Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

声だけでダウンタイムを防止

「ヘイ、シェルビー。電球を注文して。そしてピザも注文して。」

音声認識ソフトウェア、ワンクリック注文、モノのインターネット(IoT)は、家の監視と私生活の管理がいかに簡単であるかに大きな期待を寄せています。

それらの期待はプラントフロアに引き継がれます。中心となるプロセスは同じですが、物を作ることには固有の複雑さ(異なるラインと場所、異なるシステムとネットワーク)があるため、産業用モノのインターネット(IIoT)を最大限に活用するには、より大きくてコストのかかる投資です。それが提供するメリットをご活用ください。

接続するのに最適なときはいつですか?

食品メーカや飲料メーカなど、急速に変化する消費者の需要に牽引されている企業は、すぐに接続に関する選択肢を持たなくなります。競争力を維持することが不可欠です。

部の企業は、生産性と効率を向上させるために、現在の場所から必要な場所に至るまでの道のりがはるかに長くなっています。

過去1年間に、紙と鉛筆を使ってデータを記録している複数の飲食工場に出かけたことがあります。現在の労働力はこのプロセスに慣れています。これらの企業をスプレッドシートから接続された企業に移行するには、約束以上のことが必要です。

だからこそ、住宅の例がとても良い例です。コネクテッドホームが時間の節約と価値をどのように実現できるかは簡単にわかります。人をつなぐことさえできます。 同様に、接続された企業はより有用なデータを生み出します。接続された人々は、そのデータを使用してより良い決定を下します。

人材の生産性は必須

「ヘイ、シェルビー。いくつのミキサがオンラインになってる?

その答えの背後にはソフトウェアがあります。これは、情報対応のスマートマニュファクチャリングの一部であり、運用をより深く理解するための新しい機会を生み出しています。これにより、リアルタイムのコラボレーションを改善し、プロセスを継続的に最適化し、前進し続けることができます。

ワイヤレスおよびモビリティテクノロジを使用すると、どこからでもデータをキャプチャしてアクセスし、安全に共有できます。状況に沿った情報へと変えられ、実行中の作業に関連するリアルタイムデータにアクセスすることで、摩擦のない生産性が実現します。

そして、これが重要な理由です。1時間当たり33秒も生産性を向上させるアプリ(2,000人のプラントの場合)は、年間140万ドルも針を動かすことができます。チームの規模は本当に重要ではありません。アプリを使用する人々がどれだけ速く生産性を向上させることができるかです。多くの場合、それは瞬時に行なわれます。

自宅と同じように、食材を混ぜて職場での生産性を向上させることができます。

「ヘイ、シェルビー。2番目のミキサのメンテナンスをお願い。そしてアイスクリームも注文してちょうだい。」


Mary Burgoon
Mary Burgoon
Market Development Manager, CPG Industry, Rockwell Automation
Mary Burgoon
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You