Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

運用のインテリジェンス: 今こそ製造プロセスをデジタル化

製造における継続的な向上には、常に大変な労力が必要でした。

マネージャや最前線にいるオペレータは評価基準や特定された問題および異常を手作業で追跡してから、新しい性能ベンチマークとなるソリューションを実施していました。

生産、機器、サプライヤなどに関する状況の更新やレビューは自動化されていましたが、操作は手動で行なっていました。

現在は人間が介在しない、よりよい方法があります。それがモノのインターネット(IoT)を活用したコネクテッドエンタープライズです。

IoT対応のコネクテッドエンタープライズでは、組込まれたスマートデバイスからリアルタイムな生産情報が収集され、経営者は生産状況を逐次把握できるようになります。

ダッシュボードには問題がリアルタイムで表示され、オペレータがプラントフロアやオフィス、またはゴルフコースにいても、モバイルアプリで通知を受け取ることができます。

人間が監視をしないでも、高度な診断およびアルゴリズム機能が、あらかじめ定義したソリューションを実施します。

  • 機械のオーバーヒート - 修理不能な機器の損傷や人身事故が発生する前に機器をシャットダウンします。
  • 規格外の製品 - コストのかかる廃棄や再作業が発生する前にラインを停止します。
  • サプライヤからのコンポーネントの納品遅延 - 問題を回避するために生産スケジュールを見直し、サプライヤのスコアカードに問題を記録します。

IoTは、Cスイートやサプライチェーンにまでインテリジェンスを適用します。

リアルタイムのデータと企業の基幹システムを組み合わせることで、以下を含む多くの機能で意思決定が最適化されます。

  • 資産管理
  • 製品設計
  • 生産
  • メンテナンス
  • 輸送/物流
  • カスタマサポート

しかし、何より価値があるのは、このリアルタイムデータを品質や安全、生産、収益性などを向上させる継続的な改善の隠れた機会を見出す詳細な分析で使用することです。

IoT対応のコネクテッドエンタープライズにより、お客様に対して製品の生産が可視化され、お客様との関係が深まるだけでなく、より多くの収益をもたらす付加価値サービスの販売機会も増加します。

接続することであなたの企業が利益を得られるようになるのはいつでしょうか?


Beth Parkinson
Beth Parkinson
Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
Beth Parkinson
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You