Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

デジタルテクノロジを使用して、プラント運用全体の可視性を向上

近年、プラントフロアでのデジタルトランスフォーメーションから企業レベルのすべての方法に至るまで、デジタル技術とその産業分野にわたる広範な影響について多くのことが述べられています。デジタルテクノロジが組織の接続性を向上させる方法を学ぶことに興味がおありでしたら、この記事をお読みください。

アセット・パフォーマンス・マネジメントは、デジタルテクノロジの影響を受ける産業オートメーション内で最も価値の高い要因の1つです。世界経済フォーラム(WEF)は、アセット・パフォーマンス・マネジメントの機会の規模を7000億ドルと見積もっています。そのような機会を無視することは困難ですが、産業オペレータがその可能性を活用するための適切な文脈で考慮する必要があります。常に重要であり、デジタルテクノロジによって可能になる産業資産管理のコア要素を見てみましょう。

同じ言語を話す

現地の言葉をほとんど理解せずに他の国に旅行するのと同様に、アセットマネジメントの実践には効果的であるために組織全体で共通言語を必要とします。多くの場合、「資産(アセット)」の定義は主観的である可能性があり、資産が本当に何であるか、およびそれが組織にもたらす価値についての解釈に任されます。

デジタルテクノロジの適用により、産業チームは、その組織で機能する資産の共通の共有定義から作業を開始できるため、この負担を軽減できます。これは、多くの場合、産業資産ベースを中心とした組織の調整から始まり、その後、使用するためにデジタルテクノロジにコード化されます。

ビジネス機能全体でコラボレーションを実現

共通言語を話す必要があるように、コラボレーションを行なうための能力は、資産の管理に関する最も情報に基づいたデータ駆動型の意思決定を行なうために非常に重要です。過去には、これは紙の資料、複数のMicrosoft Excelファイルを共有すること、またはプラントフロアでの会話のやり取りを意味していました。

今日では、適切なデジタルテクノロジを適用することにより、一般的に理解されている共有された資産ベースのコラボレーションの新たな機会が明らかになります。この共有されたコラボレーションによって、例えば、EHSやメンテナンスなどのチーム間のより良いオペレーションを可能にし、アセットマネジメントに関するより良い意思決定を可能にします。

バージョン管理、改訂履歴、より良いデータガバナンスで頭痛を回避

ドキュメントを何回更新しましたか? 同僚の1人が既にドキュメントを更新していて、変更をマージする必要があることを確認するためだけですか? 古くなったドキュメントやデータを同僚と何回共有しましたか。そのうちのいくつかは重要な決定を下すために使用されますか?

バージョン管理、改訂履歴、およびデータガバナンスを有効にすることは、アセットマネジメント戦略の中心的なコンポーネントです。一貫性のない、または不適切に管理されたデータの影響は広大で、事後のクリーンアップ作業には多くの時間とリソースがかかります。デジタルテクノロジの適用によって、これらのハードルの多くを克服することができます。

これらすべてを組み合わせて、これらのハードルを克服し、お客様が真のデータ駆動型になるのを支援するように設計されたクラウドベースのSaaS製品であるMy Equipmentを発表しました。

その結果、チームメイトと共同作業するための信頼できる資産データのソースとなり、より情報に基づいたデータ駆動型の意思決定を行なうことができます。


Dave Mayer
Dave Mayer
Product Manager, Rockwell Automation
Dave Mayer
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You