Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

デジタルトランスフォーメーションを成功させるための7つの重要なステップ

ロックウェル・オートメーションでは、コネクテッドエンタープライズを実現するには、人、プロセス、テクノロジを結びつける決定と行動を推進する必要があると考えています。

議論と理論化を超えて現実を作成するためには、トップダウンからの結束が必要です。お客様のデジタル導入の過程としてハムレット・プロテイン社の例をご覧ください。この例では変革が成功する様子を見ることができ、私たち全員が学べる機会が得られます。

ハムレット・プロテイン社とは?

ハムレット・プロテイン社は、デンマークのホーセンスにある中規模の会社で、動物の飼料に使用する大豆ベースの機能性成分を開発および製造しています。同社の生物変換プロセスは、大豆の抗栄養因子(抗原、トリプシン阻害剤、オリゴ糖、フィチン酸)を若い動物にとって安全なレベルに効果的に減らします。ハムレット・プロテイン社の製品には、現在、子豚、子牛、ペット、家禽、養殖飼料が含まれています。

成功への道を切り拓く

経過を振り返って、ハムレット社は7つの主要なステップを彼らのデジタルトランスフォーメーションにとって最も重要であると特定しました。

#1 経営幹部レベルの利害関係者の間で共有企業ビジョンを作成し、社会化する

2010年、新しいERPシステムを本番環境に統合するための3年間の失敗した努力の後、ハムレット社は、単一のIT組織に管理機能と本番機能を統合することを決定しました。IoTの統合は将来の成長に不可欠であるという彼らの信念に基づいて、同社の使命は長期的な全体像の戦略を策定することでした。

ハムレット社はロックウェル・オートメーションの制御システムに精通しており、その年のAutomation Fair®での会話の後に、コネクテッドエンタープライズと当社の情報ソリューションが、ペーパーレスな運用を含むデジタル化を成功させる鍵を提供できると確信しました。

同社は以前、プロセスをデジタル化するためにERPシステムを更新していましたが、そのアプローチを使用したイベント処理とリアルタイムデータに関して制限がありました。今回、彼らのビジョンは、品質、エネルギー、優れた動き、倉庫、パフォーマンス管理を含む製造プロセス全体の見直しを含みました。この使命を支援するために、管理はすべての部門にわたって調整されました。

#2 運営委員会を設立する

すべての船には船長とサポートクルーが必要です。ハムレット社の場合、CEOCFO、オペレーション担当副社長、プロジェクトマネージャ、ロックウェル・オートメーションのビジネスコンサルタントを始めとする運営委員会を結成しました。

このチームは、社内全体のコミュニケーションとエスカレーションポイントとして、調整、勢い、認識を維持するのに役立ちました。経営幹部による投資は、プロジェクトのビジョンに対する同社の取り組みを証明したものです。

#3 全体的なビジネス目標を理解してサポートするテクノロジープロバイダと提携する

ロックウェル・オートメーションとハムレット社は既存の長期的なパートナであり、ハムレット社のビジョンを形作ったAutomation Fair®での2つの企業間の交流に支えられて、同社はこのプロジェクトで私たちと協力し始めました。当初は、テクノロジを両社のビジョンを実現するためのツールとして機能させ、ニーズと目標を定義することに重点を置いていました。

#4 自社の事業を慎重かつ完全に評価して、強み、ギャップ、および機会の完全な図を作成する

ロックウェル・オートメーションとハムレット社は、評価の形でプロジェクトに構造を追加しました。従来のシステムでは、ハムレット社の入庫操作の半分の手作業で行なっていました。

ハムレット社の従業員は、紙を介してトラックの運転手から配達を受け、それをERPシステムに手作業で入力しました。

これは、手動テストサンプルの使用やオペレータによる品質チェック手順の確立など、品質管理についても同様です。ハムレット社はデータの可視性を欠いており、データソースの多くが切断されていたため、そのデータを使用して計画をたてて行動を起こすことはほとんどできませんでした。

切断されているだけでなく、ハムレット社のデータには文脈がありませんでした。オペレータは、プロセスを推進する方法に関するガイダンスを欠いており、ドキュメントがない場合、主に個人の知識と経験に頼っていました。

このオペレータの知識は個人に依存しており、チーム全体では共有されていませんでした。ハムレット社は、プロセスが時々遅くなる理由と、さまざまなオペレータの活動の影響を理解していませんでした。それらには、生産が依存している複数のデータソース(濃度係数、体積出力、タンパク質、水分など)を比較および統合する機能がありませんでした。

最後に、倉庫エリアでは、サイロの使用が最適化されていませんでした。オペレータはガイダンスなしでストレージを管理し、倉庫自体は手書きのメモで構成されていました。スケジュール設定は手作業で行なわれ、顧客関係と製造担当者に頻繁に課題を提起しました。

#5 価値ワークショップを実施し、バイインを確保し、ステップ4で作成した状況に対する潜在的な利益を評価する

ハムレット社は評価を武器に、ワークショップを開催し、技術面とビジネス面の両方から、原材料の受取りから完成品までのプロセスフローを分析しました。

すべての部門の代表者が参加したことで、幅広い賛同が得られただけでなく、チームが個々のプロセスの相互関係を明確に理解できるようになりました。

ワークショップの結果として、チームは、バラバラなプロセスをつなぐデジタル化された製造プロセスに対するビジョンを強化しました。

中心的な質問の1つは、ERPおよび製造オペレーション管理(MOM)が新しいシステム内で果たすべき適切な役割に関するものでした。

最終的に、ハムレット社は、MOMERPから独立させることを選択しました。これにより、製造スペースでプロセスのデジタル制御と安定性を最大化できます。

#6 包括的な計画とスケジュールを開発して社会化する

タイミングは変わる可能性がありますが、優先順位と責任は明確であり、全員が合意する必要があります。

ハムレット社は、明確なプロジェクトのマイルストーンと価格を確立するための機能要件仕様を開発しました。また、調整とリーダシップの単一のポイントとして、プロジェクトマネージャをプロジェクトに専念しました。振り返ってみると、ハムレット社はこの割当てを重要な要素と見なしています。

#7 変更管理と企業間コミュニケーションのための基盤を確立する

プロジェクトの進行における定期的なコミュニケーションの重要性を過小評価しないでください。ハムレット社の目標は、計画、進捗状況、および活動を社内チームに伝えることで、ロックウェル・オートメーションの助けを借りてMyHPを作成することで達成されました。

この変更管理システムは、コアビジネスプロセスを文書化し、さまざまなプロジェクトに従業員を指定するように設計されています。MyHPを設立することで、組織全体を見て、各従業員の責任を特定するのが簡単になりました。MyHPはまた、ハムレット社の会社全体の目標を達成するために、さまざまな部門間のコミュニケーションの道を開きました。

投資家との継続的なコミュニケーションの重要性は、ハムレット社の経験からのもう1つのポイントです。投資家はプロジェクトの勢いを維持する準備ができていて喜んでいるだけではありません。社内でのコラボレーションを強化しながら、ビジネスプロセスを容易にする方法を理解する必要があります。

ハムレット社は、競合他社よりも優位に立つための鍵は、社内で発生する変化とそれらが日常のビジネスにどのように影響するかを関係者と通信することにあると考えました。

ハムレット社は、彼らの事業においてコミュニケーションの道を開くことに向けた正しい一歩を踏み出し、コネクテッドエンタープライズと成功するデジタルトランスフォーメーションに向けて効果的に準備を整えました。

Automation Fairは、Rockwell Automation Inc.の商標です。


Uwe Kueppers
Uwe Kueppers
Information Solutions Sales Executive, Rockwell Automation
Uwe Kueppers
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You