサネットをMQTTに変換する通信インターフェイスをホストできます。これは、エンドユーザがプロトコルに関する情報を利用し、自分の仕事でより良い決定を下すのに役立ちます。

よりセキュア: ログインパスワードは悪名高いセキュリティリスクです。それらは見られる、盗まれる、または無意識に共有される可能性があります。そのため、一部の企業は別の方法を見つけてパスワードを忘れようとしています。

エッジコンピューティングを使用すると、強化されたテクノロジを資産に組み込むことができます。例えば、音声認識または顔認識ソフトウェアを簡単に追加して、資産へのよりセキュアなアクセスを作成できます。これにより、マシンがそれを見ている人または彼らの声を認識しない限り、マシンがアクセスを提供したり変更したりすることを防ぐことができます。

より自律的: 自動車製造などの業界では、モバイルロボットを使用してオペレーションをより高速かつ柔軟にする新しい方法を模索しています。

通常、ロボットを動かしたい場合は、ロボットを固定された軌道または壁に置きます。これは、彼らに先へ進むための特定の経路を与え、彼らのコントロールとコンピューティング資産への彼らの接続のための基盤を提供します。しかし、それはまた、ロボットをそれらの設定された経路に制限します。

現在、エッジコンピューティングでは、制御資産とコンピューティング資産をロボットに保存できます。また、コンピュータに組み込まれている位置決めおよび視覚機能により、人や他の資産を避けながら、資材を製造現場のある場所から別の場所に移動して運ぶことができます。

より少ないことは、より豊かなこと

制御とコンピューティングを1つのプラットフォームに統合することには、当然の利点があります。最も明白なのはスペースの節約です。工場やサーバルームなど、コンピューティングアセットを配置する場所を探す必要がなくなりました。

そのソースでデータにアクセスできることも、パフォーマンス上の利点を提供できます。オペレータはリアルタイムの情報にアクセスして、情報に基づいた意思決定を下すことができます。また、マシンは、マイクロ秒単位の変化に応答するためにカメラまたはビジョンシステムに依存している場合など、時間に敏感なアプリケーションでより優れたパフォーマンスを発揮できます。

次に、安心のメリットがあります。例えば、一部のPCのように、コントローラ内のコンピュータがオフィス環境の快適な環境用にのみ構築されているかどうかを心配する必要はありません。また、そのようなコンピュータが制御キャビネットにロックされていて、通りがかりの人がアクセスできない場合でも、そのようなコンピュータのセキュリティについて心配する必要はありません。

新しい可能性

エッジコンピューティングを使用すると、物流ITの考慮事項について心配する必要がなくなり、かわりにスマートマシンで可能なことを再考することに集中できます。どのような新しい問題を解決できるでしょうか? オペレーションを保護するにはどうすればよいですか?

さまざまなアプリケーションに適したオプションの理解など、スマートマシンのエッジコンピューティングについては、スケーラブルなコンピューティングソリューションをご覧ください。

ロックウェル・オートメーションのマーケティングマネージャであるクリストファー・ドーナンがこのブログを共同執筆しました。


Dennis Wylie
Dennis Wylie
Global Product Manager, ControlLogix Controllers, Rockwell Automation
Dennis Wylie
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You