Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

優秀なバイオテクノロジの従業員をさらに有能にするにはどうしますか?

誰もが、バイオテクノロジ製造業のいたるところで、熟練労働者の不足について話しているのを聞いたことがあります。

実のところ、シングルユースのモバイルテクノロジの進歩は、バイオ医薬品の生産をより柔軟にし利益が上がるものにしました。しかし、こうしたテクノロジは、また、従来のステンレス製の医薬品工場で必要なものとは異なるスキルセットを必要とします。

また、今までに会った企業のリーダのような人だったとしたら、熟練労働者の問題はたった一部にしか過ぎないということが分かっています。恐らく、生産性を改善し、エラーを削減し、ワークフローを合理化するための優れた方法を見つけるための努力を今までしてきたでしょう。

それでは、優秀なバイオテクノロジの従業員をさらに有能にするにはどうしますか?

優れた視覚化は、優れた効率と密接に関連

恐らく、特定のタスクに責任があるということを分かっていることほど、もどかしいことはないでしょう。しかし責任があっても、情報への容易なアクセスがなく、情報へのアクセスを成し遂げるための必要なツールもありません。それが、多くのバイオテクノロジの従業員が直面するシナリオです。

その本質から、バイオ医薬品製造スイートは複雑な環境で、プロセスをモニタし、製品の一貫性を維持し、ワークフローを誘導するためのオートメーションシステムにますます依存します。それは、また、重要なシステム情報をリアルタイムで監視し、反応し、任意の所与のシフトの間に何百という手動操作を正確に実施する従業員に依存する環境です。

現在のシステムは、何を満たしていないのでしょうか?

多くのバイオテクノロジスイートでは、オペレータはオートメーションシステムと効率的に相互に作用し合うことができません。

どのようにして、1企業がこうした関係を変えるのか

多分、この例と関係付けることができます。私達は、最近、バイオテクノロジプラントのHMIシステムを更新する前に、従業員の調査を行なう企業と一緒に仕事をしました。HMIへのアクセスに要する時間と手間がかかり過ぎると、全面的に従業員は合意しました。

なぜでしょうか? オペレータワークステーションへの唯一のアクセスは、モニタされている設備の近くのクリーンルームの中でした。システムへのアクセスが必要な誰もが(オペレータから保守要員、監督者まで)、保護スーツを着てクリーンルームに入る必要がありました。

これは、時間がかかるだけでなく、トラブルシューティングも複雑でした。

このお客様の場合、その答えはクリーンルームの外で、情報へのリアルタイムのアクセスを提供する仮想化したシンクライントアーキテクチャに基づくHMIでした。

拡張現実の使用をさらに進める

リアルタイムでプロセスパラメータへの優れた可視性を従業員に提供するテクノロジの選択は、ワークフローを改善する1つの方法です。また、多くのバイオ医薬品メーカの場合、次のステップは他のデジタルツールに取組むことであり、そのツールによって従業員がデータや分析ツールをよりスマートに、より影響力のある方法で使用できるようにすることです。

特に、拡張現実(AR)は革命的で、従業員の管理を改善するだけでなく、品質、生産量、製品の市場投入に要する時間も改善します。

実際、さらに多くの企業がオペレータの関与する活動をサポートするために拡張現実を使用し始めています。例えば、ARがクリーンルームで劇的に状況認識を改善できる一例がここにあります。モバイルデバイスとARアプリを使用して、オペレータは機器の一部に焦点を当てることができ、機械に重ねて表示された重要なパラメータを見ることができます。HMIは必要ありません。

機器のモニタを容易にするこの同じテクノロジが、修理サイトで保守要員に詳細で視覚的、さらにインタラクティブな指示も提供します。

それでは、切換えや接続管理はどうでしょうか? バイオ医薬品プラントがオペレータのトレーニングを最重要事項にする一方、バッチの開始時点での無数の機器の接続の変更や確認は、今なお厄介な問題です。

ARや人工知能(AI)の新たな進化は、オペレータを一連のタスクを通して導くことができ、次に正しい接続がなされているかを検証することができます。これらすべてが携帯機器から可能です。さらに検証データは、証拠となる画像や動画記録と共に電子バッチレコード(EBR)で保管できます。

しかし、これらはセットアップからオペレーションおよびメンテナンスにいたるまで、ARがどのようにして測定可能な相違を生み出すことができるかのほんの数例です。

どのようにして始めるのか

どのデジタルテクノロジがプラントの従業員を最高に有能にできるのかを、どのように決めますか? 私のアドバイスは簡単です。あなたが一番良く理解している従業員の課題から始めてください。恐らく、それらの課題が何かを決めるために複雑な分析ツールは必要ないでしょう。多分、毎日、その課題に 出くわしているでしょう。

次に、測定可能な収益を提供し、短期期間で成果を出すために最高のチャンスを提供するARや他のテクノロジを展開することに集中します。それは、多数のアプリケーションやプラント全体にスケールアップできます。

どのようにしてARがお客様の従業員がよりスマートに働くのを支援できるかについて、もっと学ぶことに関心を持たれましたか? これらの実例は、ロックウェル・オートメーションとGEヘルスケア社の間のコラボレーションのショーケースとなっている今までにないソリューションにハイライトを当てています。


Dave Sharpe
Dave Sharpe
Global Industry Director, Rockwell Automation
Dave Sharpe
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You