Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

ネットワークは収益性の高い資産ですか、それともコストセンターですか?

現在、産業オートメーションはモノのインターネット(IoT)の半分以上を占めており、2025年までに、産業用デバイスはIoTのほぼ4分の3を消費します。

これは接続されたパイの大きな部分です。驚異的なペースで変化するには、現在接続されていないデバイスに接続性と処理技術を組み込む必要があります。

そして、それは、インターネットプロトコル(IP)アドレス指定可能なデバイスが大量に発生することを意味します。

すでに制御システムにEtherNet/IPを使用している場合、この進化において明確な利点があります。その理由は次のとおりです。EtherNet/ IPは標準であり、変更されておらず、インターネットおよびERPビジネスシステムで使用される標準プロトコルであるイーサネットIPと共存します。そのため、プラントフロアから企業の基幹システムにデータを渡すために追加のハードウェアやプログラミングソフトウェアは必要ありません。

現在、標準ではなく変更されていないシステムを使用している場合、企業全体にデータを渡すことの苦痛に慣れているかもしれません。ルーティングできないため、アーキテクチャにゲートウェイまたはプロキシが必要です。コンポーネントを追加すると、リアルタイムのデータフローに余分なコストと遅延が発生します。

非標準イーサネットの制限は、特に安全、モーション、I/O、ドライブ、インテリジェントモータ制御、プロセス、エネルギー管理などの分野でセキュリティの必要性が高まるにつれて、より大きく、より顕著になります。よりセキュアだと思うかもしれませんが、どうすれば目に見えない何かを保護できるのでしょうか。

コンバージェンス(収束)は新しいものではありません。しかし、コンバージェンスを促進しているのは、より多くの統合、より多くの資産の接続、より多くのコラボレーションの必要性です。

IoTの価値を知ることができれば、EtherNet/IPの価値と、IPベースのネットワーク、スマートなもの、ビッグデータ分析、クラウド/仮想化、モビリティ、リモートサービス、セキュリティをサポートするために提供するものがお分かりになる思います。

詳細は、「コネクテッドエンタープライズのリソース」にリストされた資料をご覧ください。


Mike Hannah
Mike Hannah
Product Business Manager for Networks, Rockwell Automation
Mike Hannah
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You