Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

プロセス制御システムを使用して醸造の技を維持する

マザー・アース醸造会社が成長し、アイダホ州ボイシに近い新しい場所に50バレルのタンクを4つ備えたクラフトビール醸造所を構えたとき、醸造所長のクリス・ベイカー氏は、新しい施設でさまざまなクラフトラベルを維持して発展させるための柔軟性を提供できるようにする必要がありました。

そのため、プロセス、醸造所、および配管エンジニアリングに関してはポール・ミューラー社に、プロセスオートメーションに関してはロックウェル・オートメーションのソリューションパートナーであるストーン・テクノロジーズ社に支援を求めました。

新しいシステムでは、さまざまなレシピを処理する必要がありました。マザー・アース社は通常、週に7種、年間を通じ60~70種のビールを醸造しています。

レシピの柔軟性に加えて、プロセス・オートメーション・システムでは、エネルギー回収、現在値依存ルーチン、および定置洗浄(CIP)に対する革新的なアプローチを処理します。また、拡張性が必要であり、非技術系ユーザのための情報主導型インターフェイスを使用して醸造以外のいくつかの機能をすべて処理する必要もありました。

信頼性、再現性、柔軟性

オートメーションは、クラフトビールの信頼性および再現性を高めるのに役立ちます。社員は単にホースを引きずり回すだけではありません。これまでどおり、醸造所がビールの技を維持するために必要とする微妙で正確な経験も提供できます。

マザー・アース社のシステムでは、シーケンス制御用のシーケンサオブジェクト、スケジューリングおよび起動時間用のバッチスケジューラ、CIPを含む醸造以外のオペレーション用の独立したパラメータ値を使用します。CIPシーケンスは、醸造プロセスとすべての制御機能が同じであるため、同じシーケンサオブジェクト命令を使用できます。

プロセス制御システムでは、別個のCIPスキッドではなく、その容器を洗浄機としてとして使用します。プロセス装置には1つを洗浄し、次をトリガし、苛性ソーダを追加するなどのサイクルがあります。4つの系統をすべて一度に洗浄できます。これはCIPスキッドではできなかったことです。

マザー・アース社は現在、ケトルがボトルネックになっていることがわかったため、ポンプやバルブとともにもう1つ追加する可能性があります。

教訓

このプロジェクトの教訓は、機能仕様の作成プロセスから、工場受入テスト(FAT)、チェックアウト、水のバッチングおよびコミッショニングに至るまで、お客様が初期段階から徹底的に関わっているということです。これが納期の短縮に役立ちます。

マザー・アース社の場合、PlantPAxシステムのインターフェイスは直観的で、ユーザはPLCプログラミングを理解していなくてもプロセスを制御できます。

ただし、機能仕様に関してどれほど計画されていたとしても、立上げ時には必ず変更が必要になります。

マザー・アース社は、シーケンサオブジェクトとPlantPAxシステムによってそれらの変更が非常に迅速になり、場合によってはPLCプログラムを開く必要がないことに気付きました。

ロックウェル・オートメーションの最新式のDCSであるPlantPAxの詳細をご覧ください。

マザー・アース社の醸造責任者であるクリス・ベイカー氏と、ストーン・テクノロジーズ社のプロジェクトマネージャであるライアン・ウイリアムズ氏は、ジョージア州アトランタで開催された2016年のプロセス・ソリューション・ユーザ・グループ(PSUG)カンファレンスで「PlantPAxシステムのグリーンフィールド導入によって、プロセスを自動化ながらクラフトビール醸造の技を維持する」というプレゼンテーションを行ないました。

このブログは、『Control』の編集者の記事に基づいています。


Paul Studebaker
Paul Studebaker
Editor in Chief, Control Magazine
Paul Studebaker
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You