Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

インテリジェントなパッケージ型パワーを使用して鉱山コストを削減

インテリジェントなパッケージ型パワーシステムの利点は、鉱業会社が必要としているもののように思われます。

  • 効率の向上
  • データアクセスの改善
  • 資本コストの低減
  • 運用コストの低減

しかし、インテリジェントなパッケージ型パワーとは正確には何なのでしょうか。なぜ価値があるのでしょうか。

パッケージ型パワーの話題を取り上げる前に、まずEハウスについて理解しておきましょう。Eハウスは、すべての機能を備えて製造されたテスト済みの統合システムとして鉱山に配備されるプレハブ式配電変電装置です。配電、モータ制御、およびプロセス制御が、1つのインテリジェントなシステムプラットフォームを使用してEハウスに統合されています。

このアプローチは、鉱業会社が先行資本投資だけでなく、長期的な運用コストについても大幅にコストを削減するのに役立ちます。

資本の節約

電源制御とプロセス制御をパッケージ化すると、プロジェクトコストを大幅に削減できる可能性があります。このようなコストの削減につながるパッケージ型ソリューションには、以下の2つの主な特徴があります。

  1. プレハブ式のテスト済みおよび検証済みシステム: パッケージ型のアプローチにより、システム部品を確保するために複数のベンダーと契約する必要はありません。鉱区に届く前に、1つのベンダーがシステムを設計してテストし、検証できます。パッケージ型ソリューションを使用すると、電源システムと制御システムは完成した一式の装置として鉱区に届くため、立上げコストとリスクの低減に役立ち、プロジェクトが予定通りに完了する可能性が高まります。

  2. ネットワーク接続されたシステム: ハード配線を排除すると、余分なコストが削減され、システムの複雑さを解消できます。また、構成がより簡単になり、必要に応じて新しい装置を柔軟に追加することができます。ネットワーク接続されたシステムは、コストのかかる設計時間を節約し、プロジェクトを予定通りに進めるのに役立ちます。

貴社がどのくらい節約できるかを計算するには、無料計算ツールをお試しください。

運用コストの節約

インテリジェントなパッケージ型パワーシステムを使用すると、鉱山事業者はエネルギーデータにアクセスし、それをプロセス制御データに関連付けて確認できるため、ダウンタイム、保守、およびエネルギーコストを理解して管理するのに役立ちます。

  1. ダウンタイム: 事業者は、生産に対する鉱山のエネルギー消費傾向と、各機器または各処理エリアのエネルギー消費量を追跡し、このデータを使用して、発生する可能性があるダウンタイムの問題を特定して対応できます。統合システムは、機器がいつ故障するかについて予測を開始することもできます。モータの電圧や電流などのデータを追跡することによって、故障が発生することを示すパターンを学習できます。例えば、機器の故障の初期徴候になる可能性がある粉砕機のエネルギー使用の異常に気付いた場合は、問題やダウンタイムが発生する前に、調査のために技術者を配置できます。

  2. メンテナンス: 機器が故障すると、インテリジェントなシステムがオペレータに根本原因の特定に役立つ電気に関するデータを提供するため、適切なツールを用意した適切な技術者を派遣して適切な修理を簡単に行うことができます。これらのシステムはリモートアクセスもサポートしているため、主題専門家が問題をリモートでトラブルシューティングして修理ガイダンスを提供し、保守費用を最小限に抑えることができます。

  3. エネルギーコスト: 電源制御システムとプロセス制御システムを統合すると、鉱山資産全体のエネルギーコストを計算できるため、生産収率に相関する総合的な運転電気コストの洞察にアクセスできます。

鉱業会社は、完全に接続された鉱山(コネクテッドマイン)への実現に向かっているため、適切な技術が適切な場所にあることは最も重要です。インテリジェントなシステムは、鉱山労働者が、エネルギーデータとプロセス制御データの組み合わせを利用して収益に対するダウンタイム損失を低減するのに役立ちます。電力設備を新しく導入するか、または既存の電力設備を更新するかにかかわらず、インテリジェントなパッケージ型パワーシステムによって、先行投資および長期的なプロジェクトコストを削減できます。

デジタルテクノロジとイーサネット接続の恩恵を受けるためにインテリジェントなパッケージ型パワーがどのように役立つかをご覧ください。


Joe Matheys
Joe Matheys
Product Specialist, Rockwell Automation
Joe Matheys
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You