Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

運用上の課題を克服するための5つの方法

障害の発生: ハードウェアやソフトウェア、またはその2つのうちのどちらかのアプリケーションであろうと、何らかの障害によって生産が停止すると考えただけで、どんなプラントマネージャも生産技術者も夜眠れなくなります。OT資産の稼働状況はどうですか? リアルタイムで問題を解決する方法を知っていますか? 障害の発生した資産を交換する方法を知っていますか? 稼働状態に戻して、その状態を維持することができますか?

何かがうまくいっていないときには、予期しないダウンタイムのイベントの発生を予測し、防止しようと試みることで、解決する時間を削減しようとしますが、ダウンタイムとの戦いは決して終わることのない闘争のように感じられます。

急速なテクノロジの発達と進化、およびスキルギャップの影響により、ダウンタイムはますます費用のかかるものとなっています。実際、グローバルなプロセス産業に限っても、予期しないダウンタイムのコストは毎年200億ドルに達すると推定されています。多かれ少なかれ同じものをもっと生産してという要求は急上昇しており、その結果、連続運転が続きます。ダウンタイムは、年中無休の24時間体制で、休みなく生産する製造業の敵です。そのため、現代の製造メーカは、ダウンタイムの事故に対応することに関しては、先を見越して対応するか、問題が発生してから対応するか両方に対応する必要があります。

短期および長期に渡ってダウンタイムを防止し、軽減することは、ダウンタイムに関連する運用上の課題に対応することと関係があります。

3つの大きな運用上の課題

製造メーカの多くは、こうした課題に関連する困難さや、課題が相互に依存している困難さを理解しています。適切なスキルセットを持つ従業員がいない場合、セキュリティやダウンタイムのリスクに対応して、IT/OTのコンバージェンスや推測されるサイバーセキュリティの脆弱性を処理できません。

  • スキルギャップ: 産業界におけるスキルギャップは大きなもので、大抵の場合、ギャップを埋めるのが困難です。テクノロジが進化し、仕事の要件が高度になるにつれ、障害を解決する役割を果たすための適切なスキルを持つ労働者はますます少なくなっています。製造メーカは、日々のオペレーションを実行するのに十分な能力をもつ適切な労働者を見つけることができない場合もあります。とはいえ、従業員の中のスキルギャップを認識し、ギャップを埋めることは、 依然としてビジネスの結果を達成するための鍵です。サードパーティの企業が、トレーニング、リモートサポート、または補完サービスのいずれかで支援できるのは、この点です。.
  • IT/OTのコンバージェンス: ITとOTがプラントフロアでマージする場所を理解することと、ITとOTの両方の専門知識を持つ技術者を雇用していることは、まったく別のことです。多くの製造メーカには、IT専門家とOT専門家がいます。しかし、 動的な製造環境を取り扱うことのできるスキルと知識の適切な組み合わせを持つIT/OT専門家がいる製造メーカはほとんどいません。OTアプリケーションに関する知識をITテクノロジと融合させることのできる専門家を手元に置くことができれば、費用のかかるダウンタイムを発生させる故障や諸問題を回避することができます。
  • サイバーセキュリティ: 多くの製造メーカは、 構築する必要のあるセキュリティ体制を過小評価しています。個別のコンポーネントからプラント全体まで、すべての設備にセキュリティを施すのは、優先事項であるべきです。つまり、コネクトされているなら保護する必要があります。IT/OTのコンバージェンスのおかげで、特に旧式のテクノロジとアプリケーションに関して、OT環境の脆弱性が暴露されました。例えば、OTのパッチは非常に重要です。しかし、どれほど自分達がセキュリティリスクにさらされているか理解しない製造メーカによって多くの場合、見過ごされています。

こうした課題を克服することは手間がかかり、難しいことですが、その努力は十分に値します。テクノロジが持続的に進化するにつれて、スマートマニュファクチャリングやオペレーションの生産性に関して大きな進歩が可能になります。製造メーカの場合、それはまた、はるかに上位レベルでの競争を意味します。 これらの課題に対応可能であれば、プラントを継続させ、将来にも耐えうるものとするだけでなく、潜在的に競争上の優位を得ることができます。

しかし、これらの緊急を要するニーズに対応するために、適切なスキルを持ったふさわしい人を見つけることができないとしたらどうでしょう。追加の人材の雇用や技術投資のために上級幹部からの同意が得られないとしたらどうでしょうか? 多くの製造メーカが、プラントフロアですぐに利用できない分散コンピテンシと産業技術を提供する、サードパーティのマネージドサービスに向かっています。

リモート管理が役立つ5つの方法

  1. データセンター: 動的な製造環境への鍵は、アプリケーションのインフラです。これは、主として、データセンターのようなハードウェアとして定義されているものです。安定した連続運転のために、こうした資産を使用可能状態にし、セキュアで適用可能な状態に維持するのは緊急課題です。これには、専門家によるデータセンターのアクティブなモニタと積極的な管理が必要です。こうした専門家は、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える決断から生じる可能性とITハードウェアの両方を理解している必要があります。サードパーティの企業はリモートおよび分散技術の分野の専門家を提供することができ、社内のリソースは不要で、これらの重要な資産を整備するのを支援できます。
  2. アプリケーション資産: アプリケーションは多様で複雑で、ますます増加する生産需要量に対応するために稼働する、さまざまなオートメーションハードウェアとソフトウェアから構成されています。ライフサイクルを通して、アプリケーションは絶えずテクノロジとともに進化し、複数のハードウェアとソフトウェアにわたって開発を繰り返し、旧式なテクノロジと新しいテクノロジを統合します。包括的なアプリケーションに関する知識を維持しながら、日々のオペレーションを効果的に運用することは、目的とするビジネスの結果を達成するために欠かせません。アプリケーション資産の可能性を解き放ちアプリケーションの可用性を維持するためには、保守に関する変更事項の積極的な管理によって補完される細部にいたる業界の専門知識とアプリケーションに関する知識を必要とします。重要なアプリケーションをサポートし、維持するために自社と関係の薄い領域の専門知識を求めてサードパーティのパートナを利用しましょう。同様に、ダウンタイムのリスクを最小化し、設備資産利用率を改善するために重要なタグやシステムのパラメータをモニタできるテクノロジも利用しましょう。
  3. 脅威検出: 企業の基幹ネットワークと密接に結び付いたOT環境によって産業用制御システムに突きつけられたリスクは、最近の大規模なインシデントで広く知られるようになりました。アラートに優先順位付けして、状況にあったデータを提供する脅威検出ソフトウェアを能動的にモニタすることは、セキュアな環境を維持するための重要なステップです。OT環境に専門知識があり、セキュリティの脅威の現状を実際に理解しているサードパーティの企業は、使用環境での脅威を速やかに明らかにするのを支援できる一方、アラートをフィルタリングして適切な対応を提供できます。
  4. ファイアウォールの設備: セキュリティは、能動的および受動的な両方の方法で、お客様の施設でのすべての活動に組み込まれるべきです。基本的に有効なセキュリティ対策の一つは、内部ネットワーク環境の「デジタル塹壕」を提供するハードウェアとソフトウェアを組み合わせたファイアウォール設備の設置と維持です。これらの設備は常に最新のものに維持し、持続的な運用で高度なセキュリティ状態を保つ必要があります。サードパーティのプロバイダは、最適化された持続的な運用によるセキュアな環境を実現するために設備のモニタを支援し、リモート管理を提供できます。
  5. ネットワーク環境: ネットワーク環境は、現在の製造業のオペレーションにとって基幹部分であり、データ転送機能を提供し、情報やコマンドをオートメーション施設全体に展開します。こうした資産を稼働状態に維持するためには、確実にアプリケーションの動作をスムーズかつ速やかに実行する必要があります。必要な領域の専門知識を提供でき、切断したネットワーク接続により発生するダウンタイムを最小限にして高度な可用性を維持できるモニタ機能も提供できるパートナを探しましょう。

多くの製造メーカにとってリモート管理は、スキルギャップ、OT/ITのコンバージェンス、セキュリティの課題を解決する最もコスト効率のよい、生産的なソリューションです。信頼できる経験豊富なプロバイダが、お客様のネットワーク、インフラストラクチャ、資産、セキュリティ環境にもたらすことのできる価値を調査する必要があるのではないでしょうか。ロックウェル・オートメーションのOTマネージドサービス製品群は拡張性に富んだサービスを提供し、常に状況が変化している産業で業績を上げ、競争上優位に立つ必要のある製造メーカをサポートします。

この投稿は、ロックウェル・オートメーションのプロダクトマネージャであるアンティ I.トミチッチとの共著です。

 


Phillip Bush
Phillip Bush
Product Manager, Rockwell Automation
Phillip Bush
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You