Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

コネクテッドエンタープライズから利益を得る技術を実現

毎日何百万もの製品が販売されています。各ユニークなSKU (最小管理単位)は、製造の成功または失敗の機会を表します。

革新、調達、生産、配送、顧客サービスなど、敗者と勝者を区別するプロセスの可視性をお持ちですか? コネクテッドエンタープライズを使用すれば可能です。

製造業の経営幹部は、プロセスから流れ出るデータの急激な増加にますます溺れる可能性があります。真のコネクテッドエンタープライズでは、接続されたテクノロジを活用して、企業が情報と洞察を安全かつ効率的に共有できます。

コネクテッドエンタープライズは、ランダムデータのビットやバイトではなく、実用的なデータ資本を提供し、幹部が自信を持って運用を拡大し、新製品やプロセスを革新し、ビジネスを成長させることを可能にします。

しかし、高度に自動化された生産を行なっている製造メーカでさえ、情報ロードブロックに遭遇する可能性があります。それはなぜでしょう?  更新された機器からの新しいデータは、標準化、オープンプロトコル、およびセキュリティ機能が不足している古くなった、または自社のビジネスシステムに適合しているためです。

これらの古くてハードウェアを中心とするシステムでは、情報技術(IT)に柔軟性と、データを迅速に処理し、プロセスと製品の改善を行なうための能力を提供する新しいツールを活用できません。

それは悪いニュースです。

よいニュースは、コネクテッドエンタープライズを実現するインターネットベースの技術が、昨日の前提となるオプションよりもはるかに親しみやすいことです。また、旧式のシステムよりもスケーラビリティと適応性が優れているため、製造メーカでの使用期間が長くなり、総所有コストが低くなり、投資回収率が向上します。以下の重要な技術により、製造メーカはコネクテッドエンタープライズを活用することができます。

  • クラウドコンピューティングにより、オンデマンドのコンピュータアプリケーション、処理能力、ストレージを提供しながら、前提となるシステムに関連するインフラコストを回避できます。製造メーカには古いシステムをクラウドに移行するためのオプションが用意されており、必要に応じてアプリケーションをアップグレードしながら徐々にセキュリティを強化することができます。
  • 仮想化により、製造メーカはソフトウェアで仮想ハードウェアプラットフォームを構築でき、さまざまなタイプとクラスのオペレーティングシステムを備えた多数の仮想コンピュータを展開できます。仮想化は「ハードウェアの独立性」をもたらし、既存の機器の寿命を延ばします。
  • データ分析により、コネクテッドエンタープライズがよりスマートな企業に変わります。プラント内に組み込まれたインテリジェンスやサプライヤから引き出されたデータを含むすべてのデータを、単一の管理および意思決定支援システムに統合します。最新のデータ分析は、ユーザ(お客様、サプライヤ、リーダシップ、前線のスタッフなど)が、必要とするときに、彼らが求める形式(スプレッドシート、ダッシュボード、トレンディングツール、ウェブブラウザなど)でコンテンツを掲示します。

これらのツールなどを使用することで、製造メーカはオートメーション技術を、相互運用と共通性(例: ISO, IEEE, IEC, OPC Foundation, ISA)に関する現行の産業標準に合うように素早く更新できます。新しく堅牢なネットワークインフラにより、ソフトウェアのインストール、パッチ、およびアップグレードのプロセスが、今後数年間にわたって向上します。

技術を実現することで、今日の課題と将来の未知の競争市場に適応するための敏捷性に必要な機能を提供します。コネクテッドエンタープライズを実現するときではありませんか?


Beth Parkinson
Beth Parkinson
Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
Beth Parkinson
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You