Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

デジタルトランスフォーメーション: 次のプロジェクトで避けるべき3つの落とし穴

Main Image

デジタルトランスフォーメーションのメリットは否定できません。世界経済フォーラム(World Economic Forum)は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みが、生産性の向上、エネルギーと燃料の節約、および安全において、鉱業および金属産業に3,200億ドル以上の価値をもたらすと予測しています。

デジタルトランスフォーメーションを追求するメリットが明確である場合、最近のエグゼクティブ研究で、鉱業会社の3分の2近くが計画段階で行き詰まり、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブを開始できないことがわかったのはなぜですか。また、ガートナーが最近発表したようなビッグ・データ・プロジェクトの85%が失敗するという統計を常に耳にします。

価値と実装の違いは何ですか?

私たちは長年にわたり、お客様とともに多くのデジタルトランスフォーメーションのイニシアチブの実現を成功できたことを嬉しく思っています。その過程で、いくつかの一般的なプロジェクトの障害を特定しました。適切な事前計画を行なうことで、これらの一般的な落とし穴を回避し、次のプロジェクトを成功させることができます。

1. 理解不足

一見シンプルな名前にもかかわらず、「デジタルトランスフォーメーション」という用語は大きくてやや曖昧なコンセプトを表しています。そして、「デジタルトランスフォーメーション」の意味については、誰もが独自の考えを持っています。プロジェクトが何を必要とし、何を必要としないかについて、利害関係者の間で明確な合意を得て、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブに取り組むことが重要です。

多くの場合、プロジェクトを開始する前に、少しの利害関係者教育を行なう必要があります。デジタルトランスフォーメーションは、ウェブサイトの更新、アプリの作成、ペーパーレス化、ソーシャル・メディア・マーケティングの採用だけではありません。中核となるデジタルトランスフォーメーションとは、テクノロジ、プロセス、人々を結び付けて、ビジネス上の問題を解決する新しい方法を見つけることです。一部の対応テクノロジには次のものがあります。

  • コネクテッドワーカー
  • リモート操作
  • 自律操作とロボット工学
  • スマートセンサ
  • 統合プラットフォーム
  • 高度な分析とシミュレーションのモデリング

プロジェクトにはこれらのテクノロジのいくつかが含まれている可能性があり、問題を考えるアプローチを通じて採用するテクノロジを選択することで、2つ目の障害を回避します。

2. 問題を考えるかわりにテクノロジを考える

多くの企業がデジタルトランスフォーメーションで直面する次の障害は、対応テクノロジを選択するアプローチです。新しい光沢のあるテクノロジを目にして、それがあなたの鉱山のゲームチェンジャーになると信じるのは簡単ですが、デジタルトランスフォーメーションはそのようには機能しません。このアプローチをとると、予想される投資収益率(ROI) が得られない、バラバラなシステムが多数発生することになります。

かわりに、問題解決のレンズを通じてデジタルトランスフォーメーションと技術投資に取り組むことが重要です。まず、解決しようとしている問題を特定します。次に、ソースでこれらの問題に対処するのに役立つテクノロジを選択します。単純な問題を解決するための複雑なソリューションを提供するベンダーに注意してください

別のヒント: 単一のベンダーを通じて完全なソリューションを見つけることはほとんどありません。最も成功したデジタルトランスフォーメーションのイニシアチブは、パートナの強力なエコシステムを持つサプライヤを活用しています。パートナシップと少しの創造性が鍵となります。ベンダーがすべての問題を単独で解決できると約束した場合は、警戒する必要があります。

Main Image

3. 明確なプロジェクトオーナまたは優先順位付け計画がない

デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトは、企業に幅広いメリットをもたらし、実装には通常、複数の部門が関与する必要があります。ただし、これらのプロジェクトは「限界イニシアチブ」と見なされることが多く、他の資本拡大プロジェクトと同じ厳密さで開発または管理されていません。適切な注意がなければ、明確なプロジェクトオーナが割付けられていない可能性があり、プロジェクトの価値とリスクを比較検討するビジネスケースが開発されていません。

最も成功したプロジェクトは、高い価値をもたらし、リスクを低く抑えます。思慮深いプロジェクト管理がなければ、リスクを適切に分析せずに、最も価値の高いイニシアチブが推進されることがあります。これは地雷を非常に危険な位置に置くことができます。他のプロジェクトと同様に、計画を立てるときは誰かがリスクに対して価値を比較検討することが重要です。つまり、時間をかけてプロジェクトオーナを割付け、ビジネスケースを完了する必要があります。

あらゆるレベルのデジタル変革に乗り出すことはエキサイティングであり、全社的な改善への扉を開きますが、プロジェクトの成功を達成する可能性は、意図と適切な計画なしに大幅に減少します。

デジタルトランスフォーメーションに伴うリスクと可能性について詳しくお知りになりたいですか?
白書「Digital Effectiveness – From Strategy to Actionをご覧ください。


Jose Antonio Beas Reyes
Jose Antonio Beas Reyes
Regional Sales Director Latin America, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案