Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

自動化は醸造からクラフトを奪いますか?

Main Image

「好きな仕事を選んでください。あなたの人生で1日働く必要は決してないでしょう。」

職人技は、生産プロセスというよりも芸術の域に達しており、独自の伝統や独自のトレードトリックを備え、最終的には喜びをもたらします。

多くの人にとって、それは常に情熱と娯楽であり続け、パイロットバッチからテイスティングまでの作業は、主に手作業で行なわれています。

しかし、成功を味わうために、さらに物事を進め、スケールアップして娯楽を職業に発展させたいという人もいます。オフィスで働くような仕事ではありませんが、それもビジネスベンチャーです。そして、なぜそのことに需要があり、人々が愛する醸造物を作っているのでしょうか?

これは、プロセスの芸術を維持しながら、芸術性を失うことなく醸造の一貫性を維持するためのより実用的なツールに頼ることができるポイントです。そのために、飲酒者は特定のラベルまたはスタイルを選択するたびに、これまでもたらされたのと同じ経験を得るために飲むのです。

素晴らしい醸造の芸術は、レシピのデザインと材料の選択に入る知恵、直感、およびインスピレーションにあります。

それ以降は、プロセスを再現可能、効率的、費用対効果の高いものにすることです。そして、これが自動化の出番であり、醸造者は素晴らしいビールに含まれているものを記録し、繰り返し、繰り返し、繰り返し製造します。

技術的には、自動化により正確な醸造所制御が可能になり、各ステップがより効率的になり、1日当たりの醸造量が増加します。発酵温度制御があると、バッチの品質と一貫性が向上します。

最先端の設備により、手作業で製造工程を進める必要がなくなり、生産性が向上します。さらにエネルギーとユーティリティのコストが削減されます。

例えば、機器が化学物質を含まない状態で洗浄されたことを示す自動pHメータは、より費用効果が高く、持続可能な洗浄プロセスを意味します。

趣味としての醸造を超えた醸造者にとって、自動化は、新しいシステムに多額の投資をすることなく、生産能力を高め、製品の品質を維持するための簡単な方法です。

そのために、高価な新しい10バレルシステムを使用するのではなく、既存の5バレルシステムを自動化して、より多くの、より一貫した生産を行ない、費用と時間を節約できます。

シーケンスと設備とタイミングのより良い利用により、私たちは醸造所と協力して、より多くのタンクに投資する必要なしに生産量を最大50%増加させました。

さらに、今日のデジタル世界の消費者として私たちが期待するようになった利点もあります。醸造業者は、携帯電話から発酵を開始したり監視できるようになりました。

柔軟なレシピ管理により、クリエイティブで既存のレシピを変更し、新しいスタイルの醸造を試すことができます。すべて、いくつかのシンプルなデジタル主導の手順で行なうことができます。

酸素100万分の1が多すぎると、ビールの賞味期限が短くなる可能性があるので、缶詰プロセス中にこれらの数値を確認できます。また、自動化されたシステムは、ホップや大麦の特性の年々の自然な変動による製品品質への影響を減らすのに役立ちます。

1990年代に多くのクラフトビールの醸造所が閉鎖された理由は、彼らが上質なビールを作っているにもかかわらず、それらの醸造所の一貫性を維持できなかったためでした。

ビール醸造所の自動化が今と同じようにアクセス可能だったとしたら、それは別の話になるでしょう。また、醸造技術をさらに活用したいのであれば、オートメーションプロバイダと会話することでその機会を得ることができるかもしれません。


Jamie Nelson
Jamie Nelson
Sales Manager, Columbus OH, Rockwell Automation
Jamie Nelson
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案