Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

実施可能なワークフローが品質管理の鍵となる6つの理由

製造品質に関しては、適合性が重要です。

業界のベストプラクティスに基づいて構築されたワークフローとビジネスプロセスは、プロセスのすべてのステップで製造品質の基礎を提供する必要があります。

これらのベストプラクティスは、エラーのない製造プロセスであり、各ステップが完全に完全に追跡可能なデータで正しく実行されるようにします。

効果的な品質管理に実施可能なワークフローが不可欠なのはなぜでしょうか? 主な理由は次の6つです。

  • 問題やミスの発生を防ぐのに役立ちます。彼らが言うように、1オンスの予防は1ポンドの治療の価値があります。
  • 製造メーカは、各ステップを実行する前に、承認されたプロセス、材料、装置、ツール、およびオペレータのみの使用を自動的に実施することができます。
  • 各製造プロセスを通じてオペレータをガイドし、テストを通じて、製品が仕様通りに構築されていることを確認します。
  • タイムスタンプと電子署名を完備したプロセス、材料、装置、ツール、オペレータ、テスト結果の詳細を示す記録を自動的に作成します。これにより、規制遵守の実証が容易になります。
  • 品質チェックを実行し、是正措置計画と品質レポートを自動的に開始します。逸脱した場合は、適切な担当者に警告し、追加の品質チェック、是正処置、および品質レポートを開始します。是正措置計画には、低品質の製品のリリースを防ぐための障害のない転送システムや、顧客の手ではなく施設に非準拠製品を保管する保持および検疫機能が含まれる場合があります。品質レポートにより、すべての利害関係者にリアルタイムの品質指標とトレンドに関する情報が提供されます。
  • 組織の情報サイロを分解して、人々とシステムを統合します。これらは、ベストプラクティスのコラボレーション、標準化、および実施の強化を可能にし、促進します。これにより、生産性を向上させ、企業を競合他社から区別することができます。

ペーパーレス操作やコンプライアンスなどの品質管理については、当社の電子ブック「つながる品質管理」をご覧ください。


Kelly Macaulay
Kelly Macaulay
Marketing Manager, Information Solutions, Rockwell Automation
Kelly Macaulay
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You