Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

拡張現実(AR)は製造における技術サポートを最新化する

現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機を受けて、お客様をサポートするロックウェル・オートメーションの能力を拡大するために、すべてのお客様向けのTechConnect製品にLive View Support™を追加しました。FactoryTalk® InnovationSuite Vuforia® Chalk™を搭載したライブ・ビュー・サポートにより、リモート・サポート・エンジニアは問題をより早く効率的にトラブルシューティングおよび解決できるようになります。 詳しくは以下をご覧ください。
重要: ライブ・ビュー・サポートは、ここで説明するロックウェル・オートメーションとPTC Chalkのプロモーションとは無関係です。ロックウェル・オートメーションはVuforia Chalkを利用して、Chalkライセンスがなくてもサポートを提供しますが、このサポートはTechConnectサポートコールの期間に限定されます。テクニカルサポート以外でChalkを使用することはできません。TechConnectサポート以外でChalkを使用する場合は、PTCとロックウェル・オートメーションのInnovationSuite Chalkプロモーションにご参加ください。

マシンのダウンタイムは痛いものです。それは生産性と利益を損ない、フラストレーションを引き起こします。機械が作動できない状態に陥る時間が長引けば長引くほど、収益に悪影響を及ぼします。そのため、製造メーカがダウンタイムと修理に対処するために必要な技術サポートを得るために最も費用効果が高く時間効率が良い方法を探すのは当然のことです。

多くの状況で、知識豊富なアドバイザとの電話によるテクニカルサポートは、問題を修正するために必要な答えをもたらしてくれます。しかし、場合によっては、問題は複雑であったりなじみのないものかもしれません。必要なスキルを持たない労働者を雇っているなど、マシンを稼働させるにはさまざまな障害が考えられます。その他の障壁として次のことが考えられます。

  • 問題を説明したり、問題の原因を正確に把握したりするのは難しい場合があります。
  • テクニカルサポート担当者からの指示が複雑である場合、特に該当する問題の経験がない場合は、それらを理解するのが難しい場合があります。
  • テクニカルサポートの指示を誤解すると、誤って状況を改善するのではなく悪化させる可能性があります。これは、深刻な結果をもたらす可能性のある一般的なリスクです。
  • 夜間または昼間の時間によっては、訓練を受けた担当者が現場にいない場合があります。また、スキルギャップが広がると、訓練を受けた人が常に待機するのが難しくなります。

そして、これがリアルタイムで起こっている問題です。問題が深刻で、現場に行く必要がある場合、技術専門家が施設や現場に移動する間に時間が失われます。問題が遠隔地にある場合、移動時間は数時間ではなく1日以上かかなることがあります。そのため、失われる生産時間がさらに増大することになります。

もちろん、理想としては、技術の専門家が待機していて、あらゆるメンテナンスの問題についてプラントフロアで対応できる準備を整えているのがよいことは判っています。しかし、それには問題を迅速かつ正確に解決するための説明と指導が必要です。残念ながら、多くの製造メーカでそれを行なおうとしても無理があります。そのため、PTCの拡張現実(AR)テクノロジを活用してプラントフロアに関する最も複雑な問題を解決するのに役立つライブ・ビュー・サポート・ツールを導入することをお奨めします。

拡張現実(AR)とは何ですか? それはメーカにどのように役立ちますか?

IKEAのような小売大手からPokemon Goのゲームエキスパート、さらには米国陸軍まで、企業や組織はARを利用して実際の光景に画像を重ね合わせ始めています。現在、製造メーカはリアルタイムで問題をトラブルシューティングするために、プラントフロアにARを採用しています。

経験豊富な技術者は、ライブ・ビデオ・フィードを備えた拡張現実アプリケーションを使用して、機器をリアルタイムで表示し、ハードウェアを修理するための特定の詳細な指示を提供できます。画面上に3D空間表記を行なうこともできるため、機械のどのコンポーネントに注意が必要かを正確に把握できます。また、柔軟性を高めるため、ライブ・ビュー・サポート・ツールはプラットフォームに依存しないため、特定のブランドのモバイルデバイスや通信機器に縛られることはありません。

さらなる利点として、同様の状況が再び発生した場合に備えて、現場の従業員が指示を受取ると、修理がどのように行なわれたかを覚えやすくなります。これは、既存の問題に対する最新の答えであり、すぐに実行できる完全な指示を提供するのに役立ちます。

多くの方が、携帯電話やタブレットでFacetimeSkypeを使用して、友人や親戚と連絡を取り合った経験があると思います。ロックウェル・オートメーションのライブ・ビュー・サポート・ツールは、それに似ていますがはるかに優れた体験を提供します。ライブ・ビュー・サポート・ツールを使用すると、ロックウェル・オートメーションのサポート担当者は実際に画面上に描画し、対処する領域をマークできます。それによって、注意が必要なケーブルやハードウェアが正確にわかるようになります。表記と線はマシンの画面ビューの位置に留まるため、エラーの余地が少なくなります。ライブ・ビュー・サポートは、バックグラウンドノイズにも対処します。特別に設計されたノイズ・キャンセリング・ヘッドホンを使用すると、情報を受信する人が方向をはっきりと聞くことができます。これにより、トラブルシューティングを製造現場で直接行なうことができます。

ライブ・ビュー・サポート・ツールを使用するもう1つの利点は、企業の機密情報を保護するのに役立つことです。マシンまたはアプリケーションに関する機密データは明らかに大きな価値があります。機密性の高い通信を保護するために、技術者と現場作業員の間の音声通信と視覚通信の両方を保護しています。ライブビューのセッション中、参加者のビデオとオーディオの「パケット」は、仲介なしで互いに直接送信されます。

ARおよびTechConnect: 強化されたサポートエクスペリエンス

新しいライブ・ビュー・サポート・ツールは2020年の春に利用可能になる予定であり、そのメリットを簡単に享受できるようにします。ツールのダウンロードは無料で、ライブ・ビュー・サポートは、追加または追加費用なしで、TechConnect契約の新規または更新による製品サポートの中核機能になります。Bluetoothを搭載したノイズ・キャンセリング・ヘッドホンの入手についてもお手伝いします。

ロックウェル・オートメーションの製品およびアプリケーション・サポート・サービスは、あらゆる業界のあらゆる規模の製造メーカを支援します。そして今、私たちはお客様と協力してより優れたテクニカルサポートのご体験を提供する方法を刷新しているため、ダウンタイムがそれほど悪影響を与えることはもうありません。今後数か月の間の追加情報を注目し、拡張現実(AR)をプラントフロアに実現する準備をしてください。


Tim Brennan
Tim Brennan
Product Specialist for Innovative Technologies, Rockwell Automation
Tim Brennan
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You