Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

デジタルトランスフォーメーションが起こすことを支援

Main Image

数週間前、私たちの定期的な交流会の1つで、プラントマネージャが、デジタルトランスフォーメーションの第1段階を実装している企業に対する興奮を表していました。さらに、そして、彼らは現在第2段階に移行しています。

おめでとうと言った後、私が即座に対応したのは、彼がどのようなビジネス上の問題に取り組んだかを知ることでした。彼は「わからない」と答える前に一瞬驚きました。

このような状況は今回に限ったことではなく、あなたが思っているよりも頻繁に見られます。製薬業界の企業は、データ駆動型の変換が今後の道であることを知っています。彼らは最新のハードウェアとソフトウェアのソリューションに投資していますが、常に考慮しているのは、変革が対処すべき個々の問題のことです。

インダストリ4.0が今日見ているものの多くを推進しているため、テクノロジのまわりには非常に多くの誇大宣伝があります。しかし、インダストリ5.0や6.0の話さえ聞いたことがあります…どこまで行くのでしょうか?

テクノロジへの投資は全体像のほんの一部です。企業は全体的なアプローチをとり、オペレーションのあらゆる側面を調べ、利用可能なソリューションを調べ、全体的な目的に最も適したソリューションを決定する必要があります。

運転できなければフェラーリを持っていても意味がありません。確かに、それはあなたの家の外ではよく見えますが、あなたはそれが提供できるものの価値に気付いていません。そして、これはあなたが逃しているものです。

特にソフトウェアの分野で私たちが目にしているのは、製品をより早く市場に投入できる一方で、製品のパーソナライズ、コスト削減、無駄の削減を可能にするソリューションを探している製薬会社のお客様です。

しかし、特に規制やコンプライアンスに関しては、製薬業界にもさらなる現実があります。これらの現実は、データを収集するだけでなく、適切なデータを操作し、それを基盤として意思決定を行なうという点でも、多くの作業がデータ機能と統合に費やされていることを意味します。

この場合、最も刺激的な質問は、データと結果のレポートを信頼するかどうかです。

お客様は、サプライチェーンの周りにあるすべてのデータについてより多くの洞察を得てから、このデータを有用な形式にするのを手伝ってほしいと言っています。この課題について議論するとき、たいていの場合、最初の反応は「ユースケースを教えてください」です。

テクノロジのためにテクノロジを導入しないでください。計画を立て、いくつかの計画を立て、そしてそれらのいくつかを拒否する準備をします。

しかし、どうすれば知らないことのユースケースを提供できるでしょうか? 彼らは、「製品をより早く立上げたい」または「設置および製品に対するFDA (米国食品医薬品局)の承認をより速くとりたい」と言っており、どちらも膨大な量のデータの集約に関係しています。私たちの対応としては、最初のユースケースに焦点を合わせないで、このデータを使用して達成できる他のすべての目標をご覧くださいと伝えることです。

データをマッシュすればするほど、トレンドや相関関係など、より多くのことがわかります。分析を使用して予測を開始することもできます。これにより、領域を特定し、速度と効率を向上させることができます。

しかし、それらはすべての結果を考慮しているでしょうか? データ量のこの急増は、新しい役職の作成につながります。「成長エンジニア」と「データサイエンティスト」を見てきましたが、その役割は、アルゴリズムを展開して相関関係や洞察を見つけることです。

しかし、彼らは全体像を見て、すべての分野から賛同を得た場合にのみ効果を発揮します。そうでなければ、作り直したまさにサイロを取り除くように設計された計画に取り組んでいる孤立した意思決定者でしかありません。

確かに、単一のシナリオを解決できるアルゴリズムはたくさんありますが、アルゴリズムはコンテキストまたは概念のインテリジェンスを追加できません。このタイプの分析と意思決定は、人間が行なって次の問題に私たちをきちんと導く必要があります。あなたの人材は適切なスキルセットを持っていますか?

組織は、このすべての新しいサイバーインテリジェンスを学び、協力できるように、人々を管理し、訓練する必要があります。「賢明な決定を下すには何を知る必要があるのか」と尋ねる必要があります。

だから、私のアドバイスは、「テクノロジのためにテクノロジを導入しないでください。計画を立て、いくつかの計画を立て、そしてそれらのいくつかを拒否する準備をします」です。

1段階がボックスをチェックするだけでなく、問題を解決するか、他の多くを解決するための基盤を作成するために実装されることを確認してください。流行語に惑わされないでください。利点を理解し、それらがあなたのために何ができるかを尋ねてください。

3年から5年ごとに変化することを考慮して、テクノロジを導入する方法を学び、その後、人間が適応するのに時間がかかるという事実とバランスをとります。

スケーラビリティ、アップグレード、使いやすさ、移行について考えてください。そして、これらすべての基盤をカバーしたら、デジタルトランスフォーメーションは実際に求めている踏み台を提供するはずです。


Michel Huy
Michel Huy
Regional Sales Director EMEA ISPB, Rockwell Automation
Michel is passionate about helping companies transform their operations and finding new ways for customers to become more efficient and effective.
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案