Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

デジタルトランスフォーメーションと鉱業における人材の変化

デジタル化、デジタルトランスフォーメーション、産業用モノのインターネット(IIoT)など、テクノロジの使用へのこの大きなシフトは、流行語の海で泳いでいるように感じます。何と言っても、デジタル化が産業部門に与える影響を否定することはできません。それは鉱業も例外ではありません。

デジタルテクノロジが鉱山のパフォーマンスを向上させる鍵であるということは業界全体が幅広く認識しており、最も成功している鉱山会社のいくつかはすでに大規模で革新的なプロジェクトに取り組んでいます。

しかし、デジタルトランスフォーメーションに牽引されたこの素晴らしい業界の展望に伴い、そのような急速な変化をサポートするための人材を見つけ、トレーニングし、引き付けるという多くの課題が生じています。

役割は変化しており、かつて鉱業部門で望ましいスキルセットであったものは、スマートマシンとテクノロジによって推進されている組織にとってもはや価値がないかもしれません。鉱業会社は、組織のニーズをよりよく理解するために焦点を移し、新しいテクノロジをより適切にサポートできるように経験豊富な労働者をトレーニングし、ギャップを埋めるために新しい才能を引き付ける姿勢を示す必要があります。

Main Image

デジタル時代の役割の変化

いくつかの鍵となるスキルセットが出現しています。

定量的スキル: すべての鉱業の役割における主な傾向は、定量的で証拠に基づく作業へのシフトです。数値とデータを扱う能力は、私たちが扱うマシンがよりスマートになり、文脈に沿った説明へと変える必要のある情報を出力するようになるにつれて、ますます不可欠になっています。量的変化に加えて、テクノロジリテラシーも同様に重要です。デスクトップソフトウェア、プロセスオートメーション、仮想現実(VR)、および技術支援プログラムは、組織の作業時間の短縮に貢献しています。作業者は、仕事を成し遂げるためにこれらのツールを使用する準備ができていなければなりません。

コラボレーション機能: 組織全体での協力は、このデジタル時代ほど重要ではありませんでした。モバイル、仮想、およびリモートでの作業は、多くの役割に安全でバランスの取れた費用効果の高いオプションを提供しています。チームは、部門を超えてコミュニケーションとコラボレーションを行なうグローバルエンティティになり、すべての関係者に可視性を提供することがますます重要になっています。

社会にフォーカス: 操業許可は引き続き鉱業会社の焦点であり、現代の地域社会、消費者および利害関係者はより多くを望んでいます。業界には、サステナビリティ(持続可能性や)地域社会のインクルージョンなどのイニシアチブを推進して、鉱業に対する従来の見方を否定する機会があります。リーダとジョブデザイナーは、各役割をより広くより良い使命の一部として位置付けること、およびより幅広いグループの利害関係者の関心に取り組むことから利益を得ます。

エキサイティングな未来

ほとんどのデジタル時代の役割は共通の特性を共有する傾向がありますが、鉱業に特に有益な特定のスキルセットが出現しています。仕事の再考と行なわれている仕事は新しいものではなく、業界のリーダがずっと気にしていたことです。これはデジタルトランスフォーメーションの最初の波ではありませんし、採用率が全体的に異なるため、最後ではありません。しかし、どちらかといえば、この変革は現在および将来の鉱山労働者に大きな機会を提供します。彼らは、スキルセットを拡大し、組織内での影響力を高め、より良いビジネスプラクティスの結果を生み出す機会を得ることができます。

こちらに変化する人材の複雑さについて説明しています。ご覧ください


Jose A. Beas
Jose A. Beas
Mining Industry Manager Latin America, Rockwell Automation
Jose A. Beas
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You